【OMO-TAI(オモタイ)】は“デバイスや小物を縦置きして収納する”という画期的なアイデアから生まれた三次元収納ツールです。

日常でよく使うアイテムを楽しく自由にカスタマイズ収納。

机周りが散らかりがちなあなたのために、日本の町工場にて誕生しました。


「整理整頓が苦手……」という人は、多いですよね。

仕事を優先するあまり、必要な物をすべて机の上に出しっ放しにして、いつの間にか机がグチャグチャで作業スペースが無くなっていたり……。

【OMO-TAI】は、あらゆるアイテムを縦方向に「置いて」立体的に収納するので、必要な時にすぐに取り出せ、使い終わったらすぐに置けるので仕事効率も大幅アップ。

もちろん机周りはスッキリ!

シンプルな設計で用途に合わせてカスタマイズできるので、使い方はあなた次第で自由自在。

オフィスやテレワークで毎日使う卓上を、【OMO-TAI】で機能的にお使いください。




仕事で使う机の上が何もない状態でスッキリしていると、気持ちいいですよね。

しかし、いざ仕事となると様々な道具が必要で、机の上をきれいに保つためその都度引き出しへ出し入れするのはとても面倒。

頻繁に使う道具はそのうちに出しっ放しなるので、机が自然と散らかります。

これらの道具類は机の上に「平置き」するので占有面積が増え、作業スペースが減少します。

そこで「まとめて“縦置き”すれば圧倒的に作業スペースが増えるのでは?」というアイデアから生まれたのが、この立体収納アイテム【OMO-TAI】です。

実際に道具類を平置きした時と、【OMO-TAI】を使って縦置きした時の作業スペースの差をご覧ください。





【OMO-TAI】で道具類をまとめて「縦置き」することで、机の上がこんなにスッキリ!

キーボードの周りに道具類が無いとタイピングもスムーズで、リズム良く仕事に打ち込めます。

【OMO-TAI】は本体に開いた穴に付属のバーを差し込み、スマホやドリンクなどをバーに立て掛けたりすることで道具類を1か所にまとめて収納できます。

単に道具を置いているだけなので、必要な時にすぐに取り出せ、使い終えれば“置いて”収納でき、作業効率が大幅にアップ。

【OMO-TAI】を使えば机の上が散らかることは、もうありません。




どっしりと重く安定感ある【OMO-TAI】の本体には36個の穴が開いており、付属の3種類の長さのバーを自由に設置してカスタマイズ可能です。

底面にも4つの穴があり、【OMO-TAI】を斜めに立て掛けたり、複数台連結して使えます。

【OMO-TAI】を縦方向に2台連結すれば、スマホ、ハサミやホチキス、メモやペン、電卓など立体的に美しく置ける上、道具類の出し入れも簡単に。

収納スペースが立体的に広がります。


また3台以上を凸型に連結すれば、フィギュアなどの飾るディスプレイ台としても使えるので、あなたのコレクションがより見映することは間違いありません。

他にもリビングのリモコンラック、モバイルバッテリー、財布やパスケース、すぐ手に取りたい参考書など、アイデア次第で使い方はあなたの自由。

使っていて楽しくなること間違いありません。

シングルで使った場合、スマホを立て掛けて置いたり、外した腕時計をひっかけて置いたりでき、よく使う小物をコンパクトに収納。

バーを四方に立てればカップホルダーとして使用可能。

眠気覚ましに飲んでいたコーヒーを、PC操作中に肘で突いてこぼしてしまうなんてドジも無くなります。

またタブレットのスタンドにも使え、平置きしていた時よりモニターが見やすくなります。

PCを使っている机で書類を書きたい時など、邪魔なキーボードも立てて置けるので作業スペースを広く使えます。

絡まりやすいPC周りのケーブル類も、バーに巻いておけば机周りがスッキリします。




プラスチックや樹脂製のラックやケースと違い、【OMO-TAI】はずっしり重い金属製。

ベース部分は縦横12.5cm、厚さ2cmとコンパクトサイズながら、重量は週刊漫画雑誌とほぼ同じレベルの重さ。

ファイルなどを立て掛けても重心が下にあるため、【OMO-TAI】本体が倒れることはまずありません。

さらに【OMO-TAI】の底には滑り止めゴムも付いているので、滑って机から落ちる心配もありません。

ブックエンドとして使えば、プラスチック製のように本やファイルの重さでブックエンドが動いてバラバラに崩れ落ちることも無くなります。





【OMO-TAI】は、本体部分に丈夫で耐久性の高いアルミ合金を使用。


さらに、表面に傷や錆びが付き難くなるアルマイト加工(Apple iPad Proと同じ加工)を艶消しで施しています。

また、付属のバーには艶ありステンレス鋼を使用。

見た目のコントラストが美しく、手にした時の重量感と高級感はまさに現代アート。

もちろん、間違って落としたくらいでは壊れません。

アルミ合金は放熱性が高く、スマホなど急速充電中に発熱する機械類を置いても熱が溜まらず熱暴走を防げます。




【OMO-TAI】は東京下町、足立区が認知する「足立ブランド」の純国産品。

足立区は江戸時代から製造業が盛んで、現在も2,000以上もの中小メーカーが密集する日本屈指の「ものづくり」地帯。

高度経済成長期の日本を支えてきた金属、皮革、プラスチック、紙製品などで高い技術を持つ工場が多く、世界に誇る“Made in JAPAN”品質の逸品を市場に送り届けています。

しかし、近年は大手企業が工場を海外に移転してしまい、これらの工場の需要が激減。

高い技術を持っていながら仕事が少なく、経営が苦しいメーカーが少なくありません。

「足立ブランド」は足立区が地域産業を盛り立てるため、高い技術を有し秀逸な製品を作り出すメーカーに与える認定制度。

信頼性の証です。

【OMO-TAI】も、「足立ブランド」認定を受けたメーカー製。

本体のアルミ合金は金属加工で卓越した旋盤技術を持つ工場で削り出し加工を施し、さらにアルマイト加工は専門業者で行っているのでムラの無い仕上がり。

日本製が持つ高い技術を存分に堪能できます。

【OMO-TAI】を支援していただくことが、これらの町工場の支えとなります。


実際に【OMO-TAI】をご利用頂き、感想をお聞きしました!



付属の長・中・小のステンレスバーを、ベースにある穴に差し込んでご使用ください。

基本的に使い方は自由なので、あなたの道具類やアイデアに合わせてご利用ください。


オフィスやテレワークで机周りが散らかっている方に

テーブル回りを広く使いたい方に

道具類を机の引き出しから出し入れするのが面倒に感じている方
デスクトップのマウスやキーボード類のケーブルが邪魔な方
飲み物をよくこぼしてしまう方に

イカしたタブレットスタンドやPCスタンドが欲しい方
かっこいいガジェットが好きな方
お気に入りアイテムを美しくディスプレイしたい方に

レシピ本や調味料などを収納するキッチングッズに

個性的な文具が欲しい方に


あなたの仕事効率を劇的にアップする【OMO-TAI】で、理想的なデスク環境を実現してください。




サイズ:
タテ125mm、ヨコ125mm、高さ20mm
ステンレス棒(長)150mm
ステンレス棒(中)90mm
ステンレス棒(小)25mm

重量:
アルマイト加工土台 680g
ステンレス棒 約300g

素材:
土台/ アルミ製
棒/ ステンレス製

生産国:日本


■付属品
・ステンレス棒
長×2本
中×4本
小×3本

・滑り止めゴム

・保証書







プロジェクトスタート:2020年 12月18日

プロジェクト終了:2020年 1月30日

リターンお届け:2020年 5月予定(予定より早くお届けできるよう善処致します)




このプロダクトを思いついたきっかけは、コンビニで売られているコーヒーでした。

最近のコンビニのコーヒーは豆から挽いているため、なかなか美味しい。

そのため、私もコーヒーを買ってきてデスクワークをすることが増えました。

……そして痛感したのはコーヒーを「飲み終わった」と油断した瞬間、悪魔に変貌するということだったのです。

デスクワークに集中し、空と思っていたコーヒーカップが机の下に落ち、絨毯を漆黒に染めあげる。私は自社の技術をもって、この悲劇を繰り返さないプロダクトを作れないかと思案したのがOMO-TAIだったのです。

テレワークが広がり、自宅で仕事をする機会が増えた方もいらっしゃることかと思います。

自身の「お気に入り」に囲まれた空間で在宅ワークを行う人も、少なくないでしょう。そんな方が自宅で飲み物をこぼすのは、職場でこぼす以上の悲劇を招くかも知れません。

私のような経験のある方はもちろん、とにかく集中して仕事をしたい方、クリエイティブな職場環境を作りたい方にもOMO-TAIを手にとって頂ければ幸いです。




合同会社LIBERO AGENCY : OMO-TAI正規代理店

初めてOMO-TAIを見せてもらったとき、私は「なにか面白いことに使えそうだな」と思いつつも、「OMO-TAIはどう使うのが正しいのだろうか?」しばらくの間自分の中でこの疑問を解決できずにいました。

しかし、それを変えたのがテレワークに移っていく世の中の流れだったのです。

オフィス製品としてOMO-TAIを使ってみたところ、大変に使い勝手がよく、使いたい人がきっといるだろうと信じてOMO-TAIの製品化と販売へのサポートをさせて頂きました。

それでも自分の中で「この使い勝手の良さを理解してくれる人はいるだろうか」という一抹の不安が常にありました。実際お見せした際に「こんなものに必要性は感じない上に、使い方は不明瞭だし役に立たない」と厳しい意見を頂いたこともあります。

一方で、実際に使っていただいた方々から「面白い!」「おしゃれ!」という意見も頂けて、「クリエイティブな方にはきっとOMO-TAIの良さが分かってもらえる!」と私の中で自信になっていきました。

集中力を高めたい方、クリエイティブな机周りにしたい方にぜひ使っていただきたい。

支援していただく方にとって最も良い使い方を模索していただくことにはなってしまいますが、一度作り上げてしまえばこれほど使い勝手の良いものはなかなかないと確信しています。

確かな丈夫さも兼ね備えていますので、長くお使い頂ければ幸いです。




Q.素材は何でできていますか?
A. 土台はアルミ、棒はステンレスです。

Q. アルマイト加工は棒にもされていますか?
A. アルマイト加工は土台のみとなります。

Q. OMO-TAIは何を載せても絶対に倒れませんか?
A. 高い位置に重量物を置きますと不安定になることがございます。特にOMO-TAIをニ段以上でご使用になる場合はご注意ください。

Q. 人が乗っても大丈夫ですか?
A. 保証対象外です。デスク周りのプロダクト整理ツールとしてご活用ください。

Q. OMO-TAIを足に落としたら痛いですか?
A. はい、「重たい」のでとても痛いです。持ち運びの際にはご注意ください

Q. 保証はありますか?
A. リターン配送完了後一ヶ月以内は初期不良品の交換が可能です。リターン配送の際に同封するサンクスカードをもって保証書とさせていただきます。お問い合わせの際にはご用意ください。
尚、棒が穴にささらないといった製品用途を満たさない初期不良につきましては返品、交換が可能です。お客様により商品やサイズの間違い、イメージ違い等に対しましての返品や交換はできませんので十分にご注意ください。


リスク&チャレンジ

※模倣品が発生する可能性があります。ご了承願います。

 ※使用感などに関しては、感じ方に個人差が予想される製品でございます。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 

※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

 ※デザイン・カラー・素材などの仕様が一部変更になる可能性がございます。 ※モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。 

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。 

※想定を上回る皆様からご支援を頂き、量産体制を更に充実させることができた場合、一般販売価格が予定価格を下回る可能性がございます。 クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 最後に、本製品を手に取った皆様に喜んでもうえるよう、チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願い致します。

■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: 合同会社LIBERO AGENCY

◯ 事業者の所在地:〒300-0810 茨城県土浦市永国台3-17

◯ 事業者の連絡先:Tel: 080-9688-5623 メール: info@libero-agency.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください