ホリエモン主演・プロデュースミュージカル『クリスマスキャロル』


ホリエモンが提案する掟破りのミュージカル「クリスマスキャロル」


***★****************☆★******

会場に行ける人も、行けない人も、みんなで盛り上げよう!

************★*************☆*


ホリエモンが提案する掟破りのミュージカル!!!

1. 聖夜の奇跡のコラボ「食 × 劇」が実現!


2. 豪華キャスト(寺本莉緒、仲野温など)が出演!


3. 毎公演変わるスペシャルゲスト!


☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

おすすめリターンをご紹介


1.チェキ付きキャスト動画権

 ご希望のキャストのチェキと動画がもらえるセット。動画中では好きなキャストから名前を呼んでもらえます! (一部キャストから選択)

2. サイン付きクリキャロ絵本

 舞台クリスマスキャロルが絵本になったのをご存じですか? ご希望のキャストのサイン付き絵本がもらえます!サイン付き絵本がもらえるのはここだけ!! (一部キャストから選択)

3.【堀江貴文講演会権利付き!!】アリーナ席60枚チケット

 アリーナ席60席のお値段で堀江貴文講演会権利が付いてくるお得すぎるリターン!すでに人気の日程は埋まり始めているので、お早めにどうぞ! 


その他、キャストが使用したサイン入り小道具もあるので、お気に入りのキャストの出品を確認してみてください!

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆


日程


〈東京〉東京キネマ倶楽部 12月9日(水)〜15日(火)


〈神戸〉クラブ月世界 12月24日(木),25日(金)

☆★公演の詳細はこちら★☆

★☆公演のチケットはこちらから☆★

☆★ツイキャスライブ配信はこちらから★☆


☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆


「食 × 劇」


 ・演劇のアップデートを目指しホリエモンが提案する前代未聞のスペシャルコラボ!


 ・15万円のVIPチケットから100万円を超える講演会付き特別チケットまで、高額チケットから完売していく面白いミュージカル!


 ・豪華料理のフルコースやワインを楽しみながら、笑いあり涙ありでお届けする最高に忘れられない一日を!


豪華キャスト


 主人公(スクルージ)役:ホリエモン(堀江貴文)


 主人公の恋人(ケイト)役:寺本莉緒


 スクルージの青年時代役:仲野温


 脚本・演出・作詞・音楽・大天使ミカエル役:湯澤幸一郎


 天使ガブリエル役:横山智佐

 マークミラー役:澤田拓郎

 天使ウリエル役:とまん    

 マッケンジー役:飯窪春菜    

 トニーベイカー役:Eddie(エディ)    

 ベティ役:田代明(劇団4ドル50セント)    

 ロバート役:別紙慶一    

 パティ役:関根優那    

 天使ラファエル役:佐藤望美    

 ユミ役:朝光ゆみ

 ココナ役:ココナ

 アンサンブル:山田清美、りぷ、宜野座麻鈴、福元あかり、いなり



スペシャルゲスト


ラファエル/西野亮廣(キングコング)/見城徹(幻冬舎)/みのるチャチャチャ♪/ダイノジ(大谷ノブ彦)/エハラマサヒロ/乙武洋匡/MINMI/立花孝志/鴨頭嘉人/ず〜まだんけ/村重杏奈  他近日発表


物語
原作はチャールズ・ディケンズの小説「クリスマスキャロル」で200年以上も前から世界中で愛される名作。
クリスマスを祝わせたら、この人の右に出る者はいないと言われるのは、スクルージ家の主、エビニーザスクージ。
孫のパティはクリスマスのお祝いに一生懸命なおじいちゃんに呆れ気味。
「なんでクリスマスなんかに散財ばかりするの!?」
腰掛けたエビニーザ·スクルージはゆっくりと語り始めた。
それはカリスマ経営者として持ち上げられ、満ち足りた生活をおくっているかのようにみえた青年時代のクリスマスに起こったとある出来事がきっかけだった。


拝金主義だった青年時代のスクルージが、クリスマスに散財するまでになったある出来事とは…。


重なって見える青年時代のスクルージと、若きカリスマ経営者だったホリエモン。
このホリエモンが、ある出来事により変わりおじいちゃんになったスクルージをどのように演じるのかがひとつの見どころである。
また、現在のホリエモンが青年時代のスクルージをどのように見るのかも気になるところだ。



☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆


堀江貴文から一言


 「クリスマスキャロル」は今年で4回目を迎えるが、演劇を見る人は数千円を払って「飲まず食わずでじっとみる」という文化ができている。本来の演劇の楽しみ方は「ご飯を食べながらワイワイしながら」というスタイルであった。しかし、いつしか周りの目を気にするようになり、本来の演劇の楽しみ方が失われてしまっている。演劇のスタイルを再考し、新しい価値を生み出したのは本ミュージカルである。


☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

注意事項

※サイン付きのグッズや動画権はキャスト購入後の追加・変更はいたしかねますので、ご支援前に必ずオプションや備考欄の記載をご確認ください。また、運営で不適切と判断した場合、備考欄にご入力いただいたお名前を記載できない場合がございますので、予めご了承ください。(その場合、サインのみとなります。)

★☆公演のチケットはこちらから☆★



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください