「goBelt(ゴーベルト)」はドイツのデザイナーにて開発された極薄スマホグリップ。

その厚みは、たったの「1mm」。

こんなにも薄いのに、しっかりとしたスマホグリップ変形。さらにスタンド機能も備えた「革新的アイディア商品」です。



この10年間でスマートフォンのサイズは年々増大しましたが、人間の手の大きさは以前と同じで進化はしていません。

大きいスマホの片手操作は、思ったところに指が届かなかったりと不安定ではありませんか?

つい手を滑らせ落としてしまい、画面にひびが入ってしまった。そして結局スマホを買い替える羽目になった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それを補助するアクセサリーはたくさん存在します。

しかし、採用が増えてきたワイヤレス充電(Qi)を使う時に「反応しない!」「リングが邪魔で充電器に置けない…」なんてこともありますよね。

「スマホ操作・落下防止」と「ワイヤレス充電」を天秤にかける必要はありません。

世界最薄クラスのスマホグリップ「goBelt」が解決し、ゴツゴツしたスマホともさようなら!です。


goBeltの取り出しは「指1本」。折りたたみも簡単です。


スタンド機能がメインの同コンセプト商品の場合、穴が大きかったり位置が下すぎたりと、グリップ時に本体が中々安定しません。

goBeltは指1本でも使えますが、指2本でぴったりフィットするサイズ感です。

goBeltを取り付けることで、スムーズな画面操作が可能に。

左上の指が届きにくい「メニュー」や「戻る」ボタンも、片手で安定したまま親指が届いちゃいますよ。


goBeltはわずか1mmの薄さのため、ワイヤレス充電(Qi)も問題なく利用*いただけます。金属製ではないので、充電に必要な電磁波への干渉の心配もありません。

もちろん、iPhone12シリーズ向けのMagSafeでも、問題なく充電することができます。

* 製品や充電器によっては充電速度が低下する場合がございます。

* MagSafeを利用する場合、充電自体は可能ですが、goBeltや取付ケースによって磁力は弱まります。


また、おサイフケータイの利用も問題なく可能なため、便利な機能を阻害しません。


goBeltは簡単な操作(ひねるだけ)で実用的なスタンドへと変身が可能。

革新的アイデアで生み出された独自の省スペース設計で、左右どちら側にもひねることができます。

角度はgoBeltをどちらの向きで立てるかによって2種類の角度を生み出せるため、皆さんの好みに合わせやすくなっています。


こんなに小さく薄い製品なのに、細かな配慮も行き届いています。

精密な設計によって転倒防止のロック機能が働くため、スタンド利用時にも高い安定性を発揮します。



使用しているポリプロピレンは、プラスチック素材の1つ。

多くの日用品素材として使われており、「軽い」「撥水性がある」「耐久性がある」「柔軟性がある」ことが特徴です。

また、以前海外でクラウドファンディング実施時から、さらに素材を良いものに改良しています。

最新版のgoBeltは、下記のとおりツヤがあり、滑らかになっています。お求めやすい価格の商品ですが品質は多くの改良を重ね、こだわりをもって製造しています。

しかし、これだけ薄い製品です。耐久性に不安がある方のために、goBeltのプラスチック本体の破損について、安心180日間の製品保証を提供します。




goBeltは世界知的所有権機関(WIPO)に登録済みとなっています。これにより、goBeltの意匠(デザイン)は国際的に保護される、唯一無二の製品です。

世界知的所有権機関(WIPO)登録番号:DM/210 415



海外利用者の事例では、2枚貼りでの縦置きしている方もいます。


Kindleやタブレットにも利用できます。

特にKindleで長時間読書をしていると、指が疲れてきますよね。goBeltを取り付けると安定性が増すので、快適にリラックスして読書を楽しむことができますよ。


goBeltは薄いので、車載ホルダーやスマホ用ジンバルにそのまま挟むことができます。

いちいちスマホケースを取り外す必要はありません。


バインダーなどを利用する際に、立ちながら・移動しながらでも安定して利用できます。



(2020/12/23 追記①)

以下についての参考動画を作成しました。より製品の使用感をイメージいただけると思うので、ぜひご覧ください。

①おすすめの取り付け方法

②素材を柔らかくする方法(1:50)

③スムーズな取り出し方法(2:11)

④スタンド・ロックの方法(2:22)


(2020/12/23 追記②)

『1人でも多くの人に役立つガジェット情報を』をコンセプトにしたYouTubeチャンネルを運営しているマサリュウさん。

iPhone12 Pro Maxでの使用感やメリット・デメリットをレビューいただき、総合的には2020年スマホアクセサリー部門の「断トツのベストバイ」と評価いただきました!


他にも実際に利用いただいた方のレビューを活動報告等でもお知らせしますので、ご検討中の方もぜひ「お気に入り登録」ください!


カラー:ブラック
製造国:ドイツ
素材:ポリプロピレン(プラスチック素材の1つ)
パッケージ: 日本語(説明文あり)
保証期間:到着後180日間の無償交換

※ goBeltのプラスチック本体部分の破損については、到着後180日間の製品保証を提供します。万が一不具合が発生した場合は、ページ内にある「メッセージで意見や質問を送る」または、ページ最下部に記載の公式LINEアカウントからご連絡をお願いします。

※ 本製品を利用されてのスマホの破損等はいかなる理由でも保証は出来かねます。ご自身の判断でご利用くださいませ。

※ goBeltの貼り付けには工業用粘着テープを使用します。一般的なケース(TPU、ポリカーボネート、ハードケース)の場合、goBelt本体を直接取り付けることが可能です。またgoBeltを取り付ける際は、これらのスマホケースを利用する事を推奨しています。

※ 取付けする際は装着する面が平面である事をご確認ください。布・レザー・凹凸、溝のある表面には取付できません。


一般的なケース(TPU、ポリカーボネート、ハードケース)の場合、goBelt本体を直接取り付けることが可能です。 以下の場合は、ベースフィルムを貼ってからgoBeltを取り付けください。

ケース1:ケースに貼る場合
ウッド素材、シリコンやゴムのような素材、アルミ素材、プリントが印字されているケース

ケース2:本体に貼る場合
ガラスや金属、防汚コーティング等の表面加工が施されたスマホ本体

取り付け箇所をアルコールなどで拭いてから、ベースフィルムはカットせずそのままの大きさでご利用ください。ベースフィルムは本体パッケージに付属し、サイズは8.8cm×5.0cmとなります。

ベースフィルムが取り出しにくい場合、絶対に指紋を付けたくない等の場合は、セロハンテープを用いて剥がすことをおすすめします。(ベースフィルムが破れたりしない様に、ゆっくりと剥がしてください)

(2020/12/23 追記③)

ベースフィルムを使ったおすすめの取り付け方法を、「2020/12/23 追記①」にて動画でも紹介しています。


goBeltはあらゆるサイズのスマホに取付け可能です。

*iPhoneのPro Maxシリーズのような【重い大画面スマホ】の場合は、取付位置に注意が必要です。ページ下部のFAQのQ3をご確認ください。


2020年12月18日 :プロジェクト開始

2021年2月5日 :プロジェクト終了

2021年2月末頃から :支援者様へ配送

*ドイツから輸入し、既に年内には在庫が日本にある予定です。余裕を持ったスケジュールとしておりますが、コロナ禍等の影響など予期せぬ理由により配送が遅れる可能性もございます。早く支援者様にお届け出来るように精一杯努力しますので、ご了承お願いいたします。




当プロジェクトページをご覧頂きありがとうございます。DotPEEPSの小池です。

私自身、不注意でスマホを落とし、画面を割ってしまった経験があります。機種変更した直後だったので、それはとても悲しい出来事でした…。

そんな経験があったので、それ以来スマホには落下防止用のスマホリングを付けていました。しかし、ポケットに入れた際に邪魔になるのが嫌で、結局は取り外す事に。最近ではワイヤレス充電の便利さから、その様なアイテムを付けることを検討すらしていませんでした。

そんな中、この【goBelt】という大変革新的なアイディア商品と出会いました。この製品は、「薄さ」「実用性」ともに、私の理想にピッタリのアイテムです。

半年以上、毎日利用していますがとても扱いやすく、今では無意識レベルで取り出して使用しています。耐久性も今のところ全く問題ありません。

私の様に、極薄で実用的なスマホアクセサリーを求めていた方は多いはずです。この革新的で新しいスマホグリップの形「goBelt」の良さを、日本に広めていくことが私の使命です。

是非とも手に取り、実際にお試しください。よろしくお願いいたします。

*DotPEEPSが当製品goBeltの輸入総代理店として、日本国内の販売およびユーザーサポートを行います。


欧米クラウドファンディングのgoBeltキャンペーン成功の後、日本のガジェットファンにもgoBeltを紹介することを決めた、DotPEEPSとコラボレーションができたことを嬉しく思います。

昨年、私たちはgoBeltをより良いものにするために開発を続けました。その結果、素材の耐久性を大幅に向上させ、特殊なベースフィルムを追加することで、goBeltをより多くの表面に接着させることができました。日本の皆様にも気に入っていただけることを楽しみにしています!

Andre Bar (inventor of goBelt)


Q1:海外への発送は可能ですか?
A1:発送は日本国内のみといたします。

Q2:ワイヤレス充電が可能と言われている類似製品も、実際には使えませんでした。goBeltでは問題なく使えますか?
A2:問題なく使えます。goBeltはその薄さから、これまでワイヤレス充電が使えなかったという利用者からの報告はありません。但し、通常よりも充電時間が長くなる場合がありますのでご了承ください。

また、iPhone12シリーズのMagSafeにおいても、問題なく充電可能です。但し、MagSafeを利用する場合、充電自体は可能ですが、goBeltや取付ケースによって磁力は弱まります。

Q3:どの位置に取り付けるのが良いですか?
A3:縦位置は、センター付近に取り付けることをおススメします。取付け位置が下すぎるとスタンド時に安定しません。横位置はお好みの場所で良いですが、本体の持ちやすさとスタンド時のお好みの角度を考慮して調整をお願いします。

これまでの事例ですと、iPhone11 Pro Max(6.5インチ・226g)において真ん中に取り付けると、 スタンドが安定しないことがある(倒れてしまう)との報告があります。 特に重い大画面スマホの場合は、左右のどちらかに寄せることをおすすめします。goBeltと接地面との距離が短くなり、スタンド利用時の安定性が増します。


Q4:goBeltの貼り直しはできますか?
A4:基本的に貼り直しはできません。慎重に取り除くことで新しい箇所に貼り付けできることがありますが、接着力が弱くなる可能性があります。また、これは貼り付けから時間が経つほど難しくなります。(貼り直しができるタイプの接着面には、硬いベース素材が必要です。それでは厚みが出てしまうため、あえてgoBeltでは採用していません)

Q5:開閉がスムーズにできないことがあります。
A5:取り付けた直後はgoBeltの開閉が固い場合がありますが、数日~数週間利用することで、開閉はどんどんスムーズになっていきます。怪我の原因にもなりますので、無理に開こうとはしないでください。

取り付けから十分な時間(1時間程度)おいてから下図の様にgoBeltを前後に動かすことで、素材を馴染ませることができます。

ページ上部「2020/12/23 追記①」にて、動画でも紹介しています。

Q6:スタンド機能が安定しません。
A6:スタンド時にgoBeltの端をクロスすることで、ロックできる機能を搭載しています。切れ込み部分をしっかりと噛ませて、強度を確保してください。また、Q3の通り、goBeltを貼り付ける際に角度を付けることで、スタンド利用時の安定性を確保することができます。

ページ上部「2020/12/23 追記①」にて、動画でも紹介しています。

Q7:ベースフィルムを使うべき素材か判断できません。
A7:判断に迷う場合は、ベースフィルムを利用することをおススメします。
※ページ途中の【製品詳細】でベースフィルムを使用するケースを紹介しています。再度ご確認ください。

Q8:ベースフィルムをgoBeltの大きさにカットしても良いですか?
A8:ベースフィルムはカットせずに、そのままの大きさでご利用ください。カットしてしまうと、貼り付け面の素材によっては十分な粘着性が得られず、goBeltを展開する力に耐えきれない場合があります。

Q9:カラーはブラックのみですか?
A9:ブラックのみとなります。今後は別カラーの取扱いも検討していきます。

Q10:goBeltを複数個欲しいのですが。
A10:早割など数量限定があるリターンは一度で複数のお申し込みができないため、「goBelt×1個」と「goBelt×2個」のリターンなど、必要な数量にあうリターンを組み合わせてお申し込みください。リターン選択画面で「続けて他のリターンを選択する」から、1度のお申し込みで複数のリターンを選択いただけます。

Q11:実際の使用感など、もっと検討材料が欲しいです。

A11:実際の使用感を含めた感想などを、YouTubeやブログにて商品レビューいただいています。活動レポートで紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

Q12:今後のgoBeltに関する情報を知りたい。

A12:公式LINEアカウントにご登録ください。今後のgoBeltに関するお得な情報等を発信していきます。

 公式LINEアカウント:https://lin.ee/kp4zW1G ※LINEID:@168anbap 


リスク&チャレンジ

私たちは「goBelt」を予定通りお届けできる様に、迅速かつ丁寧に最善の努力を尽くします。しかし、以下記載にあるような、やむを得ない事情が発生する場合がございますので、予めご了承ください。詳細は活動レポートを通じて、ご連絡させて頂きます。 

・予想以上のご注文により製造リードタイムが延びて、お届け時期が遅れる場合があります。
・海外輸送中のトラブルや通関時のイレギュラー等で、お届け時期が遅れる場合があります。
・新型ウイルスにより物流に遅延が発生している場合、本商品のお届けにも影響する可能性があります。
・デザインなどの仕様が一部変更になる可能性があります。
・並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。


特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: DotPEEPS 

◯ 事業者の所在地:〒560-0084 大阪府豊中市新千里南町1-1-54-502

◯ 事業者の連絡先:TEL 050-5359-3814 / EMAIL contact@dotpeeps.net
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/04/19 18:00

    お待たせしました!goBeltのAmazon販売を開始しました。ご購入を検討されていた方はこちらからご確認ください。https://www.amazon.co.jp/dp/B092JJ4CQ1購入バリエーションは以下の2パターンです。1個:1,480円2個:2,790円ちなみに、今回ベースフィ...

  • 2021/03/22 21:46

    現在、Amazonでの一般販売にむけて準備を進めております。申し訳ございませんが計画より少し遅れまして、4月上旬~中旬開始で予定しております。ちなみに素材によって使い分ける2種類のベースフィルム(厚め・薄め)を付属予定です。販売開始時はこちらの活動報告でもお知らせしますので、お求めの方はもう少...

  • 2021/02/17 21:52

    サポーターの皆さまこの度はご支援いただきありがとうございます。現在、配送準備を進めていますが、順調に進んでおります。2/22(月)から順次発送し、2/28(日)までには全ての支援者様にお届けできる見込みです。【特記事項】①ゆうパケットにてご自宅のポストに投函されますので、ご確認をお願いします。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください