世界は人で作られている!
だからこそ、人と人を繋いで、世の中を面白く変えたいんや!!

この想いから、大阪屈指のビジネス街、本町に生まれた「コンセントカフェ」

入場料2時間500円(税別)、全50席コンセント完備、Wi-Fiも繋ぎ放題フリードリンク付きの時間制

カフェオーナーは村井順一48歳
サラリーマン時代に経験した「コンセントが無くてめちゃくちゃ困った」問題を解消したい。

「電源」だけでなく、さらには人と人がつながる場にもしたいという想いも「コンセントカフェ」の名に刻まれている


「コンセントカフェ」は単に飲み食いするだけのカフェではない、リモートワークをするだけのカフェでもない。

・シェフに挑戦できる『日替りシェフランチ』
・BARのマスターやスナックのママ体験ができる『日替りマスター&ママ』
・定休日に店舗経営にトライすることができる『サンデーオープン』
・スキルを持った人たちが挑戦できる屋内型マルシェ『ぷらっとコンセント』
・ご自身のパフォーマンスを発表できるLIVEイベント『妄想⁉︎素人名人会』

なども運営。



最近では、youtubeチャンネルを運営して、お客様を深掘りする番組を配信したり、有料ファンクラブ「コンセントカゾク」を運営したりしています。


ところが…

コロナ禍で、ターゲットとしているオフィスワーカーのリモートワークへの移行、レンタルスペースでのイベント開催の中止など、飲食店には逆風の嵐…

「人と人を繋いで、世の中を面白く変えたいんや!!」という、オーナー村井が「コンセントカフェ」に託した願いの火を消したくない!

この想いに賛同したプロジェクトメンバーが結集、書籍出版プロジェクトはスタートしました。


あっ、ご挨拶がだいぶ遅れました…汗
はじめまして「コンセントカフェ」オーナーの村井順一と申します。


「世界は人で作られている!人と人を繋いで、世の中を面白く変えたいんや」
この想いを貫くことが、どんな可能性を開いていくれるのかをみなさんに伝えたい!

そこで、今回は「コンセントカフェ」オーナー村井の半生を赤裸々に記し、これからのビジョンを1冊の書籍にまとめて出版するプロジェクトです。

このプロジェクトは、大阪にある「コンセントカフェ」という私が経営している1つの店舗を支えていただくだけでなく、「人と人を繋ぎたい!」それがビジネスになったらどんなに素晴らしいことだろうと感じている、未来の潜在的「コンセントカフェオーナー」の方のためにも役立つと信じています。


コンセントカフェの「全席電源あり」という座組は、単なる便利さの提供を意図していたわけではありません。

コンセントは「自分を表現したい人」にとっての活動の場を提供したいがために全席に配置しました。
Wi-Fiつなぎ放題も同様です。


・会社員をしながら、自分自身の才能を活かした副業を始めてみたい
・誰にも話したことのなかった夢を話して、可能性を広げたい
・自分のつくった商品を多くの人に知ってもらいたい
・スキルを活かして誰かの役に立ちたい


そんな方々が、自分を表現する場所としてのカフェが存在することで、街が活性化する、社会が優しくなる、ご縁に感謝しながら自分自身も活躍できる場。


「電源も、インターネットも、人と人も繋がる」=「コンセント」
それが「コンセントカフェ」です。


電源やWi-Fiを完備させるだけでなく、「人と人が繋がる工夫を散りばめ」、企画を打ち出していくプラットフォームになることが、コンセントカフェの本質です。

繰り返しになりますが、このプロジェクトでは、私、村井の半生を振り返り、これからのビジョンを語りながら、自分自身をさらけだすことが「ご縁つなぎ」の場を生み出していきたいと願う方の参考にもなり、このような空間が日本全国に広がってほしいという願いから書籍の出版に挑戦します。

※今回のクラウドファンディングは、アイカラーズ出版の販売許可を頂いた上で実施しております。


この書籍を通じて、コロナ禍でも逞しく、生きながらえようとしているコンセントカフェの存在、さらには、コンセントカフェのオーナーの村井を、とことん知っていただき、読者の方々の自身のくすぶっているチャレンジ精神に、再度火をつけて、人と人が繋がることで世の中が面白く変わることを証明したい。


コロナ禍で大打撃を受けた店舗を立て直すため、それが発端でした。

苦境にあえぐ私を見て、多くの人が助けの手を差し伸べてくれました。
村井の想いをもっと多くの方に知って欲しいと、手を挙げてくれたのです。

一見、単なるカフェのマスター。

でも、こんなことを考え、こんなことを想い、こんなことをしてるんやぞってことが、世の中に伝わることで、もしかしたら社会が少し変わるのかも知れない。

「今のコンセントカフェ、今の私に辿り着くには、すべての過去が繋がっているので、知られざる私の物語を世にお届けしたい」


「そして、このコロナ禍で経営がピンチな中、夢を諦めず笑顔で人繋ぎを楽しみ続ける想い・志を書に乗せたい」

そんな想いでいます。


『ご縁で逆境をひっくり返せ!〜人と人がつながったら世の中ぜったいおもろなる!〜』は、多くの方の希望になると確信しています!




・電子書籍と紙の書籍(POD)の出版 500,000円
・クラウドファンディング手数料 300,000円
・発送費用を含めた経費 100,000円
・未来のコンセントカフェオーナーへの出張面談と時短営業要請される店舗の運転資金 600,000円

合計1,500,000円


リターン詳細はこちらをご覧下さい。
https://camp-fire.jp/projects/344861/activities/222255#main


お問い合わせが多かったことをQ&Aにしてまとめております。
https://camp-fire.jp/projects/344861/activities/222264#main







    松川由佳note  コンセントカフェ奮闘観察日記


私たちは、人のスキルが他の人の役に立つことはないのだろうか?など、いつも妄想している、いわゆる妄想族です。

そんな妄想族でも、実際に、来店されたお客様同志をお繋ぎすることで、お仕事につながったり、「私、舞台女優になりたいんです」という学生さんを脚本家さんとお繋ぎしたり、AIとは異なるアプローチで、人の熱量や、相性の部分など、人の感性にしか感じ得ない心の動きを見て、お繋ぎさせていただいております。

我々が目指すべき人繋ぎは、「アメリカの教会」なんです。
*最近、うちのカゾクのnoteでこの表現があって、それから、オマージュさせていただいております🙇‍♂️

いきなり「アメリカ」?「教会」?と思われるかもですが…

アメリカの教会は、地域で人と人がつながる場として、とても大切な機能を持っているらしいんですね。
ミサの前後には歌を歌ったり(天使にラブソングを、のようなイメージ)、スクリーンで映像をみたりと、なんでもアリだそう。ミサの日以外にも、読書を楽しむ会だとか、交流会とか、いろんな集まりが教会で行われているそうで…

えっ、これって、コンセントカフェそのものじゃん!!

歌は「妄想素人名人会」、スクリーンで映像は「映画鑑賞会」、交流会「コンセントMTG」、マルシェ「ぷらっとコンセント」などなど…

そんな人と人が繋がる場として、まだまだコンセントカフェとして、価値を生み出すことは可能だし、そこを必要とする人がいるのも事実。

そういった、みなさんの心の闇を少しでも、村井のフィルターを通して、新しい自分を見出すお手伝いをしたいと考えております。

そして、コンセントカフェの将来は、私のようなコネクター、いわゆる人繋ぎが得意な人を発掘、育成したいと考えています。

そんな能力を持った人が世の中に溢れ、その人たちがコネクターとして活躍できるコンセントカフェが全国、全世界に展開することで、コーヒー飲むならス◯バ、悩み事があるならコンセントカフェみたいな潮流を作りたい。

それが実現できれば、社会全体での孤立もなくなり、優しさが溢れる世界が生まれると確信しています。


🔌本プロジェクトはAll-in方式で実施します🔌
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください