はじめに

こんにちは!

このプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。私たちTre-Share(トレシェア)は「地域の宝物をあなたに」というテーマのもと、各地域の中高生が中心となって私たち東京の大学生と地元の宝物を見つける活動をしています。

☆トレシェアの活動をもっと詳しく知りたい方はこちら! Tre-Share公式ホームページ


今回は金属加工の町として有名な新潟県燕三条を訪れ、「山崎金属工業の『ASSAR』」 を発見しました。


シンプルで、どこか愛くるしいデザイン

株式会社山崎金属工業(以下・山崎金属工業)にはいくつかのシリーズがありますが、『ASSAR(アッサー)』というシリーズは「いつもの食事を、特別なひとときに」という想いのもと開発されました。『ASSAR』という商品名の由来は1日の始まりである朝に、何かに挑戦する意欲を後押しする存在でありたい。」というもの。こだわり抜かれたデザインからはそんな開発者の想いをみることができます。

まず一番に目につくのは、コロッとした愛くるしいフォルム。シリアルやお粥、スープ、スクランブルエッグなど、多様な食事に対応出来る様にデザインされています。また、食器を洗う手間を少しでも短縮できるようにフォルムがシンプルに設計されています。


© 2021 YAMAZAKI KINZOKU KOGYO Co.,Ltd.どこか惹かれる可愛さがあるというデザイン性だけでなく、どんな食べ物にも使える優れた形状がASSARの特徴です。


持ち運べるカトラリー!

また、ASSARは用のケースに入れて持ち運ぶことが出来ます。環境問題についての意識が高まり、マイバッグやマイストローが当たり前になった時代。カトラリーだって自分だけのものがあったら素敵ですよね。ASSARを持ち運んで環境に優しい生活を送ってみてはいかがでしょうか?

© 2021 YAMAZAKI KINZOKU KOGYO Co.,Ltd.



手間をかけているから出せる光沢感

さらに『ASSAR』の特徴は、その鏡のような艶やかな光沢感にあります。しかし、この輝くカトラリーを完成させることは、そう簡単ではありません。素材選びから、成型加工、さらに磨きの工程といったすべての工程にこだわりがあります。

一般的なカトラリーでは約10工程ほどとされる磨きの工程ですが、山崎金属工業では熟練の職人により、35工程、デザインによっては50以上の工程をかけてつくられています。特にこだわられているのが研磨の工程。まだ完成形となっていない素材の段階で研磨を行うことで傷や穴を消したきれいな下地の状態を作ることができます。この工程を加えることによって最後の研磨の際により輝きがでて、黒光りするような美しい輝きが出ます。ASSARは面が広い設計のため、特に気を使って磨きの工程が行われています。さらに加熱処理を行って、ようやくこの上質な艶やかでしっとりとした光沢に出会えるのです。

© 2021 YAMAZAKI KINZOKU KOGYO Co.,Ltd.

また、滑らか、かつ艶やかな仕上がりを追求するのは、見栄えのためだけではありません。

実はスプーンは「最も怪我をする確率の高いカトラリー」だと知っていましたか?スプーンはフォークやナイフよりも直接口に入れることが多いため、最も怪我をする確立が高いと言われています。だからこそ、安全性を高めるためにも磨きの工程に手間をかけ、より滑らかな表面にすることにこだわって製造されています。

長年、洋食器の製造に関わってきたからこそ実現できた、こだわりの光沢をお楽しみください。

© 2021 YAMAZAKI KINZOKU KOGYO Co.,Ltd.


ノーベル賞晩餐会のカトラリーを作る会社!

『ASSAR』 を製造するのは、創業100年以上の歴史を持ち長年洋食器製造に携わっている老舗カトラリーメーカー山崎金属工業。実はノーベル賞の晩餐会のカトラリーを製造するような、世界から注目されている会社なんです!

山崎金属工業のカトラリーが使用されたのは、なんとノーベル賞90周年という記念の年。この節目の年にノーベル財団が、オリジナルデザインのテーブルウェアでもてなそうと計画されました。このプロジェクトのデザイン担当だったのが、クリスタルデザイナーのゴナ・セリン氏。山崎金属工業の社長は彼と古くから親交があり、その縁あってカトラリーを山崎金属工業が担当することになったのです。シンプルながらも厚みのあるノーベルオリジナルカトラリーは、北欧らしいデザイン。さらに、肉よりも魚を多く食べるスウェーデンの文化に合わせ、魚用カトラリーを際立たせるなど多くのこだわりが詰まっています。会場では絶賛の声があがり、なんと晩餐会の翌日にはスウェーデンの王妃殿下に拝謁する機会が設けられるほどに高い評価を受けました。

☆山崎金属工業のことをもっと詳しく知りたい方はこちら! Tre-Share公式HP『山崎金属工業』


『ASSAR』を実際に使ってみました!

今回、ASSAR スプーンS&フォークSを使用して、ヨーグルトやサラダを食べてみました!

スプーンを使ってヨーグルトを食べる

フォークを使ってサラダを食べる

この愛らしいデザイン、使うだけでワクワクします。さらに、山崎金属工業だからこそ実現できる光沢のある艶は普段の何気ない食事を贅沢に感じさせてくれました。

一見すると重そうに見える金属のスプーンとフォークですが、使い心地も抜群です。とてもなめらかな触り心地と、ほど良い重量感で、手にフィットします。女性の手にも収まる、このサイズ感もおすすめしたいポイントです。今まであまり使ったことのないデザインで食べにくいかな...と心配していましたがその心配もいりませんでした。実際に使用してみると簡単に食材をすくうことができました。

さらに、「ASSAR」は持ち運び用のケースもついています。コンパクトなため小さなカバンにも入るし、仕事場のデスクに潜ませておいても邪魔にはなりません。お弁当セットに加えてもちょうどいいサイズです。環境問題やSDGsが社会的に注目されている今だからこそ、ストローやレジ袋だけでなくカトラリーも持ち運んだらもっと環境に優しくなるのではないでしょうか?それだけでなく、オシャレで可愛らしいデザインは愛着がわいてきます。仕事の合間の昼食の時間。疲れた体で空腹を満たすためだけのものになりがちですが、「ASSAR」を使用してそんな時間をちょっと特別なものにしてほしいと思います。そして、午後からの仕事も元気に前向きな気持ちで頑張ってほしい!そんな思いからこの商品をお届けします。


私たちがお届けする商品について

© 2021 YAMAZAKI KINZOKU KOGYO Co.,Ltd.

© 2021 YAMAZAKI KINZOKU KOGYO Co.,Ltd.


【ASSAR スプーンS&フォークS】

ケースカラー:ブルー、イエロー、ホワイト

※スプーンとフォークごとにケースが付いてきます。

※お届けするカラーはお選びいただけません。ご了承ください。

サイズ:140mm

2,970円(消費税+送料330円含む)


コラム─Tre-Share説明会─

私達は、新潟県・燕三条を訪れ、今後一緒に活動をする「新潟県立燕中等教育学校」の生徒さんに向けて、説明会を行いました。

「10名でも集まってくれればいいな…」そんな不安な思いで説明会当日を迎えた私達ですが、いざ会場に付くとそこには想像以上の20人を超える中高生たちが、説明会に足を運んでくれていました。本当に驚きましたが、私たちの活動に興味を持ってくれてとても嬉しい気持ちになりました!

この説明会では「トレシェアとはどんな活動なのか」「この活動を通してどんなことを目指しているのか」「中高生の皆さんには何をしてもらうのか」などについてお話ししました。中高生たちが興味津々で話をきいてくれ、話している私達も自然と熱が入ってしまいました。

説明会の後は、少人数のグループに分かれ、大学生と高校生とで座談会を行いました。直接話したからこそ、地元・燕三条や将来についての中高生の内に秘めた熱い思いを聞くことができました。「私達が中高生の頃はそんなこと考えもしなかったな…」と感心させられることが多々あり、とても充実した時間になりました!また、大学生活や将来の進路について相談を受け、嬉しくなってついつい先輩面をしてしまう私達大学生でした…(笑)


いかがでしたか?

これからもトレシェアは、地域の皆さんの思いを全国にお伝えします!

第2弾もどうぞお楽しみに!


Tre-Shareについて

Tre-Share特設ページは【こちら】!

他にも2つプロジェクトを実施し、燕三条の宝物をお届けしています。ぜひ特設ページからチェックしてみてください!

【"毎日使いたくなる軽さ"を追求した"世界一軽い"鋳物ホーロー鍋『UNILLOY』:株式会社三条特殊鋳工所】

【ステンレス×折り紙!?プロダクトデザイン賞を受賞した包丁『ORIGAMI』:藤次郎株式会社】


募集方式について

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


特定商取引法に関する記載

〇事業者名称:かけわ株式会社

〇運営統括責任者名:岡田天太

〇お問い合わせ先:千葉県香取市堀之内2298番地

〇メールアドレス:info@kakewa.work

  • 2021/02/18 13:51

    こんにちは!プロジェクトオーナーのTre-Share(トレシェア)です。ついにクラウドファンディングがスタートしました!開始から1日が経ちますが、早速ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます!そして昨日のリリース以降、幸せなことに多くのサイトにて活動を掲載していただきましたので、一部ご...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください