鹿児島県大隅半島は、うなぎ養殖日本一の名産地。

そこで鰻の養殖業を営んでいるのが楠田淡水さん。かごしま特産品市場「かご市」では、ふっくらしたうなぎが人気の会社さんです。

31歳の若き社長を筆頭に専務の母、姉・弟さんと従業員の方、10名の会社で養殖を行っていますが、コロナの影響で出荷が大幅に減少する中、追い打ちをかけるように7月6日の水害で養殖池の隣の山が土砂崩れ。

ダブルの損害を受けました。

「かご市」でも人気の楠田淡水さんを支援したい、うなぎを召し上がっていただきたいという気持ちで、このプロジェクトの実施を考えました。

楠田淡水の楠田和也です。楠田淡水は祖父と父が平成元年に創業したうなぎの養殖を行う会社で3代目になります。

みなさん、シラスウナギという言葉をニュースなどで聞いたことはありませんか?

うなぎの養殖は貴重な水産資源であるシラスウナギを育て出荷できるようになるまで、概ね8~26ヶ月の期間がかかります。

うなぎはとても繊細な生き物。育てている間は24時間体制で、健康に育っているか、異常がないかを注意深く見守っています。

うなぎを育てるうえで一番大切だと思うのが「水を作ること」。

よく「どうやってうなぎを育てるのか」と聞かれますが、よい環境を整えてあげればうなぎは健康に育ち美味しいうなぎになる、というのが楠田淡水の考え方です。

うなぎの環境とは「水」。我が社の養殖池では地下70mから汲み上げた地下水を使っています。

その養殖池の水も管理が悪ければすぐに汚れていきます。それはうなぎにとってストレスが多い環境。だから一日に4~5回の水質検査を行い、水質のバランスを見て養殖池の水も入れ替えます。

養殖池の水の入れ替えで排水したときは、天井からコンクリートの底までブラシでゴシゴシと、高圧洗浄機まで使って徹底的に清掃することから始めます。うなぎにとって最適な環境づくりを心がけています。

うなぎも身体をみると体調がわかるんです。
元気だな、とか、暑いのかな、とか。

目で見た判断、そして重量計測や水質検査などを複合的に組み合わせて、健康なうなぎを育てることに細心の注意を払っています。

健康でなければ美味しいうなぎにはなりません。

今回のコロナ禍では、出荷できない辛さを痛感しました。

細心の注意を払って一生懸命育てた楠田淡水のうなぎですが、うなぎ専門店さんなど飲食店さんへの来客が減り、出荷も減りました。

そんな中、土用の丑の日に向け出荷準備を行っていた7月6日、ここ鹿児島県大隅半島は集中豪雨に見舞われました。

降り続く雨の中、午前9時過ぎの作業中に、養殖池横の山が土砂崩れを起こし、山肌が一気に崩れ落ちたのです。

用水路は、崩れ落ちた倒木や土砂で埋まり、ポンプがなぎ倒されていました。

崖下にも倒木や泥水がたまり、養殖池の周囲も事務所の周りも一面泥水で覆われました。

道の上にたまった泥を従業員と一緒にかき出し、路上の倒木などは地元の建設会社の方々が撤去してくれました。いろんな方々の手助けをいただいたのだと本当にありがたく思います。

その泥水は24棟あるうなぎの養殖池のうち19棟に流れ込んでいました。7基ある給排水ポンプも5基が破損、かろうじて2基だけが稼働できる状況です。機械には頼れません。

もともとうなぎは繊細な生き物。ダメージはないか、池ごと駄目になるのではないか・・・。ジリジリする思いで考え続け、結局、養殖池の泥は私たち人の手でかき出すことにしました。

実は7月21日の土用の丑の日に向けて合計17トン、そのうち7月16日に約6トンの出荷計画がありました。

水害当日は出荷できないかもしれない・・・と絶望的な気持ちで出荷先にも連絡しましたが、プールのような養殖池一棟一棟の泥を掻き出し、きれいに清掃しているうち、なんとかできるかもしれないという思いになってきました。

もちろんストレスを受けて出荷できなくなったうなぎもいましたが、多くは健康なままのうなぎでいてくれました。

これもふだんから「健康なうなぎ」として育てていたことの証かもしれません。

コロナ、そして水害に見舞われ、改めて日々うなぎに向き合えること、そしておいしいうなぎをお届けできることがいかに大切なことかわかりました。

そして・・・。

鹿児島が誇る大隅産のうなぎを多くの方に知っていただきたい、食べてほしい、そういう気持ちが強くなりました。

そこで、我が家がおすすめの食べ方とともに、楠田淡水のうなぎを一人でも多くの方にお届けしたいと考えています。

作り方は専務である母からご紹介します。

息子の和也が大学卒業と同時に22歳の若さで3代目に就任したのは、和也の父である先代社長が享年56歳という若さで急逝したからです。

何もわからない中、従業員のがんばりやうなぎの養殖を営む同業者の方々、そして取引先の方々などの温かいご支援があって、息子の社長就任から8年たちました。

今回は私たち楠田淡水のうなぎをご紹介できる機会ですので、私が大好きでパンフレットにも載せているうなぎの食べ方をご紹介します。

蒲焼きはもちろん美味しい、自慢の蒲焼きなのですが、うなぎそのものの美味しさを味わえる「白焼き」も楠田淡水の自慢です。

この白焼きを薄く斜めにそぎ切りにして、スライスした玉ねぎと合わせ、ポン酢でいただくのが私のおすすめ。うなぎ本来の味わいを堪能できる食べ方です。

冷凍パックされた白焼きがあると、急に何か一品作ろうという時や、お客様がある時にとても便利。家族や親戚が集まる時にもよく作っています。

蒲焼き・白焼き・焼肝の3種類の商品について
サイズ・本数を組み合わせてリターン品をご用意いたしました。
商品情報は下記をご覧ください。

●蒲焼き:うな重・うな丼に、山椒をふりかけて。
----------------------------------------------------

・サイズ:小、超特大の2種類あります
・原材料:うなぎ(鹿児島県)、しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、発酵調味料、水あめ、砂糖、うなぎエキス/酒精、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸)、着色料(カラメル、アナトー)、(一部に小麦・大豆を含む)
・内容量:小:約130~149g、超特大200~229g
・賞味期限:発送後60日
・保存方法:冷凍保存(-18度以下)してください。
・製造者:楠田淡水有限会社 鹿児島県志布志市有明町野井倉4125番地
・栄養成分表示(100gあたり):エネルギー293kcal、たんぱく質23g、脂質21g、炭水化物3.1g、食塩相当量1.3mg(推定値)


●白焼き:玉ねぎスライス+ポン酢、わさび醤油で。
-------------------------------------------------------

・サイズ:大サイズのみです
・原材料:うなぎ(鹿児島県)
・内容量:大150~169g
・賞味期限:発送後60日
・保存方法:冷凍保存(-18度以下)してください。
・製造者:楠田淡水有限会社 鹿児島県志布志市有明町野井倉4125番地
・栄養成分表示(100gあたり):エネルギー331kcal、たんぱく質20.7g、脂質25.8g、炭水化物0.1g、食塩相当量0.3mg(推定値)

●焼肝:そのまま珍味・おつまみに、きゅうりと一緒に酢のものに。
---------------------------------------------------------------------------

・原材料:うなぎ肝(鹿児島県)
・内容量:50g
・賞味期限:発送後60日
・保存方法:冷凍保存(-18度以下)してください。
・製造者:楠田淡水有限会社 鹿児島県志布志市有明町野井倉4125番地
・栄養成分表示(100gあたり):エネルギー178kcal、たんぱく質23.9g、脂質8.4g、炭水化物1.7g、食塩相当量0.27mg(推定値)

あわせてお礼のお手紙をお届けいたします。

●鹿児島県大隅産のうなぎを知ってほしい!

うなぎの名産地・鹿児島県大隅から、「ふわっとしている」「うなぎの美味しさがわかった」というご感想をいただくうなぎをお届けします。ご堪能ください。

●うなぎが苦手な方にも、本気のうなぎを食べてほしい!

過去に食べたうなぎが理由でうなぎ嫌いになったという方がいらっしゃいます。水質やエサにこだわり、育て上げたうなぎをぜひ一度召し上がってください。

●「災い」を「福」に転じたい!

コロナ禍と水害、確かにダメージを受けました。そのダメージという「災難」を、「災い転じて福となす」ということわざ通り、楠田淡水の新しいステージに向けた第一歩にしたいと考えています。

●資金調達方式

本クラウドファンディングはAll-in方式(実行確約型)で実施します。目標金額に達しない場合にも、ご支援いただいた方へのリターン品の製造・発送を行ないます。

●支援金の使い道

ご支援いただいた支援金は、リターン品の材料費・加工費・資材費・送料などに使わせていただく他、楠田淡水の新しいステージに向けた資金として大切に使用させていただきます。

●スケジュール

2020年12月03日 クラウドファンディング終了
2020年12月08日 リターン品順次発送開始
2020年12月15日 リターン品発送完了
※12月15日までに鹿児島から発送いたします。配送には場所により1~2日程度を要します。また天候不順やご不在などで到着・お受け取り期日が想定より遅れる場合もありますので予めご了承ください。

●楠田淡水 代表取締役 楠田和也より

コロナ、そして水害というダブルパンチに見舞われましたが、楠田淡水のうなぎは今日も元気に育っています。

そのうなぎが皆様のご家庭で、楽しいひとときにご利用いただけたら、とてもうれしく思います。

土用の丑の日の「うなぎ=夏」というイメージがありますが、本来うなぎに脂が乗る冬場のうなぎは、また格別に美味しいものです。

ぜひ、お召し上がりください。

●鹿児島県商工会連合会・かごしま特産品市場「かご市」担当 鳥丸亮より

楠田淡水さんのうなぎは「かご市」でも人気のうなぎです。

コロナ、水害という厳しい状況の中でも前向きな楠田淡水さんの後押しができたら・・・と考えています。

ぜひ一人でも多くの方のご支援をいただきますよう、お願いいたします。

●鹿児島県商工会連合会・会長 森義久より

商工会は全国の地域事業者の経営改善支援を行う経済産業大臣に認可された法人です。

鹿児島県商工会連合会では県内事業者の特産品を一同に集めお買い求めいただける場、また地域の小規模事業者の販路拡大支援を目的としたアンテナショップとして、かごしま特産品市場「かご市」を構えております。

県内各地で作られる魅力的な特産品を地元鹿児島の方々、そして観光客の皆様にご紹介してまいりましたが、今年のコロナ禍により来店客は激減いたしました。

地元に密着した商品やサービスを展開し、地域住民の生活を支える小規模事業者の商品がなかなか売れないという事態に陥っています。経営に大きな影響を受けている事業者もあります。

私ども商工会としても、このコロナ禍でできる方策をと考え、初めての試みとして、このクラウドファンディングに挑戦することといたしました。

コロナに加え水害の被害など、二重、三重の苦難を受けている事業者もおりますが、多くはこのような中においても前向きに歩みだされています。

苦境に陥っている事業者を応援するためにも、皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

店名:かごしま特産品市場「かご市」
営業時間:10~19時
住所:鹿児島市東千石町15−21
電話:099-224-1093

・・・・・特定商取引に関する法律に基づく表示・・・・・
販売業者:鹿児島県商工会連合会(かごしま特産品市場「かご市」担当)
運営統括責任者:鳥丸亮
所在地:892-0821 鹿児島市名山町9-1
電話番号:099-226-3773
営業時間:9:00~17:00(休日:土日祝日、年末年始等)
メールアドレス:kashoren@kashoren.or.jp
リターン品代金以外の必要料金:消費税・送料は含まれております。別途CAMPFIREシステム使用料(200円+税)が発生します。
申し込みの有効期限:お申込みの時点で成立します。在庫等の問題でお届けができない場合などは個別にご連絡いたします。
不良品:リターン品到着後2日以内にご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品・交換には応じかねますのでご了承ください。
販売数量:各リターン品情報欄にてご確認ください。
引き渡し時期:プロジェクトページのスケジュール欄でご確認ください。生産調整品や原料入荷事情により、発送が困難な場合はご連絡申し上げます。
お支払い方法:CAMPFIRE規定にもとづきます。
お支払い期限:CAMPFIRE規定にもとづきます。
返品:リターン品の性質上、お客様都合による返品・交換は不可とさせていただきます。合わせて、商品到着後、リターン品の温度管理が適切でなかった場合等は、返品・交換はできません。

  • 2020/12/18 14:55

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/12/11 15:39

    \冬の鰻、出荷、始まりました/ご支援をいただいた「【冬の鰻】コロナ禍・水害、2つの苦難を超えて名産地・鹿児島のうなぎを届けたい!~かご市」ですが、鹿児島県志布志市の楠田淡水さんでの梱包が終わり、無事出荷することができたと連絡を受けました。うずたかくギフトボックスを組み立てて積み上げ、152名の...

  • 2020/12/04 08:00

    12月3日はこのプロジェクトの終了日。皆様のあたたかいご支援で、目標の3倍のご支援をいただくことができました。ご支援いただいた152名の皆様、本当にありがとうございます。目標の達成自体も確信がないスタートでしたので、驚きを含みつつ、ありがたいことだ…と深く感謝しております。楠田淡水さんのチャレ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください