▼新型コロナにも水害にも負けないぞ!

茶びんは、熊本県人吉市で65年の長い間、和洋中華のレストランとして親しまれてきたお店です。名物の餃子は、多くのファンに愛されてきました。2018年にはミシュランガイドブックにも掲載いただきました。残念ながら高齢化とコロナ禍で、2020年に惜しまれながら廃業となってしまいました。最終日には、コロナにもかかわらず長い列ができるほど人気で、多くの方に惜しまれつつ・・・

廃業の後、肩を落としている両親の胸の内をはかると、このまま「和洋中華・茶びん」をなくしてしまっていいのだろうか・・と思うようになりました。悩んだ末、私が両親にかわり、再びこの味を世に送ろうと決意し、このクラウドファンディングを開始することにしました。 北島和永(きたじま・かずえ)


▼ 愛されてきた茶びん

茶びんは、地元の人ばかりでなく、遠くからもわざわざお越しいただき、たくさんの方に愛していただきました。おかげさまで、ミシュランガイドブックにも掲載していただきました。

また、芸能人も多くご来店いただき、テレビなどのメディアにも多く取り上げていただきました。


        しかし・・・


令和2年3月末日、新型コロナウイルスの影響と両親の高齢化で、創業65年の歴史と暖簾に幕を閉じることになってしまいました。地域の皆様に惜しまれながら・・・・。

閉店後、これまでのお客様から「茶びんの餃子が食べれなくなる」、「人吉の名物が無くなる」、「是非また餃子が食べたい」とのありがたいお声をたくさんいただきました。

両親が紡いできた茶びんの味と歴史を思い、数多くのファンの皆様のお気持ちを思い、悩んだ末に、私が中心となり、父母をはじめみんなで力を合わせて、茶びんの味を復活させる決意をしました。

 そんな矢先、その決意に追い討ちをかけたのが、人吉・球磨地方を襲った7月豪雨災害です。大豪雨により人吉市内は壊滅状態で、住みよい小京都の街、人吉市内の姿は、悲しくも変わり果てしまいました。
店舗も床上浸水で被災し、営業できない状態で、店舗再建は難しいとの判断により、店舗解体となり、現在では、更地になってしまい、和洋中華茶びんは、跡形もなく無くなってしまいました。


▼茶びんを応援くださるかたの声

これまで、茶びんを利用していただいたみなさまからこんな声を多くいただきました。

//////    地元の人  ////////

○ 茶びんが人吉から無くなり、残念でなりません。私らは、両親の時代から茶びんさんが提供する料理を食べて育ちました。家族の記念日には、茶びんに食事に行くのが家族の楽しみでもあり、ご褒美でした。茶びんが復活して、あの有名な「茶びんのニラ餃子」がまた食べられると思うと、今からワクワクしています。微力ながら心から応援させて貰います。

○ 私は、人吉に仕事やプライベートで来たら、看板女将の京子母さんに元気を貰うために、必ず食事に行っていました。この度のコロナ、洪水の影響で店舗が無くなり、店の前を通りかかったら以前の面影もなく、寂しくて仕方ありませんでした。茶びんの復活!心から応援したいと思います。

○ 茶びんは人吉の名店舗、大事なお客様を接待するのには、必ず茶びんへ連れて行けばまず間違いなし!はじめは、レトロなお店に連れて行かれて戸惑われますが、出される料理の味はこれまた絶品!餃子はお持ち帰りでいつもお土産にしていました。

○ 茶びん!餃子が復活?待ち遠しいです。また、あの絶妙な餃子を食べて元気を出したいです。


///////  著名人   //////////

○ 三国の妻です!

生前、三国がこよなく愛した茶びんさんが閉業された話を聞きました。女将には定期的に餃子を東京に送って貰っています。家族とも共、今後も餃子を堪能したいですね。私たちの力で茶びんを支援して行きましょう!


○  TKU若っ人ランド出演中の「おがっち!」こと緒方由美です!  和洋中華・茶びんさんは、テレビ収録等たくさんお世話になりまして、閉業の際には、お店のお手伝いなど大変貴重な経験をさせて頂きました。

その際にもお客様からの惜しむ声、温かいお声を聞き、茶びんさんはお客様に愛されているお店なんだなぁと改めて実感致しました。また、女将さんには、プライベートでも大変お世話になりました。私も茶びんさんが無くなったのは非常に残念でたまりませんでした。

是非、このクラウドファンティングで支援できることなら、また、応援させて頂きます。また「日本一の餃子」を食べれることを心から祈念しております。


○ 俳優の中原さん

こよなく愛した「茶びん」 何と心に残る店名だろう。この店は間違い無く絶対に美味い。確信して入り、正にその通りであった。 
   味の良さ、そして女将さんと旦那さんの人柄の良さに惹かれて帰省の折には必ず通った。 2020年春、店を閉じられて二度と茶びんの餃子は食べることが出来ないと残念に思っていたが、息子の奥様の元で新たに蘇ると聞いた。これは嬉しいニュースだ。 国中世界中をコロナが渦巻き、更に人吉·球磨郡は大水害に襲われた。「茶びん」の復活が故郷の皆さんの励みになり、道標のひとつに成ることを切に願っている。美味い食は口の中で笑顔と変わり、喜びとなり、明日への生きる希望にもなるのだ。                                          中原丈雄

中原さんは、実は人吉のご出身。 ドラマなどで渋い演技がしびれます。茶びんにもなんどか起こしいただき、ご贔屓にしていただいております。今回も、東京から応援してくださっています。

/////  東京の人 ////////

○ 私は、東京在住の餃子大好き娘です!以前、熊本に旅行に行った際、人吉の球磨川近くのホテルに宿泊した際、美味しいお店を紹介して下さい。と話をしたところ、一番最初の紹介されたのが「茶びん」さんでした。昭和の雰囲気漂うレトロなお店で、まずびっくりしたのが、メニューの多さでした。そして元気いっぱいの女将さんの話し声と接待に感動しました!それからのおつきあいで、定期的に冷凍餃子を東京に送って貰っていました。今年7月の熊本大洪水もかなり心配致しました。餃子の復活の話を聞き心から嬉しく思いました。東京にも全国にも需要はあります!是非、茶びんの餃子復活を支援して、美味しい餃子、「日本一の餃子」堪能したいです。私も支援者の一人です!


▼復活への道しるべ

私ら家族は、両親のこれまでお客様に対する愛情と思いやり、笑顔の提供を途絶えさせてはいけないと心から痛感し、どのように復興すればいいか悩み、新たな方法(冷凍ぎょうざの宅配)からスタートすることにしました。まずは、茶びんの餃子の復活で、人吉・球磨地方に活気を取り戻せたら、両親も喜ぶはずです。(一度は引退を決めた両親も、復活にむけ力を注ぐ思いで張り切っています)

かならず、日本中の方々に愛された「茶びんの餃子」を復活させます。
和洋中華茶びんの復活の第一歩へ!「茶びんの餃子」を再度皆様に提供できるように頑張って参ります。



和洋中華・茶びん復活プロジェクト

これまで、両親がお客様へ提供して来た餃子は、お陰様で多くの方々にリピートされ、人吉に旅行に来られた方に紹介される店舗とまでなり、来られたお客様は、口を揃えて「うまかった!また来ます」と話して帰られてました。裏話ですが、閉店後も両親は、隠居傍らで餃子を作り、これまで、被災した際に、支援されて来られた方にせめてものお礼として、無償で配っていました。これまで、愛されて来られた方に、どうにか今まで同様に提供出来るようにしたいと家族で検討しました。まずは、餃子の生産を復活させます。そして、最終的には、人吉にイートインの茶びんを復活したいと熱望しております。

・両親のレシピもとに業者委託製造(すでに委託製造予定です。)

・自宅での餃子製造ラインの構築(現在検討中です)

・熊本近県等の観光施設での冷凍餃子販売(これから)

・他店舗でのイートイン契約(これから)

現在、両親の作り上げた伝説の茶びんの餃子レシピをそのまま継承し、生産復活を行い、茶びん復活プロジェクトをスタートしました。


▼冷凍餃子の宅配サービスから復活のスタート

日本一の茶びんの餃子の復活と冷凍販売に取り組み、日本一の餃子を提供し、お客様に笑顔を取り戻させて、活気ある人吉・球磨地方の元気玉となることを目的としています。

 茶びん復活のため、まずは、みなさまに愛されてきた餃子を復活させ、冷凍ぎょうざを宅配することから始めることにしました。

父母が守ってきた茶びん餃子のレシピをもとに、熊本県人吉市内に工場を設けて冷凍餃子を作り、それをお客様のもとに届けるのです。


▼ 茶びん餃子のこだわり

茶びんの餃子!全国には数多くの餃子が販売されておりますが、茶びんの餃子は、手作りでニラたっぷりの餃子で、皮はパリッともっちりで、ニラと牛肉とのコラボは絶妙でうま味がジュワーとでてきて、何個でも食べれる絶妙な餃子で、門外不出の一品であります。

 創業以来、具材の調整はありましたが、創業65年県産地元ニラをたっぷり使った餃子は、日本一の餃子であります。

和洋中華・茶びんの餃子は、皮はパリッとモチモチで、地元産ニラをこれでもかと言うくらい使い、牛肉、ニンニク、門外不出秘伝の味付けで、他の餃子とは全く違う味わいと美味しさを醸し出した、日本一の絶品の餃子です。


▼ リターンのご紹介

ご支いただいたみなさまには、茶びん餃子を冷凍餃子の形でご家庭にお届けします。

   ・冷凍餃子10人前

   ・冷凍餃子5人前

   ・冷凍餃子3人前

   ・和洋中華・茶びんオリジナルTシャツ

   ・和洋中華オリジナルステッカー

  等々    ※【餃子1人前    7個】


▼ 資金の使い道・スケジュール

ご支援いただいた資金は、下記のような使い道を考えています。

 ・茶びん餃子復活のために資機材の調達

 ・茶びん餃子製造に伴う環境構築

 ・リターンの手配

等に使わせていただき、茶びん餃子の販売復活を目指します!


▼ 最後に

 私の両親は満面の笑顔と元気な"いらっしゃい”の掛け声で、お客様をお迎えし、父は絶妙な味付けの料理で、母は親しみ溢れるトークで店内を和ませ、いつもお客様の笑顔を求めて、65年和洋中華茶びんの暖簾をまもり続けてました。そして、地域に愛され、お客様に可愛がられ、人吉に茶びんあり!と記憶に残る店舗となりました。

 お客様の多くが、帰りぎわ、至福の笑顔で「おじちゃん、おばちゃん、うまかったばい!また、来るけんねん。」と言葉を残して変えられていました。そんなお客様の姿を見て喜んでいる両親の後姿をみながら、私たちは育ちました。

 しかし、新型コロナウイルス、人吉・球磨地方大洪水で閉店をよぎなくされてしましました。

 私は、閉店後、ハリをなくした両親を見るにつけ、また復活をのぞむ多くの方の声をきくにつけ、このまま茶びんの餃子を絶やしてはいけないと思うようになりました。そして、悩んだ末、和洋中華・茶びん復活させることを決意しました。

 皆様にこよなく愛された「茶びんの餃子」を復活させたく、そして被災したこの人吉の街に笑顔と地域の絆を再生したいと思いました。道のりは困難かもしれませんが、母が言う「日本一うまい餃子」を復活させ、これまでのお越し頂いたお客様や地域の皆様に再度提供したいのです。

 今の私にあるものは、父の残してくれた秘伝のレシピ、多くのみなさんからの声援、そして必ず復活させるという根拠の無い思い込みだけです。皆様のお力を是非おかしください。宜しくお願い致します。


▼<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください