季節を気にしない着心地のいい服が欲しい。と思ったことはありませんか?今回ご提案するのは・・・


男性 H 168cm, W 60kg, SIZE M

女性 H 158cm, SIZE S

男性、女性でも着て頂けるユニセックスシャツです。

「少し暑い」時は熱を放出して涼しく、「少し寒い」時は熱を閉じ込めて温かく感じさせてくれる特殊な素材、それが「アウトラスト」です。

人が快適と感じる肌温度は31~33度といわれており、アウトラストには外気温に関係なく人の肌温度を快適に保とうとする機能が備わっています。

サーモグラフィーで比較するとこの通り。


着心地を追及していくうえで、まさに理想的な素材が「アウトラスト」なのです。
※アウトラストは米国アウトラストテクノロジーズ社の登録商標です。

普段着はもちろん、家でのお仕事が増えている時期の仕事着としても快適に着ていただけます。
素材・生地感はもちろんのこと、全体的にゆったりとした作りなので、部屋着としてもリラックスでき、そのまま外に出てもプルオーバーならではの独特なシルエットがこじゃれた雰囲気を演出。
一日中着ていられるオールマイティーなシャツに仕上がっています。

また、サッと着ることができるのもプルオーバーの魅力
家で他人には見せられないような姿の時でも一瞬でお仕事モードに早変わり。
オンライン会議でパソコンのカメラに映ると、
フォーマルに着こなせるのもデニムの魅力。 体感温度調節素材「アウトラスト」のおかげで、ストレスなく仕事がはかどります。

首元もゆったり設計

今回のシャツには、デニムの街「福山市」で作られる高品質なデニムを使用しています。
江戸時代から綿の栽培や製織、染色が盛んだった広島県福山市は、実はデニム生産量日本一の街
伝統や技術が脈々と受け継がれる福山市では、最先端のデニム開発が行われています。
Made in 福山の確かな技術で作られたデニムをお楽しみください。



・デニムシャツ 無地
男性 H 177cm, W 70kg, SIZE:M

・デニムシャツ ペイズリー柄
H 177cm, W 70kg, SIZE:M

袖裏から背中側にかけては、ポロシャツやスポーツウェアにも使われている、通気性の良い鹿の子編み素材への切り替えを採用。
体の熱を逃してくれる構造になっていて、通気性抜群です。
細部まで丁寧に縫製されていて職人の技が光ります

こんな感じで、かなりの伸縮性もあるので窮屈さは全く感じず、着ていてもすごく楽です。


切り替え方もオシャレ。
こちらのシャツも首回りは、あえてゆったりめ。
オシャレさと快適さを両立させた優れたシャツです。

独特な存在感を放つペイズリー柄は、プリントではなく、世界でたった一つのものすごい技術「段落ち抜染」 という独自技術が使われています。

一般的に「段落ち抜染」の「抜染(ばっせん)」とは、一度染めた生地から漂白のように色を抜く技術のこと。
「段落ち抜染」は、そこからさらに色の抜け具合を段階的に変えることで濃淡を表現する弊社オリジナル技術であり、世界でたったひとつの技術です。
(※自社調べ)

プリント柄と比べると、ひと味もふた味も違う表情を見せてくれるのが特徴で、一つの色に深みが加わって、より奥行きのある印象を与えます。


・プルオーバーデニムシャツ

・デニムシャツ 無地
・デニムシャツ ペイズリー柄

※ご使用上の注意
・ポリウレタンについて
ポリウレタン糸を使用しています。ポリウレタンは年月の経過とともに劣化し糸の飛び出しや伸縮性が失われることがあります。熱によって縮み易いためアイロンがけは取扱表示に従ってください。

・摩擦による色移りの可能性
インディゴの特性上、色が落ちていきます。強い摩擦や、濡れた状態での摩擦は、色移りする可能性がありますので、お取り扱いにはご注意ください。

・変色・退色の可能性
日の当たる場所に長時間放置しますと、日焼けや変色が起こることがあります。

・色落ちの可能性
雨の日など濡れた場合の着用にはご注意ください。

・洗濯時の注意点
手洗いを推奨しておりますが、洗濯機の場合はネットに入れ弱水流で洗うことをお勧め致します。

※注文後のサイズ変更のご希望があれば、お受けいたします。
ただし、往復の送料を負担いただく形になります。

※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。
その際は、事前にご連絡させていただきます。

※ また、やむを得ない事情により、仕様やデザインが変更になる場合がございます。
その際も、事前にご連絡させていただきます。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願い致します。

今回のシャツも、デニム生産量日本一のデニム産地である広島県福山市の職人が力を合わせることによって生まれた「Made in 福山」の商品です。
縫製は、福山市内にある縫製業「Nuu story」の凄腕職人が縫い上げています。
今、政府からの自粛要請の影響も受け、衣料品の店頭販売が不振に陥り、繊維業界全体が苦境に立たされています。
弊社も、少なからずその煽りを受けて売上が減少している状況であります。

今回はそんな業界全体を勇気付け、コロナに立ち向かうためにプロジェクトを実施しています。

弊社のものづくりは、大正時代から・・・
私たち山陽染工は大正14年、広島県福山市にて創業しました。この地域は、古くは備後絣をはじめとし、今日でもデニムなどといった繊維産業の一大生産地としてしられています。

当時は藍染といえば糸から染め上げる手法が一般的だった中、山陽染工では生地をそのまま機械に通すことで一気に染め上げるという、藍染の機械生産に国内で初めて成功し革命をもたらしました。
その品質と技術力を買われて世界各地へと輸出され、今ではインディゴ染めだけでも1年に40km分にもなる量を染め上げています。

さらに、染色では柄を付けることができないと思われていた大正時代、白を抜き出すことで柄を生みだす「抜染(ばっせん)」という技術の機械生産も日本ではじめて確立させるに至りました。

そして創業から90年あまりの2014年、濃度の違う薬剤を複数使って濃淡を付ける「段落ち抜染」という、世界でただひとつの技術を生み出すことに成功したのです。
山陽染工にしか出せない「段落ち抜染」によるグラデーションは経年変化をより楽しめるため、デニム好きにはぜひ味わっていただきたい生地なのです。
ひと目で山陽染工の抜染だと分かる繊細な段落ち抜染は、日本が誇る技術力であると私たちは考えています。

繊維の一大産地である福山。
しかし、90年代をピークに出荷量は減少しています。
どうしてもアジア圏の価格競争もあり、市場を奪われている現状があるのです。

メイドインジャパンの生地は唯一無二の技術を持ち、素晴らしいものであるということを、ひとりでも多くの方に伝えたい。
福山を、そして繊維業界をもう一度盛り上げるべく、私たちは2018年に「BASSEN WORKS」というブランドを立ち上げました。

「いいものを作りたい。」
「福山の、日本の繊維産業を盛り上げたい。」

私たちは、挑戦し続けます。

リスク&チャレンジ
ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。 その際は、事前にご連絡させていただきます。 またやむを得ない事情により、仕様やデザインが変更になる場合がございます。 その際も、事前にご連絡させていただきます。 ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。



  • 2020/10/30 10:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/10/26 10:00

    おかげ様でプロジェクト募集期間が終了し、達成率が300%越えとなりました!!たくさんの方からの応援をいただきました。本当にありがとうございます!現在生産を急いでおりますが、想定以上のペースでお申し込みをいただいたためスケジュールが若干遅れ気味となっております。できる限り早くお届けできるようスタ...

  • 2020/10/25 13:59

    こんにちは!BASSEN WORKSです!おかげ様で90万円&300%達成!ご支援に加え、心温まるお言葉もありがとうございます。Next Goalの100万円も見えてきました!残り10時間!単品のプルオーバーシャツは、売り切れてしまいましたが、セット割の方でまだご購入が可能です。ノーマルタイプ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください