はじめまして。

福岡にて現在自宅兼保護施設で犬猫を保護をしています。

(動物取扱業者登録済み)

2020年10月現在、犬2頭と猫が20匹を保護しています。

活動内容は、動物愛護センターに収容され殺処分の対象となった子をセンターから引き出し、医療面や精神面のケアをさながら、里親様を探しています。

また、TNR活動というこれ以上不幸な命を増やさない為にお外の猫さん達を避妊手術をする活動も行っています。


活動資金は大きな病気の子などがいた場合は寄付をお願いし、それ以外は自分で賄って保護活動を行っています。

里親様を募集する携帯はSNSや里親募集サイト、譲渡会、里親様の紹介等様々です。

また、TNRというこれ以上野良猫が増えない為の活動も行っています。

このままでも保護活動を続けて行く事自体は可能ですが、もうパンクを超えている状態です。

地域猫活動の過程で生まれた子猫等の保護も止まりません。


多くのボランティアが全国で頑張っています。

しかしそれでも止まらない収容に、猫の保護依頼。

里親が決まったりお空に旅立つ子が出て空きが出たら次の子を、という状態です。

終わりの見えない保護活動。

今の形態のままではいけないと思い、保護猫カフェ運営にたどり着きました。

寄付金を募る事は簡単ですが、一時しのぎにしかなりません。 

終わりの見えない保護活動故、募金以外で活動資金を自分達で賄っていく仕組みが必要だと思いました。

保護猫カフェだけでは運営が成り立たない為、ペットに関する複合施設とし、利益を保護猫達の生活費に充てる形にしたいと考えています。

・保護猫カフェ

・ペットホテル

・トリミングサロン

・ペットシッター

上記の形態で営業を行っていく予定です。


その為の準備金として

・不動産契約金 70万円

・内装工事費 50万円

・備品等購入費 50万円

・当面の運営費(医療費・餌等含む)の一部 

上記のクラウドファンディングをお願いしたいと考えています。


カフェがオープンできれば、保護猫をもっとたくさんの人に知ってもらう事ができると思います。

また、ただ知っているだけと実際に目で見て触れるのとでは、人が感じる物も違うと思います。

知ってもらう事で家族ができる子達がいます。

一匹幸せになれば、次の子を保護する事ができます。

そしてたくさんの人の考え方が変われば、これ以上不幸な命を作らない事に繋がります。


カフェの形態としては、猫同士の相性を考慮した上で6~9匹の猫を入れ替わりでお店で生活させる予定です。

動物愛護法に乗っ取り、営業時間は11時から18時と12時間を超えない時間を厳守。

子猫はお店に出る時間を成猫よりも短く。

体調の変化がある子はすぐに病院へ連れて行き、カフェはお休み。

年に一回のワクチン接種を厳守。

衛生面も保健所指導の元、清潔に。 

動物愛護法と食品衛生法、両方を守りながら運営を行っていく所存です。




写真はみんな我が家の保護猫達です。

この子達に幸せで温かいお家探しの一歩に、御協力よろしくお願い致します。

  • 2020/11/30 12:00

    TNR現場で保護し、子猫のうちに嫁いだふぅちゃん。他の子より小柄だけど、血液検査等異常なく健康。しかし嫁いでしばらくして体調を崩す日が増え、FIPに。治る可能性はゼロではない!と有名な広島の病院に連れて行ってくださり、治らないと言われていたFIPを寛解の段階に。治療費も時間も、とんでもない位か...

  • 2020/11/30 08:08

    昨日、ご支援者様より一通のメッセージが…。カテゴリーが全然違うと…!こういった事に関心がある方々の目に触れる事ができていないと…!何もわからずに始めたもので、完全に私の手違いでした。まずそこからだったのね…と、おにゃん達に申し訳ない事に。そんな中、このプロジェクトに気付いてくださりご支援をして...

  • 2020/11/26 20:08

    保健所に相談に行ってきました。時計を見ると12時でした。職員さんみなさんごはんを食べていました。ごはん時にごめんなさいにゃにゃにゃ……byクロナこれまた消防に続き、保健所の職員さんも優しくてびっくり!役所をなんだと思っているんだっていう話ですよね(笑)来年の6月から、法律が少し緩くなるらしい。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください