きっかけは大湯・新湯への想いがつづられた一冊のノート

それぞれの家庭に風呂がなかった時代から、地域住民の憩いの場として、観光の要として生活の中心にあった二つの温泉が、令和2年11月30日、その役目を終えます。脱衣場に置かれた、この温泉への想いが綴られたノートに、心が揺さぶられた一人の女性。その女性を中心としたむつ市の有志によるプロジェクトです。


今私たちにできること

令和2年12月、この地に、役目を終える二つの温泉の源泉を引いた新たな温泉ができます。この地域の住民の生活の中心にあった温泉の記憶を思い出のアルバム、資料として遺したい。そして、青森県を代表するこの観光地の新たな時代を祝福したいという思いから、このプロジェクトを決意しました。


風間浦村下風呂温泉郷

目の前に漁港が広がるこの地では、言うまでもなく海の幸に恵まれています。数ある温泉を中心とした旅館で堪能できる、アンコウやイカ等の海の幸は、はるばるこの北の地まで赴いた旅人たちに旅の醍醐味を与えてくれるでしょう。食欲が満たされた後は、この町を覆う硫黄臭の源、濁りの強い温泉が骨の内側まで温めてくれます。温泉からあがっても、宴に酔いしれた後も、いつまでも温泉に浸かっているような感覚を味わうことができる、そんな魅力あふれる温泉です。


大湯・新湯を愛する人たちが残した一冊のノート

風間浦村は、冬の厳しい寒さに耐えながら命がけの仕事をこなす漁師の方々が多く住んでいます。骨の芯まで冷えた体を温めるために、温泉は異常なほど高い温度を好むようです。しかし、地元以外の方がいらっしゃると、気を使って水を足す、温度調整が自由にされる温泉だということ。これは、この地を愛し、この温泉を愛し、たくさんの人に愛されてほしいという人々の思いが成す文化なのだと思います。この心温まる文化に巻き込み、巻き込まれた人々が、閉館にあたりその思いを綴ったノートは、人の心を動かすのには十分な言葉が詰め込まれていました。


この「想いと文化」を残し、伝えたい

たかだか古い温泉がなくなり、新しい温泉ができるという時代の流れの話なのかもしれない。でも、それだけで済ませることができないほど、この地域の住民の中心に温泉がありました。新しい温泉にも、この役目を終えた二つの温泉の源泉を引くのだそうです。この「愛」を、一つの資料に収め伝えたい。この「愛」と出会った私たちにとって、このプロジェクトの大きな動機となりました。


役目を終える「大湯」「新湯」の歴史と写真を資料に

温泉を中心としたこの地域に、様々な「想い」と「歴史」と「愛」がありました。それを資料にし、後世へ伝えたい。歴史を重んじるからこそ、新たな時代への期待と愛を育むことができる、そう私たちは考えています。



ご協力のお礼

この温泉の源泉からとれる温泉成分「湯の華」。自宅のお風呂に入れることで下風呂温泉郷の雰囲気を楽しむことができます。この湯の華とこの町の歴史を記した冊子で次の旅の予定を提案します。その他にも、風間浦村の特産品、海産物やヒバの加工品等、この町の魅力がたくさん詰まった品をお返しさせていただきます。


新しくなるということは期待するということ、そして寂しいということ

時代は変わる、町も変わる、人も変わる。それは悪いことではないでしょう。でも、そこに渦巻く形無き人の変わらない「想い」は、たくさん伝わってほしい。たくさんの人たちに愛されたまちの未来を心から祝福したい。過去に敬意を払い、心おきなく未来へ進む原動力になるような資料を、私たちは作ります。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/11/24 20:27

    大湯新湯記録計画実行委員会の活動を見守ってくださっている皆様お世話になっております表題の通り、本日当プロジェクトの目標達成いたしましたのでご報告いたしますこれから、まだ記録誌を作成するという大仕事が残っておりますがこれまでの活動で、広域にわたるファンの皆様の風間浦地域への愛の深さを強く感じまし...

  • 2020/11/22 19:18

    デーリー東北様 掲載記事11月21日(土)のデーリー東北様夕刊で、11月22日(日)の東奥日報様朝刊で当プロジェクトをお取り上げいただきました。ありがとうございます!SNSとポスター貼り出しでは、遠方にお住まいの下風呂地区出身者や大湯・新湯ファンに情報をお届けできない状態を解消できました。おか...

  • 2020/11/17 11:05

    11月15日(日)、風間浦村下風呂公民館にて住民説明会を開催いたしました。写真、資料収集方法に関する、地元企業の方からご意見もいただきましたので、今後の活動に活かしていきたいと思います。また、説明会前、後に近隣旅館、商店様に資料提供のご協力依頼と、協賛金のお願いのごあいさつ回りをいたしました。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください