はじめに・ご挨拶

広島県と島根県の県境、国道261号線沿いにある「からしろ館」 と申します。島根県まであと2キロという所に位置し国道沿いという場所で地域の集会所と言う名目で「からしろ館」 は平成18年に発足いたしました。平成の大合併という市町村合併の時この地区にあった3つの行政区が1つになって作った「からしろ館」 です。3地区一緒になっても60件にも満たない小さな集落ですが皆さん頑張って「からしろ館」 を盛り上げていっています。どうぞよろしくお願いいたします 。


このプロジェクトで実現したいこと

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、「からしろ館」 の産直、お茶屋は4月29日より5月10日までの間、休業せざるをえませんでした。いままで「からしろ館」 はお正月の三が日以外は休業したことがなく初めての長期休業でした、これから先はコロナの時代といわれています。これまでのように気楽に足を運んでくださったりすることは、ままならなくなる可能性もあります。「からしろ館」 にとってはとても寂しいことと思います。なのでもっと気軽に立ち寄れる「からしろ館」を目指したいと思います。



私たちの地域のご紹介

広島県と島根県の県境にある田んぼと畑ばかりの地域です。朝夕の寒暖の差が大きく美味しい水に恵まれ美味しいお米のとれる地域です。「からしろ館」  は地域の人たちだけで運営管理しています。館の清掃などは当番制、産直や茶屋のレジ係りも当番制、総勢60人で半日づつ交代で行っています。みんな仲良しの地域です。


プロジェクトを立ち上げた背景

コロナの影響で今までやっていたイベント、地域の行事などが全部中止になってしまいました。集客の面ですごくマイナスになってしまい売上の方もぐっと下がってしまいました。これから新米、ワインの製造の季節、皆で頑張りたいです。


これまでの活動

月に1回のからしろ月一イベント、お盆の盆踊り大会。薬師のお祭り、鳴滝花田植えの餅つき、宮島奉納のしめ縄作り、ワイン用ブドウの収穫イベント、ワインの試飲会など。

資金の使い道・実施スケジュール

「からしろ館」 産物販売部・お茶屋施設のリニューアル、設備の買い替えなどに充てたい。


リターンのご紹介

「からしろ館」 で販売しているワインは、「からしろ館」 の敷地内にあるワイナリーで製造しています。地域の使われていない田んぼを利用し栽培した葡萄を原材料として作った赤ワイン「山紫野・やましの」旧芸北、奥中原で栽培した林檎を使用した「芸北林檎ワイン・げいほくりんごわいん」同じくりんごを原料としたスパークリングワイン「山紅花・やまべにか」大朝の美味しいコシヒカリ、地区の庭に咲いたバラやラベンダー、ユーカリなどて作った「ポプリ」などです。


最後に

3地区子供大人合わせても120人前後の地域ですが皆さん協力して頑張っています。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/11/03 14:32

    11月1日日曜日鳴滝地区のレジ当番でした。ポプリ作りを手伝って頂きました。カラフルなオーガンジーの巾着袋に詰めてもらい約200個のホプリが出来ました。後はリボンをつけて袋に入れて完成です。鳴滝地区の当番さん有難うございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください