△株式会社竹延がプロジェクトを実施します。
△若手職人:外国人、女性職人もプロジェクトに参加。
プロジェクトの目的

背景① 荒廃する伝統建築――日本の国指定文化財建造物は、国が保存修理を手掛けています。しかし、指定文化財建造物でない伝統建築も多く、特に氏子や寄付を失った寺社では荒廃が進んでいます。このままでは、日本らしい原風景が徐々に失われかねません。

以下の写真は、妙心寺塔頭の福寿院(修復前)です。歴史あるお寺でありながら、門や本堂の劣化した状態でそのまま放置されています。


背景② 若手職人の育成――建設業では、多くのベテラン職人が引退の時期を迎えています。若手職人の育成と技能伝承が、業界全体で急務です。

2017年度時点で建設業関連職人は全国に331万人。その内、55歳以上の高齢者が34%、29歳以下が11%と担い手不足があきらかです。


荒廃する伝統建築と担い手不足の建築業界という二つの大きな問題を解決するため、私たちは「伝統再生」と「技術伝承」のためのプロジェクトを立ち上げました。

2020・「京都職人育成アカデミー2020」京都妙心寺での「技能伝承&伝統再生」

場所は、京都の名刹妙心寺の塔頭でありながら文化財として規制がかかっていない「福寿院」という寺院です。

  劣化が進んだ福寿院

当社は、福寿院を若手職人の修行の場として、その修復を若手職人への教育指導の場として活用することにしました。

使う材料にはしっくいと同じ機能を持つ塗料と、木の呼吸を妨げずに汚れや劣化を防ぐオスモ社の塗料を使用するなど工夫しました。

作業が終わり、寺院が生まれ変わりました。

プロジェクトの内容

◆古い伝統建築を守るために、技能伝承活動を行います。

将来を担う若手職人は、伝統建築を修復するとともに、当社が培った建築技術、左官や塗装の技能をベテラン職人から手取り足取り学べます。

◆伝統技能に加え、最新の新しい技術や工法・材料を採用することで、伝統を守りつつ低コストで長期間の保存修理が可能な伝統建築の修復方法を研究し構築します。

伝統建築物は高度な建築技術と材料に関する豊富な知識を持つ職人が必要とされますが、文化財の指定を受けていない場合、新しい左官や塗装の技術、工法を用いることができます。

協力会社の紹介

株式会社竹延がメインとしてプロジェクトを実施しますが、鳶工事業専門の「株式会社丸石」から賛同を得て、力を貸していただきます。

株式会社丸石は神戸ポートタワー改修工事の仮設を一手に施工や住吉大社の太鼓橋の足場など町や地域のランドマークに携わる工事を多く手掛されています。



竹延社長のメッセージ

・時間を掛けて、こうした寺院の修復を行うことで、日本の伝統文化を守り、若手職人の育成を図っていきたい。

・伝統と現代の異なる工法の架け橋となり、地域や歴史遺産の活性化をしたい。

・伝統建築の荒廃が進んでいることを多くの人に知ってもらうために、今回のプロジェックトはインターネットを通じたクラウドファンディングを実施します。伝統的な技能伝承と若手職人の取り組みの必要性を訴え、伝統建築の修復への協力を求めていきたい。

株式会社 竹延はどんな会社なのか

大阪にある創業70年の老舗塗装工事会社「竹延」です。

事業内容:外装内装リニューアル工事(大規模改修工事)、一般ペイント塗装工事請負。オフィスビル、ホテル、学校、病院などの建物から姫路城、太陽の塔、京都国立博物館などの著名な建築物の塗装仕事に携わっていました。

会社URL : https://www.takenobe.co.jp/

社長  :竹延 幸雄(たけのべ ゆきお) 

参 考<プロフィール>

株式会社 竹延 代表取締役社長

株式会社 KMユナイテッド 創業者・代表取締役社長

2013年(株)KM ユナイテッドを起業。経済産業省 ダイバーシティ普及アンバサダー、国土交通省委員会委員(見える化キャリアアップ検討会・建設業イメージ戦略運営委員会)、関西学院大学ハッピーキャリアプログラムエグゼクティブパートナーなどを歴任。女性や若手職人の育成や定着が全国的に注目を集めています。

2017年 厚生労働大臣表彰「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」最優秀賞

2018年 厚生労働大臣表彰「グッドキャリア企業アワード2018」大賞

2019年 中小機構主催「Japan Venture Awards 2019」中小企業庁長官賞

2020年4月 日経BP社から「小さな三代目企業の職人軍団 教科書なきイノベーション戦記」を出版

数々の賞を受賞するなど、その活躍は2019年安倍内閣総理大臣が通常国会の施政方針演説で言及するほど高い評価を各方面より受ける。さらに、人財育成の中で新たに見出した課題を社会的課題ととらえ、関連会社で社長を務める㈱KMユナイテッドでHRテック・新建材などの開発の分野にも挑んでいる。

プロジェクトの効果

荒廃した神社仏閣がよみがえることで、参拝者が増加します。お寺が自己資金で管理、修復することができるようになります。

若手職人にとって、このような場で仕事すること自体が伝統的な技能を伝承する大きな学びの場となります。伝統的な高度な技術を身につけた若手職人は、更に付加価値の高い仕事ができるようになります。日本の建築業界の再生にもつながります。

日本の伝統文化と伝統的な技能を守るために是非、ご協力ください。

2021年のプロジェクトの実施場所

前回外部改修した妙心寺の中にある福寿院です。(京都市右京区)

元々、文化財規制がかかっていない福寿院は改修資金が足りず、お寺の維持は大きな課題になっています。更に、現在コロナウィルスの影響で参拝者の人数が大変減っていて、お寺の収入が少なくなっています。それで、弊社が「コロナに負けず、お寺と一体になって再構築を目指す」という決意をしました。

改修内容:本堂内部壁・天井

 本堂の壁と天井の劣化の状態です


資金の使い道・実施スケジュール

実施期間及び金額:    2021年4~5月  200万円 

200万円の目標金額の内訳は材料費、交通費、人件費です。          

リターンのご紹介 

2,000円  感謝状

7,000円  プロジェクト限定の記念カード

10,000円  限定イベントへの参加

15,000円  ご住職のサイン付きの漆喰塗装見本 

30,000円  限定御朱印帳 

70,000円  お寺での座禅体験(座禅・説法) 

応援お願いいたします

・現代の材料・工法を使用して日本の伝統建築を修復する。経験の浅い若手職人にとってかけがえのない学びの機会であり、伝統建築の利用者にとっても明るい未来への一歩となります。

・現代建築の工事経験しかない若手職人が、日本の伝統建築の修復経験をベテラン職人から指導を受けながら積むことができます。伝統建築の修復経験は、彼らが現代建築を施工する際に、色々な面で作業改善・革新につながります。

若手職人の育成と伝統建築の再生を進めるプロジェクトです。お力をお貸しください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください