こんにちは!茨城県の那珂湊という港町で、毎年芸術祭を開催している団体、「みなとメディアミュージアム」です。この度は数あるプロジェクトの中から、興味を持っていただき、本当にありがとうございます。

MMM(みなとメディアミュージアム)は、アートを通して那珂湊に関わりたい!という思いをもった人たちが集まって開催している芸術祭です。私たちは、「アートを通して、故郷といえるような共同体をめざす」ことを目標の一つに掲げています。そのために、地域住民と一緒アートを作り、伝える。そうすることで、ひとつのまちですごした記憶が、人々を結ぶと信じています。

そうして出来上がったアート作品は、ひたちなか海浜鉄道湊線沿いに展示され、街中が美術館に変身します! 夏の始まりから、そして夏が終わるころまで、アートが街を盛り上げます。駅のガードレールではためくMMMの旗は、もう那珂湊の風物詩になりました。



そんなMMMは、今年で13年目を迎えます。多くの地域の方々、応援してくださる方々、協賛企業のみなさま、参加してくださったアーティストのみなさま、歴代のスタッフのみなさまのおかげで、ここまで歩み続けてきました。

しかしながら、一昨年開催予定であった、MMM2020は、新型コロナウイルスの影響により、2021年夏への延期を決定しました。
https://minato-media-museum.com/mmm2020延期のお知らせ/

この延期による、すこしの停滞のあいだ、私たちは、芸術祭とは違う形でMMMの目標を達成する方法があるのではないかと考えていました。
そこで生まれたアイデアが、クラウドファンディングを実施するというものです。

そんなクラウドファンディングの話をする前に、すこし我々の話をさせてください。


MMMは2009年より開催しており、これまで多くの方々にご来場いただきました。また、テレビ東京、NHK水戸、ケーブルテレビ茨城、IBSラジオ茨城放送、茨城新聞、常陽新聞、交通新聞など、多くのメディアにも取り上げて頂きました。 2012年には、いばらきイメージアップ大賞の奨励賞を受賞。2014年にはひたちなか市誕生二十周年記念式典にて表彰されました。2015年には、いばらきデザインセレクションのソーシャルデザイン部門において選定され、10回目となるMMM2018では、記念大会として過去の大賞作家によるイベントを実施しました。そして、令和初日2019年5月1日に10周年を迎えました。


このクラウドファンディングでは、

この二つを目標に掲げています。

これまで、MMMは芸術祭の実施にかかるお金を協賛金や支援金、募金などによって工面してきました。新型コロナウイルスによってすこし立ち止まった2020年、その協賛金や支援金を見直し、多くの人によって支えられていることをより強く実感しました。

そんな中、「立ち止まり、また動き出すために、新しいプロジェクトをやりたい!」という声がスタッフ内から上がってきました。今はまだ公表できませんが、確実に、少しずつ、新しい活動が始まっています。こうした新たな活動のための資金繰りにご協力いただければ幸甚です。

そして、2020年のアーティスト募集から引き続き、2021年の会期に参加してくださるアーティストは総勢12組(2021年4月時点)となりました。アーティストのみなさまそれぞれに、新型コロナウイルス感染拡大の状況に対して思うことがあるのではないでしょうか。アーティストとして、生活者として、「わたし」として…。それでも、一緒にMMM2020→2021を作り上げていく。そんな思いで、クラウドファンディング活動に同意してくださった、ほんとうに素敵なアーティストの方々と、その作品をご紹介させていただきます!

なお、MMM2020→2021出展アーティストは他にもたくさんいらっしゃいます! 引き続き、お楽しみにしていただければ幸いです。

今回のクラウドファンディングに協力してくださった、MMM2020→2021参加アーティストをご紹介させていただきます!それぞれのアーティストには、このクラウドファンディングに際して、ひとことメッセージ・作品の紹介をいただいております。


いただいたお金は、MMMの活動費や、アーティストのみなさまの制作費へと還元いたします。私たちは小さな団体ですが、今後も那珂湊で芸術祭を続けて、様々な人たちをアートで繋げたい!と思っています。皆様からいただいたご支援は、みなとメディアミュージアム、那珂湊、アーティストが一緒になって盛り上げていくための活動資金に充てさせていただきます。


・基本的に、アーティストの作品は一点ものです。転売行為や、その他公序良俗に反する行為は、認めません。また、その性質上、見た目や形などによるクレームや返品などは原則として認めません。

・一部のアーティストの作品は、他の媒体と値段が異なる場合があります。今回のクラウドファンディングは、MMM、那珂湊、アーティストを支援する目的に沿って、支援額を設定させていただいております。予めご了承ください。

・また、作品を手にとっていただいて、アーティストに連絡をしてみたい!お話ししてみたい!なにか依頼をしてみたい!といった場合は、MMMにご連絡くださいませ。

依頼の例:広告のデザインやラベル等商品のデザイン、展示の依頼、コラボの依頼などなど…まずはご相談を!

<MMM連絡先>minato.media.museum@gmail.com


いま、私たちを動かしている原動力は、「記憶」なのではないかと思います。

MMMは今年で13年目になります。これまで、多くの方々が那珂湊に集い、芸術祭を開催してきました。実行委員やアーティスト、それぞれがそれぞれの那珂湊の夏を記憶の中に持っているのではないかと思います。夏だけではなく、秋や冬や…、他の季節ごとに那珂湊での記憶があります。例えば私にとっては、ひたちなか市産業交流フェアの際に泊まった常陸多賀駅のホテル。晩秋の11月、20分ほど歩きながらホテルへ向かい、熱々のコーヒーを飲んだこと。那珂湊のまちなかの中華料理店のチャーハンを分け合ったことなど。

いま、私たちのまわりで/内側で、ゴウゴウと流れる時代は、何かを変えようとしています。みなさんにとっても、厳しい情勢が続き、忙しい毎日がさらに、気の抜けない日々になっているのではないでしょうか。私たちも、会期の延期や活動の変更など、さまざまな変化を余儀なくされています。

それでも、大洗の海の写真や、那珂湊のおさかな市場の写真や、展示の際に手伝ってくれた地域住民の皆さんのことなどを思い出しながら、「2021年度こそは、現地で開催したい!」と思い、活動を続けています。

私たちは大きな組織ではありませんし、たくさんの資金があるわけではありません。言い換えれば、私たちには余白がまだまだ残されています。けれど、その余白をすべて塗りつぶすことだけが、成長ではないと思っています。まだ何か別のかたちに、変化できる可能性を持っている。それは、アートも同じではないでしょうか。解釈の余地を、緩やかさを、残しておける。そんな余白を持っているからこそ、いろんな人が一緒に「考える」ことができるのだと思います。

そんなふうに、まだ白いところがあるからこそ、ほっとできる。四角四面に詰め込まれていないからこそ、ゆっくりできる。そんなチカラを、MMMは持っていると信じています。これからの羽ばたきかた次第で、どんな形にでもなっていけると。

そんなアートの力で、一緒に考え・動き・笑い合えたら、幸いです。支援してくださっているみなさまには、この場をお借りして感謝申し上げます。また、新しく支援してくださる方々には、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

(実行委員一同)(文責:小川)


追記:いつでもどこでも実行委員を募集しています!

「アートや芸術祭、アートプロジェクトに関わってみたい」「那珂湊を面白くしたい」「地域活性に関わりたい」「なんとなくたのしそう!」などなど… ちょっとしたきっかけを片手に、MMMと一緒に活動してみませんか? メールやSNSなどで、いつでもご連絡をお待ちしております!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

minato.media.museum@gmail.com

《プロジェクトを実施する団体につきまして》

事業者名称:みなとメディアミュージアム

通信販売に関する業務責任者:田島悠史

お問い合わせ先
TEL : 050-5800-2967
E-mail : minato.media.museum@gmail.com

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、プロジェクトを実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/01 23:56

    お世話になっております。みなとメディアミュージアム共同代表の小川です。前回の活動報告から日にちが経ってしまいましたが、本日はこの場をお借りして、いくつかご連絡申し上げます。・新型コロナウイルス感染拡大に伴う会期の変更について当初の予定として、8月30日から9月11日までを「MMM2020→20...

  • 2021/07/20 22:11

    お世話になっております!みなとメディアミュージアムことMMM、共同代表の小川です。梅雨も明け、日差しも日ごとに強まってまいりましたが、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。さて、MMMの近況報告です。最近では、作家への作品現状確認や、発送の段取り、作品の保証などの手続きを進めており...

  • 2021/07/08 13:20

    【ご報告】みなとメディアミュージアムクラウドファンディングをご支援いただきましたみなさまへクラウドファンディングの終了からひとつきほどが経過いたしましたが、ご支援いただきました皆様へのご連絡とご報告が遅れまして誠に申し訳ありません。改めて、この場をお借りしてご報告をさせていただけたらと思います...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください