自作PC特化!PC起動時間を簡単にカスタマイズできる素敵ツールです。
 ★ 曜日別にPC起動する時間を設定可能!
 ★ BIOSからの設定不要!(PC再起動不要)
 ★ リモートで電源起動可能!
 ★ Webアプリで設定!(スマホ・PCから設定可)



はじめまして。
ProtoOut Studio スクール の卒業制作として、自作PCの起動時間をフレキシブルに設定(遠隔起動も)を可能にするプロトタイプ『HPC-accede』を制作しました。

正直、「自分が欲しい」「自分にハマる使い方」「欲しいものは自分で作ろう」という自分の思いから開発したプロダクトとなっております。非常にニッチでマニアックな制作物となってますが、その筋の人にはハマるのではないかとの淡い期待もあり、クラウドファンディングを開始。

あまり同じ思いを持った人は居ないのかな、、と思いつつも、もし私と同じ思いを持った人が居たらとても嬉しいです。ホントに、、、

私自身、PCでTV録画をしており、毎日決まった時間にPCを自動起動してます。
ちなみにTVチューナは、その筋では有名でマニアックなPT3。(大きな声では言えない、グレーなことが色々出来るやつ。)

ただちょっとした課題が、、、

私の場合、基本的に21:00以降の番組(ドラマ、バラエティ、深夜アニメ)しか見ないので、通常は毎日20:50に起動しておけば録画に支障は出ない。


問題は、、たまぁに見たいよ21:00より前の番組。

例えば、アメトークスペシャルとかロンハースペシャルとか、映画もたまに20:00からとかあるし、、最近はダイの大冒険(朝)、半妖の夜叉姫(夕方)もついつい録画してますしね。


変更するには、
PC再起動して、BIOSから時間変更して、また後で元の起動時間に戻して、、メンドクサイ!


起動しっぱなしにすることも出来ますが、実家だと親が電気代に五月蝿い。私も少し気をつかう。(確かに自作PCは市販に比べて電気代掛かりますけど。)
また、夏場は私の部屋はかなり暑いので、熱によるCPUダメージが心配。(ココ結構気にするタイプ。)


さらに、、起動時間の変更ミスでがっかり。

BIOSで設定だと変更出来たか確認できず、実際に変更をミスってたこともあります。
変更したつもりで、楽しみにしていた番組をいざ見ると、途中からでがっかり。


これらの課題を解決する為に、自分で製作するに至りました。


ちなみに、、、
普通の家電(TVとか)での録画は私的には考えられない。昔のアナログ時代に出来たことが出来ない時代。縛りが多くてツライ時代。(CPRMっていけ好かないやつね。)
私が自作PCでの録画に拘るのは、色々出来ちゃうところに魅力を感じるからだったりします。


自作PCのマザーボードのフロントパネルコネクタ(PWRBTN#)へ、マイコンボード(Obniz)を接続して利用します。クラウドに接続したマイコンボードからリレーを遠隔操作し、PWRBTN#をショートさせて電源をONにする仕組みです。
指定の曜日時刻の自動起動、およびリモートからの即時起動が可能です。

※本製作に関するQiita記事も幾つか投稿しております。(試行錯誤の段階記事となります。)
・自作PC特化だけど、リモート起動や自動起動を好きにカスタムできるWebアプリをobnizで試作してみた
・リレーモジュールを理解する為だけにリレー経由の単純Lチカを試してみた
・時間起動を試作。ドラクエの宿屋の曲をObnizの圧電スピーカーで流してみた。

※Webアプリ画面、接続図はイメージとなります。(実際の画面と変更となる可能性があります。)



●マイコンボード:obniz Board 1Y
●リレーモジュール:ドライバ内蔵リレーモジュールキット
 (Y14H-1C-5DS×1個・ドライバ回路搭載基板×1枚・細ピンヘッダ1X3×2本)
●ジャンパワイヤ:10cm(オス-オス×5本・オス-メス×2本)
●ユニバーサル基板:1枚(47mm×36mm・はんだめっき・片面・ランドピッチ2.54mm)
●USB2.0 Type A メスポート-マザーボード/パネルマウント型USB2.0(9ピン)変換:1個
●USB3.0 Type A オス-USB3.0 GEN1 Type C オス ケーブル:1本

■ Choice1:応援

ご支援頂いた方へのお礼のメールと、制作過程を活動報告に掲載します。

■ Choice2:HPC-accede/制作(開発)手順書

HPC-accedeの制作手順を提供します。ご自身で部品を揃え、組み立て、開発(或いは改変)が出来る内容です。基礎的な電子工作、マイコンボード、Webアプリ開発の知識や技術、環境が必要となります。
その他、Webアプリのソースコードを特別に提供します。組み立て手順、利用マニュアルも公開します。

■ Choice3:HPC-accede/DIYキット

HPC-accedeを制作できるDIY(Do It Yourself)のキットを郵送します。組み立てには、電子工作の知識がある程度必要(はんだ付けが必要) となります。
その他、組み立て手順、Webアプリの設定手順、利用マニュアルをgithubにて公開します。

■ Choice4:HPC-accede/組み立て済みデバイス

電子工作の知識が0の方でもご利用頂ける組み立て済みデバイスを郵送します。また、事前にご利用の環境を確認(Web会議30分程度を想定)し、配線ケーブルの長さやマイコンボードへの電源供給方法については、利用環境に合わせて設定できます。
その他、Webアプリの設定手順、利用マニュアルをgithubにて公開します。

■ 資金の使い道

HPC-accede の制作に必要な内容物の購入資金、リターンの送料、手順やマニュアルの作成人件費に利用します。また、Choice3の場合は、組み立て費用、相談聞き取りの費用を含みます。


Wake on LAN を利用したプロダクトではありません。
PCマザーボードのフロントパネルコネクタ(10-1ピン )の「PWR BTN(電源ボタン)」に接続して利用します。(接続が可能であれば、自作PCでなくても利用できます。)
マイコンボード(Obniz)への電源供給は、マザーボードのUSB2.0(9ピン)コネクタからを想定しています。(マザーボードで接続する空きが必要です。)
マイコンボード(Obniz)は、WiFiにてインターネットに接続する必要があります。
あらかじめ、BIOSにてUSB給電をONに設定する必要があります。(PC電源が入っていなくてもUSB給電できる必要があります。)
※WebアプリはGoogle Chrome(最新)、Safari(最新)での動作を確認しています。
※購入頂いた方へは、不明点などメールにてご相談承ります。

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/02/12 00:21

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/12/18 20:31

    ※リモート電源ONのデモです。Webアプリから「電源ON」でPC起動できてる。※時間起動のデモです。月曜「18:58」起動に設定→「18:58」になったらPC起動します。起動に20秒~30秒程度のラグがあるけど、、、ちゃんと動くことは確認頂けるかと。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください