【コント原作】フォークダンスDE成子坂
【コンセプトデザイン】吉崎観音
【構成・演出】石ダテコー太郎

でお届けする、連続ショートコント動画作品です。

歴史の中に埋もれてしまった「名作コント」の数々を、独自の世界観とキャラクターでアップデートし、今の時代に蘇らせます!

■フォークダンスDE成子坂

 桶田敬太郎(左) 村田渚(右)
 1990年代に活躍し「伝説のコント師」と呼ばれたお笑いコンビ。

■吉崎観音

 漫画家。『けものフレンズ』コンセプトデザイン、『ケロロ軍曹』原作など。

 ※画像は描き下ろしイラスト

■石ダテコー太郎
 アニメ監督。主な作品は『ひもてはうす』『てさぐれ!部活もの』など。

 ※画像は関連作品パッケージ

元芸人でアニメ監督(…のような何か)をしております石ダテコー太郎と申します。このプロジェクトの発起人の一人です。

■フォークダンスDE成子坂という伝説のお笑いコンビ

もう20年以上も前の話になりますが、フォークダンスDE成子坂さんというお笑いコンビがいました。

当時「ダウンタウンの次に天下を取るのはフォークダンスDE成子坂だ」と注目されていた若手筆頭コンビでした。残念ながら1999年末に“一時”解散し、そのあと再結成されることはありませんでした。

そんなフォークダンスDE成子坂のお二人・桶田敬太郎さんと村田渚さんは僕にとって師匠のような存在でした。
何か恩返しができないかと考え、桶田敬太郎さんが生前に持っていた「自分たちのネタをアニメキャラクターにやらせたい」「コントを名曲のようにスタンダードナンバー化したい」というビジョンを思い出しました。
今の時代なら、そして僕にはそれができる!と考えたんです。

■名作コントを“原作”にしつつ、魅力的な新規コンテンツに!

そして、今の時代に広く愛していただけるコンテンツにするためにはただコントをカヴァーするだけではなく、魅力的なキャラクターと独自の世界観が必要になると考えました。
そこでもうひとつ欲張らせていただいて、以前からどうしても一度一緒にお仕事をさせていただきたかった漫画家の吉崎観音先生にコンセプトデザインをお願いすることを思いつきました。
『ケロロ軍曹』のようなシュールでエッジの効いたギャグ作品から『けものフレンズ』のように柔らかなタッチの独自世界観のデザインまで手がけられた吉崎先生ならばこれ以上の適任はいないと感じました。
個人的に吉崎先生から学ばせていただきたいことがたくさんあり、とても楽しみにしています。

フォークダンスさんの珠玉のコントの数々を吉崎観音先生の魅力的なキャラクターと世界観で!
応援いただけましたら幸いです。


【ますだおかだ・増田英彦さん】
芸人同士がお互いのネタを笑いあい、どんな駆け出しの若手芸人でもおもろいネタが出来たらすぐにテレビのゴールデンタイムで披露できる時代になった。僕がこの世界に入った1990年代前半は、テレビのゴールデンタイムにネタ番組なんか無く、芸人達が“他の芸人のネタで笑ってたまるかぁ”な雰囲気で本番も楽屋もピリピリしていた。

漫才師になって2年目に初めて行った東京のテレビのネタ番組。本番前のステージで1組のコンビのコントリハーサルを客席から見た。

この世界には色んな天才がおるけど最初に“天才”と思ったんのは間違いなく桶田敬太郎。そしてその桶田に振り回されながらもええツッコミを入れる村田渚のコンビ『フォークダンスDE成子坂』。

“俺らコントやなくて漫才で良かった”そう思ったのを26年前の事を今でもハッキリ覚えている…。


子供の頃からお笑いに惹かれ過ごした多趣味な女の子、チヅル。友達が少なくネット上で独特な表現を発信していた少し変わった女の子、ハジメ。2人はSNSで知り合い、なんとなく惹かれあっていく。一度リアルで会ってみよう! と、とある離島へ泊りがけの旅行に出発した2人。

小さな飛行場を出発した19人乗りのプロペラ機が島に到着したが、なんだか様子がおかしい……気がつけば周りに誰も人がいない。電話も通じない。

慌てて周囲を探索するも、途方にくれる2人。帰る手段がないかと島を歩き回る不安の中、口をついて出たのは・・・大好きなお笑いのネタ。チヅルが呟けば、ハジメもそれにノる。なぜかこの島にいると気持ちが良いようにコントが口から出てきて体が動くのだった。息の合うお互いのコントに勇気を持った2人は、島を巡りつつ自分たちの記録として、「コント動画づくり」を始めるのだった。其れ、則ち・・・


【ハジメ役・植田ひかるさんよりコメント】

こんにちは。ハジメ役の植田ひかるです。

チヅル役の春木さんとはスタジオオーディションで初めてお会いして、素の純粋な感じが役に合っていてとても印象的でした。
オーディションでは、「頑固ラーメン屋」「歯医者」「素のハジメ」をさせて頂いたのですが、ハジメの事を思いながら演じさせて頂きました。
また、桶田敬太郎さんが『自縛』で眼鏡をしていた事もあり、ハジメをイメージする為に私も眼鏡をかけて臨みました。

「其れ、即ちスケッチ。」が皆様の心に残るように全力で取り組みたいと思います。よろしくお願いします。




【チヅル役・春木めぐみさんよりコメント】

こんにちは。チヅル役の春木めぐみです。

オーディションでは実際に相手役の植田ひかるさんと掛け合いをしました。
その時に『ツッコむのって超面白い!』と思った記憶があります。
質疑応答の場面もあったのですが、スタッフの方々と楽しく会話しながら進めることができたのも印象的です。

初挑戦なことばかりですが、視聴者の方々が沢山楽しめる作品になるように、また私自身も楽しむことを忘れずにチヅルちゃんを演じたいです。
いつ見ても斬新で面白いフォークダンスDE成子坂さんの作品の数々を少しでも多くの方に伝えることができたら嬉しいです。


●『其れ、則ちスケッチ。』オリジナル動画(5〜10分程度)12本の制作費
 ※YouTubeチャンネルで定期的にアップしていく予定です。

●関連コンテンツ(ショートコント動画など)の制作費

●リターンの製作費および発送費

●コント原作権利者へのお支払い


▼ボイスメッセージ
チヅル、ハジメからの ボイスメッセージをお送りします。

▼お礼メッセージ
PDFにてお送りいたします。

▼オリジナルクリアファイル
吉崎先生の原画を印刷した『其れ、則ちスケッチ。』オリジナルクリアファイルです。

▼オリジナル缶バッジ
『其れ、則ちスケッチ。』オリジナル缶バッジです。デザインは未定です。

▼オンラインコミュニティ優待(1ヶ月無料)
クラウドファンディング終了後に、オンラインコミュニティの開設を予定しています。
コンセプトは「このコンテンツをみんなで共有して遊ぼう!」です。
・チヅルとハジメのラジオ的音声コンテンツをコミュニティ限定公開
・『其れ、則ちスケッチ。』のコンテンツ展開についてメンバーでミーティング
・メンバーが考えたショートコントを動画にして公開
・メンバーがグッズを作って販売できる権利をシェア
などを考えています。詳細については、後日このページで発表いたします。

▼オリジナルプリント色紙
吉崎先生の原画を色紙にプリントしてお送りいたします。
ハジメとチヅルのイラストを想定しておりますが、ご希望される方には吉崎先生が描いてくださった桶田さん&村田さんの似顔絵のプリントに差し替えも可能です。その旨お伝えください。

▼オリジナルアクリルキーホルダー
チヅルとハジメのオリジナルアクリルキーホルダーセットです。

▼公認サポーターとして公式サイトに記載
来年1月に開設予定の公式サイトに支援者のお名前を記載させていただきます。

▼収録現場リモート立ち合い
「其れ、則ちスケッチ。」 収録現場のリモート立ち合いにご招待します。

▼スタッフTシャツ&収録台本
リモート立ち会いにあたりより気分を盛り上げるアイテムとして、スタッフTシャツと収録台本をご用意させていただきます。スクリーンショットで記念撮影しましょう!

▼ただただ支援コース
申し訳ございません、当プロジェクトにはこれ以上の返礼品のご用意はございません。
最敬意を尽くしたクレジット記載と、スタッフ直筆の寄せ書き色紙をお贈りさせていただきます。

▼スタッフ直筆寄せ書き色紙
吉崎先生がフォークダンスDE成子坂2人のイラストを描いて石ダテにプレゼントしてくださいました。
とても素敵なイラストなので先生に許可をいただき、それをプリントした色紙にお礼の言葉を書かせていただきたいと思っております。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<原作>
フォークダンスDE成子坂
桶田 敬太郎
村田 渚

<キャスト>
ハジメ 植田 ひかる
チヅル 春木 めぐみ

<コンセプトデザイン>
吉崎 観音

<構成・演出>
石ダテコー太郎

<音楽>
青木 茂(Lー5)

<音響制作>
野添 靖人

<3Dモデリング>
トミタケ

<3Dモーションディレクター>
cort

<アニメーション制作>
合同会社ライブカートゥーン

<制作補>
春山 元樹

<スーパーバイザー>
中村 周史

<協力>
ホリプロ

<Special Thanks>
浦口 直樹
門間 健一

<プロデューサー>
小栗 弘(株式会社MR)
岩濱 正人(株式会社5次元)

<製作>
其れ、則ちプロジェクトチーム。

<公式Twitter>
@SketchSore
※最新情報はこちらをご覧ください

11月    クラウドファンディング開始
       制作準備開始

12月    クラウドファンディング終了

<2021年>

1月      公式WEBサイトオープン

2月    「其れ、則ちスケッチ。」制作開始

2月〜3月  オンラインコミュニティスタート

3月〜4月 「其れ、則ちスケッチ。」 YouTubeチャンネルにて公開開始予定

3月〜5月  準備ができたものから順次リターン発送予定 


『其れ、則ちスケッチ。』は僕たちの私的な弔いでもありますが、それ以上に「新しい挑戦」です。
「アニメ」と同様に、「お笑い」や「VTuber的なキャラクター」も日本が世界に誇れるカルチャーだと考えています。
新規キャラクターたちに伝えてもらうことで素晴らしいお笑い文化を未来に残し、そして世界に伝えていきたいというこのプロジェクトを一人でも多くの方に応援していただけましたら幸いです。

このプロジェクトを快諾してくださった関係者の方々に心より感謝いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください