こんにちは、かわにし音灯り実行委員会と申します。兵庫県川西市で2011年にスタートした「かわにし音灯り」。今年は11/7(土)に開催を予定しています。コロナ禍でイベントや花火大会が中止になる中、地元の運営メンバーで「なんとか地元の楽しみを1つでも増やしたい」という想いから継続して開催することになりました。ご支援のほど、よろしくお願いいたします!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
かわにし音灯り2020
▶︎日時:2020年11月7日(土)13:00 - 20:00
▶︎場所:キセラ川西せせらぎ公園(人数制限を行いリモート開催)
▶︎web:https://otoakari.com
▶︎sns:https://www.facebook.com/otoakari
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////


わたしたちは、兵庫県川西市で2011年から開催しているフェス「かわにし音灯り」を運営するために川西市在住の市民や川西市に縁のある方で結成した委員会です。2011年~2019年まで「街はカーニバル!!プロジェクト」という市民団体が、かわにし音灯りを運営しておりましたが、 2020年に前代表の意向を引き継ぎ若い世代が運営の中心となり「街はカーニバル!!プロジェクト」から派生した「かわにし音灯り実行委員会」が設立されました。


川西市には「川西市を盛り上げよう」「人と人の繋がりを深めよう」という想いをもった市民で結成された「街はカーニバル!!プロジェクト」という団体があります。
代表の荻田、そして 東、米田を中心に想いに賛同したプロジェクトメンバーは100名を超え、川西市を盛り上げるためのイベントを定期的に開催してい ます 。その中の1つとして「かわにし音灯り」は 2011 年に初めて開催されました。


市民自らが中心となり、企画・運営し、作り上げるまつりです。
主催者・ボランティアスタッフ・出演(店)者・来場者すべてが、ひとつの時間・空間を作り上げることで、川西の良さ、川西の魅力を再認識し、より川西に愛着を持ち、街への興味を深めてもらうことが目的です。
音と灯りで人がつながる一体感を生み出せればと考えています。


「思い出を彩るフェス」

かわにし音灯りは少しずつゆっくりと「家族、友人、大切な人との思い出を彩る」フェスとして地元の皆さんに育てていただき 、2011年総来場者数1,500 人だったフェスも2019年には8,000人に成長しました。
キセラ川西せせらぎ公園に灯されたキャンドルは、10,000 基、その1つ1つにはこの地域に住む家族や子供たちの書いた絵 (キャンドルシェード) が飾られ、思い出の1ページを刻みます。


「市民自ら作り上げ楽しむ」

1年弱かけてその年のかわにし音灯りをどうするか話し合い動き、みんなで最高の一日を作り上げます。
川西市内の保育園、幼稚園、小学校や福祉施設、地域のさまざまな団体からシェードにイラストを書いてもらい集めます。
今年はコロナの影響で、今までと同じようにシェードを集めることはできませんが、当日参加のワークショップを考えています。


「関わる全ての人が、音灯りスタッフ」

イベント自体は、お昼から始まりますが当日は、朝早くからボランティアスタッフと来場者の方が一緒になり、キャンドルを一つ一つ並べてイベントを作り上げるのも音灯りの魅力です。


「地元で育った音楽」

音楽ステージでは地元に縁のあるアーティストがそれぞれの音楽で楽しい空間へと導きます。地元で育ち、全国的に活動するようになったアーティストもこの日のために地元に帰り演奏してくれます。


「飲食ブースも地元づくし」

飲食ブースももちろん地元の名店が軒を連ねます。市民に愛されている居酒屋の名物メニュー、地元では誰もが知るキッチンカーも出店し、充実したフードエリアがフェスを盛り上げます。ローカルフードとお酒を手に、キャンドルと音楽でゆったりとした時間を楽しめるので、家族で参加という方も多く来てくれます。



現在コロナウイルス感染拡大によるイベント規制は一進一退です。
ここ川西市でも5月19日に「200人以上の規模のイベント禁止」から「5000人規模」まで規制が緩和されましたが、その矢先に感染者増加・・・開催月の11月に規制が厳しくなることも予想されます。それでもわたしたちは「灯りを届ける方法」を探し行きついた答えが「リモート音灯り」です。
実行委員会メンバーと当日スタッフで朝からキャンドルを並べ事前に集めた各家庭のキャンドルシェードを取付け、音楽ステージの演奏を合わせてライブ配信します。幻想的な灯りと音楽で「家族、友人、大切な人との思い出を照らし、繋がりの大切さ」を感じてもらえるような配信をさせていただきます。

予算内訳は、以下の通りです。

謝金:10万円
印刷製本費:5万円
消耗品など雑費:17万円
感染防止対策費:5万円
ライブ配信や設営日などの委託費:63万円
------------------------------------------------
予算合計:100万円

今回のプロジェクトで目標額以上の支援金が集まった場合は、来年開催の「かわにし音灯り2021」の運営費に充てたいと思います。


「灯りは消したらあかん!」

毎年、開催資金や関係各所の手続きなどの問題から「今年は開催できるかな?」と言いながらも何とか9年間続けて開催することが出来ました。
ですが、新型コロナウイルスの感染拡大により今年ほど窮地に立たされている年はありません。
運営会議は全てオンライン・・・実行委員会メンバーもソーシャルディスタンスを守りながら何とか開催に向けて模索していますが、「想いを1つにする」にはその距離は遠く一時は「今年は中止か・・・」と思う時もありました。

 わたしたちは、このフェスを通じて「地元を盛り上げたい」「人と人の繋がりを深めたい」という想いのもと集まったメンバーです。
 街を歩けば挨拶が飛び交うような、子供たちがのびのびと育つような古き良き日本の町、そんな未来を夢見ています。
家族、友人、大切な人との思い出の象徴であるキャンドルの灯りを「消したらあかん」を合言葉に想いを1つにし、開催に向けて走り出します。
みなさまご支援、よろしくお願いいたします!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/11/05 20:51

    大変遅くなってしまい申し訳ありません。この度は多大なるご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございました。9月9日からスタートし、約1ヶ月半の間実施してきたこのプロジェクト。目標としていた100万円を達成し、最終的に1,405,000円のご支援を賜り終了いたしました。ご支援くださった105名の皆...

  • 2020/10/11 17:28

    45日間のプロジェクトもいよいよ終盤です。残り13日、現在63%達成。ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます!そして、ラストスパートかけるために再度拡散していただければ助かります!どうかよろしくお願いします!今年の音灯りは「リモート開催」となりますので、YouTubeチャンネルを立ち...

  • 2020/09/24 17:02

    現在39%達成!たくさんのご支援ありがとうございます!!今週も市内のたくさんの店舗さんからご連絡をいただきチラシを貼らせていただきました♪萩原台にある「やまさわ鍼灸整骨院」さん↓西多田にある焼きドーナツ屋さん「CAFE BOX」さん↓小戸の「ミューズスタイル」さん↓加茂にある「(株)ミツワ オ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください