新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されて試合は再開することができていますが、まだまだ多くの規制があるなかでの大会開催となっています。
ソーシャルディスタンスを確保しなければならず、会場で観戦できる観客数は約半数に制限されています。
この状況下で、外出を自粛し観戦に来られない方、定員制限により生観戦できない方に
少しでも多くの方に自分達のプロレスで元気になってもらいたい!

九州プロレスのYouTubeチャンネルでの無料生配信で視聴していただく為にクラウドファンディングを実施させていただきます!



旗揚げ当初より12月に開催し、年内最終のビッグマッチとして九州プロレス年末の風物詩的大会になっています。

大会名にもあるとおりタッグトーナメントとは、全6チームがエントリーしトーナメント方式で優勝者を決める試合です。
チームによっては一日に3試合を戦うという選手にとってとても過酷な大会です。
そんな選手の頑張りを目の当たりにして、応援してください!





2020年10月28日…プロジェクト開始
2020年11月29日…クラウドファンディング終了
2020年12月13日…大会開催・YouTubeライブ配信
 16:00~
 九州プロレス公式YouTubeチャンネルにて無料配信
2021年1月頃…リターン品お届け

※リターンのお届けに関してコロナの影響などで遅れる可能性がございます。
 その際は通知させていただきますので予めご了承ください。



・選手・スタッフのギャランティ
・ゲスト選手の交通費宿泊費
・会場費
・音響及び照明費
・配信諸経費
・九州プロレス事業継続のための資金(設備費、家賃、人件費等)
・CAMPFIRE手数料








まず初めに、
2度目になる九州プロレスのこのクラウドファンディングのページをご覧いただきまして御礼申し上げます。

2020年の年頭に弊社が立てた計画では
今年は勝負の年としてこれまで応援してくださっていた皆様にステップアップした晴れ姿を見せられる!そう思っていました。

しかし今般のコロナ禍の影響で、
その計画は立ち消えにせざるを得ませんでした。

今年10月までに開催できた大会数は【15】です。
(※昨年の試合数は57試合。自粛要請期間中は0 )

「やられても立ち上がるのがプロレスラーだ!」
リングの上であろうと会社経営であろうとも負けるわけにはいきません。
そのためにも、経営状況を安定し次のステージに進みたいと思っております。

前項でも触れましたが
会場で観戦できる観客数は半数に制限されています。
ですが、使用する会場費は全く減額されない状況です。
集客定員が半数になった収入の補填とともに
九州プロレス年内最終大会の開催、そして地域のプロスポーツ組織存続のために………
いま苦しいのは世界中の皆さまも同じ苦境の中にいらっしゃると理解しておりますが
何卒お力をお貸しください。

プロレスの力を信じてくれる皆さまへ
精一杯の元気をお届します。

『九州ば元気にするバイ!!』


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください