はじめに・ご挨拶

このプロジェクトをご覧くださりありがとうございます。

心臓近くに腫瘍が出来、治療や手術が必要なCandyを助ける為のプロジェクトです。
1度目のプロジェクトでご支援とご協力、そして応援メッセージをくださった皆様、本当にありがとうございました❤
1度目のプロジェクトで大学病院で検査を受けれるだけのご支援を頂きました。


1度目のプロジェクトはこちらになります。

https://camp-fire.jp/projects/view/287985  ← 1度目のプロジェクト

 

1度目は残念ながら目標額には達成いたしませんでしたが、いろいろな方からご支援及び応援メッセージを頂き本当にありがとうございました❤

1度目のチャレンジでご支援いただいた資金は手数料(合計17%)引いた額は174,389円 になり、これらは大学病院での検査費用で使わさせていただきます。
ただ治療費及び手術費には残念ながら及ばず、応援してくださった方々から、再チャレンジをしてみないか?とメッセージ等を頂き、Candyの治療の為に再チャレンジすることを決心いたしました。

前回より目標金額が上がったのは、担当のお医者様からCandyの治療のために50~100万は掛かるだろう(もっといく可能性もあり)と聞いたため、目標金額を上げさせていただきました。
今回のチャレンジは集まった資金額に関係なく、Candyの治療及び手術費に使わさせていただきます。
(腫瘍がかなり大きくなっている為、掛かりつけ獣医先生曰く、手術が出来ない可能性もあるのですが、その場合は全ての支援金を治療費にあてたいと思います。)


現在、9月28日に大学病院での検査の予約をしております。
(偶然にもCandyの13才の誕生日に検査になりました!)
この時に今後の治療方法を決めることになり、検査をうけましたら、またこちらの活動報告にてご報告させていただきます。


どうかご支援よろしくお願いいたします。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


昨年末に欧州からCandyと共に日本に帰国したCandyMamanです。


Candyは12才の高齢ですが、今回の腫瘍が出来るまでは病気知らずのとても元気なワンちゃんでした。
もっともっと長生きしてもらいたいのに、新コロナのせいで生活するだけで精一杯になってしまい、治療費用や手術費用の工面が出来ないことが悔しくてたまらないです。

昨年末とこの7月に掛かりつけの獣医さんの所で血液検査とレントゲン検査を受けています。
元々元気な子だったので、血液検査はほとんど問題なかったのですが、レントゲン検査の結果がかなり悪くなっております。。。


腫瘍が、7か月前に比べて2倍以上大きくなっていました。(泣)
以前は水を飲んだ後とかに吐いたりするだけだったのですが、最近では暑くない室内でゆっくりしている状態でも、「ハーハー」とパンティングをずっとしていたりすることが多くなってきました。
これはまだ1度だけなのですが、気管から「ヒューヒュー」言っている音が聞こえました。
腫瘍が気管を押し上げて、息苦しくなっている状態なのだと思われます。。。


このプロジェクトで実現したいこと

1度目のプロジェクトで大学病院での検査費用はご支援いただけました。(CT検査等するために、全身麻酔をすることになるであろうとのことです。本当にありがとうございました。)
ただその後の治療、もしくは手術をやるとなると50万円~100万円ほどは確実にかかると思うと主治医の先生に言われました。

苦しそうなCandyを何とかして救ってあげたいのです。
この腫瘍さえ取り除けたら、きっとまた元気になれると思います。


プロジェクトをやろうと思った理由 & これまでの活動

昨年、たまにCandyが水を飲んだ後吐くことが稀にあり、年も年だから、急いで飲んでむせたりしているのかなと思っていました。
しかし段々水を吐く回数が少しずつ増えてきたのをみて、日本でも健康診断受けようと思い昨年末に動物病院で診てもらったところ、検査時で5cm程の腫瘍が体の中心(心臓近く)にあり、その腫瘍が食道を押し上げているため、飲んだ水を吐き出してしまったりしているんだろうとの事でした。

エコーを撮ったところ、体の中心に腫瘍の影があるのが見えると言われました。
色々調べるためには、半日預かって調べないととの事で、別の日に再検査をすることになりました。


バリウム飲んで検査してもらったところ、矢印の部分に腫瘍があり(白い部分は食道)、それが食道を押し上げているため、飲んだ水を吐いたりするとのことでした。(この時点で5センチほどの大きさの腫瘍でした。)


↑腫瘍の場所が体の奥のにある為、CT検査できる大学病院で検査してから手術するかどうか決めたほうがいいと言われました。


手術するとしても場所的にかなり難しいものになると思うので、年齢を考えて手術するかどうかよく考えたほうがいいと。。。
ただ、今後腫瘍がさらに大きくなるかもで、その場合、固形のものは食べられなくなり流動食になるかもしれないとも言われました。(昨年末の話です)

↑こちらは、その時の健康診断の結果です。(昨年末)

これを見てもらってもわかるように、検査当初は、異常はほとんどなくまだまだ元気だったので、無理に手術するよりはそのままの方がいいかな?と思っていたのですが、この春ぐらいからは嘔吐するだけでなく、しょっちゅう咳き込み、お散歩行っても苦しそうに歩いたりもしはじめました。
元々、若い犬と思われるほど元気な犬で、ほんの数か月前までお散歩行くとはしゃぎまくっていたのに、今では歩くのも時々苦しそうな感じだったり、お散歩の最中に嘔吐しているのを見ると、なんとかして治してあげたく思った次第です。


*Candyに治療受けさせたいと思った訳*


昨年末までは水を飲んだ後、たまに吐く程度だったのですが、徐々に吐く回数も増え(水を飲んでいなくても)、今では毎日吐く発作が出ています。


どのような発作かご理解いただく為に、この時だけ動画に撮りました。
汚い音や汚い動画が写っているため、お食事中の方やそういうのを見たくない方は見ないほうがいいかと思います。
汚い点をご理解いただける方のみのご視聴お願いいたします。

毎回苦しそうなCandyが可哀そうで、なんとかして治療を受けさせたいと思ったのですが、新コロナのせいで収入が激減してしまい、生活するだけで精いっぱいになってしまいました。。
それでも何とかCandyに治療を受けさせたいといろいろ考えていたところ、クラウドファンディングの事を思い出し、1回目のプロジェクトを立ち上げた次第でした。


しかし大学病院で検査するには、前の検査(年末の検査)から半年も経っていたため、再度血液検査とレントゲン検査をしてみたところ、とてもショックな結果が出ました。。。(2020年7月)

これだけだとよくわからないと思うので、昨年末に撮ったレントゲン写真と並べてみました。

腫瘍の大きさが2倍以上になっていたのです(泣)

これだけ腫瘍が大きくなっているのを見て、先生の診断は
「手術で腫瘍を取り除けるかと以前は思っていたが、これは難しいかもしれないです。やれるとするならば、放射線治療をするか、薬を飲んで小さくするかという治療になるかもしれません。」
との事でした。(どういう治療になるかは大学病院での検査次第だそうですが)

いくら位かかるのか聞いたところ、
「大学病院でのCT検査は全身麻酔になるので、大体10万円ほどするかと思われます。
それ以降の治療はまたそちらでの検査結果次第ですが、もし放射線治療となると、どれぐらいやるかにもよるけれど、50万~100万位はするかと思います。
薬を飲んで腫瘍を小さくすることもできますが、これはかなり高額で、1回(粒?)数千円でそれを毎日飲み、様子を見ることになります。」
とのお話でした。

この話を聞いた時、目の前が真っ暗になってしまったのですが、やはりなんとかしてCandyを治してあげたく思い、1回目にご支援くださった方々が色々アドバイスをくださり、再チャレンジをしようと思った次第です。


*現在の状況*

現在、大学病院の予約が9月28日に取れていますが、だいぶ先なので、他の大学病院でもっと早めの検査できないかどうか主治医の先生が探してくださっているところです。

資金の使い道

ご支援金は全てCandyの治療、手術、検査費に充てさせていただきます。
主治医の先生から50~100万はかかるであろうというお話のみで、実際はどれくらいかかるか今はまだ不明です。(大学病院で検査受けた後はっきりしたことがわかると思います。)

参考までにですが、
昨年末とこの間の7月に受けた時にかかった診療明細書を下記に貼りました。


↑こちらは昨年末の2度目の治療費です。(1度目の領収書は紛失してしまったのですが、合わせて5万円ほど掛かりました。)


↑こちらは7月の血液検査と予防注射代です。(健康診断キャンペーンの中に血液検査代入っています)

↑こちらは2度目のレントゲン検査と予防注射代です。


【8月30日の出来事】

8月30日、Candyはお散歩中に倒れてしまいました。(午前6時半頃)
足元がふらついたな、、と思ったら変な呼吸をして嘔吐をし、そのまま道に倒れこんでしまいました。
胆汁を吐いていて呼吸困難になっていたので、まずは口の中を綺麗にしてあげて涼しい所で休ませたところ少し持ち直しました。


その後掛かりつけの病院に連れて行ったところ、
「熱中症になったのだと思われます。」
との事でした。

ここ毎日猛暑の為、お散歩は毎日朝の5時半頃連れて行くようにしていたのですが、昨日は5時半でも6時半でも同じ気温というのを確認していたので、少しゆっくり起きてからお散歩に連れて行ったのですが、まさかの熱中症にかかってしまいました(泣)

お医者様いわく、
腫瘍が心臓を圧迫していて左の肺を押しつぶしている為(右肺のみの呼吸)、通常の半分の呼吸しか出来ていず、少し歩くだけでもすぐに苦しくなる状態です。」
とのことでした。
お医者様には、胃薬と水分と栄養の皮下注射をしてもらいました。
(その日1日食事もお水もあげないようにとの指示でした)

31日午前8時のCandyの状態は、自分の足で動く事はできますが食事も水もまだ欲しがず、ほとんどずっと横たわっている状態です。


9月1日午前6時でのCandyの状態ですが、昨日よりは多少良くなり、ほんの少しですが自分のお皿で食事を出来るようになりました。(31日はほとんど何も食べられない状態でした。)
まだまだ元の体調には戻っていませんが、少しずつよくなっております。



リターンについて

支援金に応じて、お礼のメール、お礼の直筆手紙、Candyの写真画像、Candyの回復状況報告、ハンドメイドのアクリルたわし等を送らせていただきたく思います。


実施スケジュール

9月28日に大学病院の予約が取れています。
この時に全身麻酔をしてCT等様々な検査をし、今後の治療方法を決める予定です。
この日は半日がかりでの検査になるとのお話です。


最後に

最後までお読みくださり本当にありがとうございます。
Candyは12才11か月のラブラドール♀で年齢的にはおばあちゃんですが、1年前までとても元気でした。


奇しくも、大学病院の予約が取れている9月28日はCandyの13才の誕生日になります。
この腫瘍さえ取り除けたら、きっとまた以前のように元気になり、まだまだ長生きできると思います。
どうか皆様のお力をお借りして、Candyに治療を受けれるようにしていただけないでしょうか。

ほんの少しでもいいのでご支援いただけると本当に助かります。
どうかよろしくお願いいたします。




本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/10/28 17:46

    【10月20日~22日】現在毎水曜日大学病院に通っているのですが、先週の10月21日-22日に泊りがけで行かなければいけない所があった為、そこに連れて行くのは難しいとの事で2泊3日でCandyを大学病院で預かってもらいそのまま検査もしました。何か問題があったら電話くれる話になっていましたが、問...

  • 2020/10/19 22:06

    ご支援くださった皆様、報告が遅くなり失礼いたしました。先日14日に第3回目の通院に行ってきました。今回、レントゲン写真をもらい忘れたのですが、嬉しい事に抗がん剤が効いているようです❤前回肺周辺のレントゲン写真はほとんど真っ白で他の臓器がほとんど見えませんでしたが、今回心臓がうっすら見えるように...

  • 2020/10/08 18:45

    10月5日に2度目の病院検査及び病理検査の結果を聞きに行きました。こちらがレントゲン写真になります。【腫瘍が見えるレントゲン】分かりにくいかもですが、フワフワ見える薄い白い影が腫瘍とのお話でした。【肺のレントゲン】上の写真の左側(黄色い四角で囲っているところ)の肺で機能しているところで、右の肺...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください