はじめに・ご挨拶

ご覧いただきありがとうございます。

ウォーターネットは平成18年、ウォーターサーバー・宅配水業界に参入致しました。

創業11年目の平成29年、声かけの力で「熱中症予防」「備蓄」「健康」「安心・安全」の4つの社会問題解決に取り組む「クローバープロジェクト」の推進をスタート。お客様にボトルドウォーターをお届けする際の啓蒙活動に取り組んでおります。

熱中症予防では、環境省×熱中症予防声かけプロジェクトが主催する「ひと涼みアワード」で2017年から3年連続最優秀賞を受賞。今年も積極的な啓蒙活動に取り組んでいます。備蓄では、災害時の在宅避難に備え「ローリングストック」を啓蒙。また、広く防災・減災と捉え、 全国30以上の自治体や企業、団体と災害発生時の飲料水供給等の協定を締結しています。健康では、厚生労働省が進める「健康寿命をのばしましょう」をスローガンにした国民運動の「スマート・ライフ・プロジェクト」に参加。同じく厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進運動に賛同し、こまめな水分補給を啓蒙しています。安心・安全では、商品の品質管理の強化はもちろん、特に今年は感染症対策として、当社の工場でも使用している次亜塩素酸水を自治体や施設に提供させていただきました。

このプロジェクトを立ち上げた背景

7月4日未明から午前にかけての集中豪雨により甚大な被害が出た熊本県南地域。災害発生から2ヶ月が経過しましたが、8月25日現在、被害の大きかった人吉市では今なお536人の方が避難所で生活をされています。人吉市には弊社加盟店の株式会社オカモト様があり、日頃はご契約いただいている会員様ご指定の場所にボトルドウォーターをお届けしています。オカモト様を通じて「避難所で生活する方々の夏場の熱中症対策」として人吉市役所ご協力の元、避難所にウォーターサーバーを設置して、いつでも冷たいお水が給水できるように提供させていただきました。

「9月の気温は全国的に平年より高いと予想され厳しい残暑となる見込み。引き続き熱中症に十分な注意が必要」との気象庁から発表を受け、9月も継続したボトルドウォーターの提供により熱中症リスクを軽減する必要があると判断。
また、人吉市に隣接する球磨村からも避難所へのウォーターサーバーの設置とボトルドウォーター提供の要望がありました。

「人吉市、球磨村で避難所生活をする方々から熱中症患者を出さない」を合言葉に、弊社、オカモト様、人吉市、球磨村が協力して取り組んでおります。
皆様のご賛同とお力添えをいただきたく、本プロジェクトを立ち上げました。

これまでの活動

クローバープロジェクト立ち上げ前の平成23年1月の新燃岳の噴火、同3月の東日本大震災、平成28年4月の熊本地震でウォーターサーバーとボトルドウォーターを避難所に提供。クローバープロジェクト立ち上げ後も平成30年7月の西日本豪雨、令和元年房総台風で避難生活を余儀なくされた方々に対して、ウォーターサーバーとボトルドウォーターを提供してまいりました。
この度の熊本県南豪雨災害では、熊本県人吉市にある避難所にウォーターサーバーを設置。8月はボトルドウォーター50本(600ℓ)を提供しています。球磨村の避難所にも先日、ウォーターサーバーを設置してボトルドウォーターを提供させていただきました。


資金の使い道・実施スケジュール

①被災地避難所へのウォーターサーバーとボトルドウォーターの提供
②近隣の工場から被災地避難所へボトルドウォーターをお届けするための運送料
③クラウドファンディングにかかる手数料

リターンのご紹介

1,000円 キャンプファイヤーにご登録いただいているメールアドレスにお礼のメッセージをお送りいたします。

2,500円 災害用トイレセット「マイレットmini-10」
コンパクトな箱に10回分のマイレットを詰めました。マイレットは水を使わずに、既存のトイレ等で安心・安全にトイレ処理ができます。既存の便座に排便袋をかけ、排泄後に抗菌性凝固剤を振り掛けて固めれば、後は可燃ごみとして簡単に処分ができます。

5,000円 5年保存非常食「マジックライス デイリー12食セット」
災害時こそ美味しい食事を。人気の非常食、マジックライス9種&マジックパスタ3種をまとめた箱入りのセットです。ご飯シリーズは、お湯(または水)の量を多めに調整することで、お粥や雑炊・リゾットとしてもお楽しみ頂けます。

最後に

このたびの令和2年7月豪雨でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致しますとともに、被災されました皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

総務省消防庁の発表によると、全国で2020年6月1日から8月30日までの13週間で熱中症によって緊急搬送された方が56,063名。その内、初診時において死亡が確認された方が103名、3週間以上の入院加療が必要とされる重症者が1,586名いらっしゃいました。
8月24日から8月30日までの1週間でも7,749名の方が救急搬送されていますが、これは前年同時期(1,424人)の5倍以上となっています。

我々は「熱中症」を今回の豪雨災害と同じく『自然災害』ととらえていますが、防ぐ事の出来る災害と認識して啓蒙活度に努めています。
改めて、「人吉市、球磨村で避難所生活をする方々から熱中症患者を出さない」の合言葉に 、皆様のご賛同、お力添えを賜ります様、よろしくお願い致します。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/09/30 12:30

    ご覧いただきありがとうございます。初めてのクラウドファンディングもいよいよ最終日を迎えました。これまでにご支援いただいた皆様、大変ありがとうございます。秋分の日を境に、朝夕は過ごしやすい、逆にちょっと肌寒い日を迎えております。熊本県人吉市と球磨村の避難所に、熱中症予防対策でご支援させていただい...

  • 2020/09/25 21:00

    ご覧いただきありがとうございます。9月20日にフジテレビ系列で放送された「日曜THEリアル!・池上彰スペシャル 」において、9月23日現在、232名が避難されている人吉スポーツパレスの映像が流れました。テーマは「新型コロナ×複合災害 避難所クラスターを防ぐ最前線」。密集する避難所において感染者...

  • 2020/09/18 15:00

    昨日の人吉市の最高気温は28.3℃と、ずいぶんと落ち着いてはきましたが、湿度が高く不快指数80%と、まだまだ熱中症に警戒しなければならない日が続いております。さて、今週もボトルドウォーター13本(156ℓ)を避難所にお届けして参りました。熱中症対策として冷たいお水を提供するという事で開始したプ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください