【Perianth ぺリアンス】は紙フィルターが要らないチタンコーティングのおしゃれなコーヒードリッパー。初心者でも扱いが簡単で、本格的なコーヒーを手軽に楽しめます。

コーヒーの油分をしっかり通すチタンコーティング仕様のフィルターで、豆本来の甘さや味わいをご堪能ください。


最近はコーヒーが好きな人、増えていますよね。でも普段は、インスタントや缶コーヒーで済ませているという人もいらっしゃるはず。

本格的なドリップコーヒーを淹れるのは、ちょっと「ハードルが高いかも…」と思っていいませんか?

でも、本当に美味しいコーヒーを味わいたいならドリップがおすすめ。

…とはいえ、紙フィルターで濾すのは面倒だし、積り積もったら費用もバカになりません。そこでぜひお使いいただきたいのが、【Perianth ぺリアンス】なのです。

「花」を意味する【Perianth】と名付けられたこのコーヒードリッパーは、花のつぼみをイメージしてデザインされています。

コーヒーカップにセットすれば、まるで開花を待つ花のようなエレガントな雰囲気に。ドリップポットで湯を注ぐ際も優雅な気持ちになれるので、淹れたコーヒーがいっそう美味しく感じられるかも。

お友だちとのコーヒーブレイクはもちろん、おしゃれなカフェの什器として導入すれば場が明るい印象に。使わないときは、キッチンのおしゃれなインテリアとしても楽しめます。



【Perianth】のフィルターは、非常に細かな目で構成されています。そのため紙フィルターを使わずとも、コーヒーの粉がカップに落ちることはありません。

実は紙フィルターを使うと、コーヒーのコクを左右する油分やジテルペンという有用成分が吸い取られてしまい、豆から淹れる醍醐味が薄れてしまいます。

【Perianth】なら、それを防ぐことが可能に。紙フィルターによって生じるゴミも減らせて、費用も削減できます。

コーヒー本来の味が楽しめ、お財布や環境にも優しい、お得なコーヒーアイテムです。



【Perianth】のフィルターは湯が溜まりにくい円錐型。

熱湯を注いだ時に豆から抽出される成分がそのまま下に落ち、すっきりとして豆の甘みを感じられるコーヒーが淹れられます。

湯が溜まるとコクは増しますが、その分豆から余計な雑味の成分まで抽出されるので苦みも増してしまうことに。紙や布フィルターと違いふやけて歪むこともなく、2度、3度と熱湯を注ぎ足す際、フィルターの壁に付いた粉も簡単に落とせます。

素人では扱いが難しいドリップポットの注ぎ足しも、【Perianth】なら簡単です。


【Perianth】は純銅カラーで、丈夫なステンレス鋼にチタンコーティングを施しています。

チタンは金やプラチナに匹敵する耐腐食性があり、水に金属臭を移しません。そのため水やコーヒーはもちろん、緑茶や紅茶の成分にも反応せず、素材本来の味をダイレクトに抽出できます。


【Perianth】は6本脚の特殊な形状のフレームで構成。

専用のグラスポットに立てて使用でき、ドリップしたコーヒーは必ずカップの中央に滴れ落ちます。

フィルターを「点」で支えるので、ドリップした時に垂れたコーヒーの露でグラスポットの縁を汚しません。

さらに【Perianth】はかわいらしい持ち手付きで手を汚さずにグラスポットから外せ、あなたのお好みのカップに淹れたてのコーヒーを美しく注げます。



バリスタ・石谷 貴之


【プロフィール】

2012年に独立し、TAKA ISHITANIとして活動を開始。バリスタ育成やショップの立ち上げ、イベント内でのコーヒーサーブ、セミナー開催など幅広く活動中。

バリスタとして現場を第一に考え、ディレクションを務めるSATURDAY NYCでは自らも店舗に立つ。競技会などにも積極的に参加し、コーヒーシーンにおいて数々の実績を収める。

【経歴】

・Japan Barista Championship 2017、2019 優勝
・Coffee Fest Latte Art 世界選手権 審査員
・WORLD CLASS 2018 JAPAN FINAL 審査員

【Direction】

・SATURDAY NYC (東京・名古屋・大阪・神戸)
・WACKO MARIA / PARADISE TOKYO (東京)
・K STREET COFFEE BAR (岡山)
・バースブック珈琲 (徳島)
・LOCO MARINO Coffee (沼津)

Q. ステンレスフィルターを使うメリットは?

A. コーヒー本来の味わいを楽しめることでしょうか。ステンレスフィルターは紙を通さないので、しっかりコーヒーの油分を通してくれるんです。なのでコーヒーの甘さだったり、コーヒー本来の味わいを楽しめるものになります。

Q. 適した豆の粒度(※1)は?

A. 豆の粒度が重要です。このドリッパーは紙フィルターに比べて目が粗いので、ザラメより少し細かくひいた豆が適しています。これを使うことにより湯の浸透率を高め、コーヒーの旨味成分をしっかりと抽出できます。

※1 挽いた豆の細かさ

Q. ちょうど良い豆の焙煎(※2)度合いは?

A. 中煎りくらいがおすすめです。また、フルーティーな酸味が出やすいコーヒーが美味しいと思います。油分がフィルターにカットされずに抽出されるので、深煎りだと少し重たい印象になってしまいます。

※2 コーヒーの生豆を炒る加熱作業のこと。

Q. 設計の特長は?

A. 【Perianth】はドリッパーの角度が60度に設計されていて、とてもドリップしやすくなっています。

Q. 日頃のお手入れの方法は?

A. 油分が付着するので、お水よりお湯で、さっと流してください。長く使用すると、フィルターの目に詰まりが出てきてしまうと思うので、その際にはタッパーなどにお湯を張って少しつけ置きしてください。


使用法は、一般的なコーヒードリッパーと同様です。洗浄の際は表面のチタンコーティングを傷つけないよう、研磨剤が入った洗剤やブラシなどのご使用はご遠慮ください。

自宅やオフィスでのコーヒーブレイクに

カフェやレストランの什器に

ドリップコーヒーを手軽に味わいたい方

紙フィルターや布フィルターがもったいないと感じている方

【Perianth】でおしゃれに、コーヒー豆本来の味わいをお楽しみください。


商品名:Perianth
サイズ:幅13.8cm×高さ22cm(ドリッパー+グラス)
重量:274g(ドリッパー132g、グラス142g)
生産国:台湾



プロジェクトスタート:2020年 10月

プロジェクト終了:2020年 11月

リターンお届け:2021年 1月末予定




Meltingは、コーヒーを淹れる楽しさを人々にお届けしたい考えています。初心者の方が自分でコーヒーを淹れ始める際に、特別な体験していただきたいとの思いから、【Perianth】 シリーズを開発しました。

フレームは、あなた好みのあらゆる種類のカップと使用可能。チタンメッキ素材により、簡単に心地よくコーヒーを淹れていただけます。簡単な手順に従って、水温を調整し、コーヒーショップのようにおいしいコーヒーをお楽しみください。


【Perianth】正規代理店

最後までご覧いただき、ありがとうございます。mon luxeの草薙と申します。

弊社は主に海外のスタートアップ企業の製品を輸入販売しています。使う度に幸福感に満たされる商品を発掘・開発し、品質・デザインを厳選して皆様にお届けします。

【使うたびに幸福感で満たされる物】

このプロジェクトは、私が【Perianth】に一目ぼれしたことから始まりました。もともとコーヒーが好きで、自宅では毎日の楽しみ。しかしこんな状況なので、大好きなカフェに行く機会も減り、毎日インスタントやペーパードリップパックでコーヒーを飲んでいました。

しかし、手軽ではあっても種類もが限られていて、少しずつ飽きが…。そこで思い切って初めてドリッパーを購入してみました。それからは、豆を選ぶのが楽しくなり選択肢がグッと広がりました。

豆を挽いてコーヒーを淹れると、お湯を注いで粉がぷくっと膨らむ瞬間に幸せを感じます。挽きたての豆は香りが良く、何よりも美味しい。手間暇かけた分、感動もひとしおです。

こんな感じでコーヒーにどっぷりハマッてしまった私は、自分で新しい商品を見つけて日本で販売したい。そう考えるようになり、海外メーカーのドリッパーを来る日も来る日も探しました。

そして一目ぼれしたのが【Perianth】です。

こんなに美しいドリッパーを見たことがなかったので、ワクワクしながらメーカーさんにコンタクトを取りました。出品まで沢山の挑戦がありましたが、この度皆様にお披露目できることがとても嬉しいです。ご協力くださった方々、ありがとうございました。

一人でも多くの方が美味しいコーヒーで至福の時を楽しめますように。こんな時期ですがご自宅での楽しみが増えることを願っています。





Q. フィルターの特長を教えてください。
A. 濾紙を使用しないメタルフィルターのコーヒーメーカーです。どんなサイズのカップにも金属フィルターを装着して、直接コーヒーを淹れられます。

Q. このフィルターでコーヒーの味はどのように変わりますか?
A. 金属の表面はチタンメッキされており、安全で耐酸性です。コーヒーに金属の味を残すことなく、より多くの油分とコーヒーの香りを保ちます。

Q. ゴールドステンレスの色は長持ちしますか?
A. 通常、ソーダや過酸化水素(還元性のある酸製品や過酸化炭酸ナトリウム)に触れない限り、色落ちしません。

Q. 一度に何杯分のコーヒーを淹れることができますか?
A. おおよそ2カップ分です(参考:1カップ=10gのコーヒー粉:水150ml)

Q. フィルターの掃除方法を教えてください。 また、おすすめのブラシ形状はありますか?
A. 石鹸か中性洗剤をお勧めします。チタン面は剥がれにくく、洗浄に炭酸ナトリウム、ソーダ、過酸化水素を使用する必要はありません(酸性製品と炭酸ナトリウム‐過酸化水素化物の削減)。上記の物質を含むクリーナーは、チタンフィルムコーティングを傷つける恐れがあります。元の色であるシルバーグレーは無害で安全ですが、外観はTialnフィルムコーティングのように見栄えが悪くなります。

チタンは親水性に優れており、お手入れがとても簡単です。純水での洗浄をお勧めします。チタン被膜の厚さはステンレスと同じくらいなので、傷がつく可能性があります。しかし、傷がついても有害物質はなく安全です。チタンコーティングは錆びることはありませんが、水垢が付きやすくなります。お手入れ後はすぐに乾拭きしてください。

Q. このフィルターのグラインドはどのようにしたらいいですか?また、何かお勧めのものがあれば教えてください。
A. 濃厚なコーヒー粉を挽くには、フジュローラルグラインダーの目盛り4〜5を参考にしてください。グラニュー糖くらいの大きさです。下の写真は参考例です。

Q. メーカー保証はありますか?
A. リターンの発送日より30日間となります。

リスク&チャレンジ

※並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

※使用感などに関しては、感じ方に個人差が予想される製品でございます。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

※デザイン・カラー・素材などの仕様が一部変更になる可能性がございます。

※モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

※想定を上回る皆様からご支援を頂き、量産体制を更に充実させることができた場合、一般販売価格が予定価格を下回る可能性がございます。

クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後に、本製品を手に取った皆様に喜んでもうえるよう、チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願い致します。

■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名:mon luxe

◯ 事業者の所在地:〒276-0043 千葉県八千代市萱田2238-9-103

◯ 事業者の連絡先:Tel: 080-6584-0326 メール: yuco@mon-luxe.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/AmericanExpress)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください