はじめに・ご挨拶

はじめまして。

保護猫活動 にゃーおんとして活動をしています。

現在、高校2年の若林 海音(わかばやし みお)と言います。

よろしくお願いします。


プロジェクトをやろうと思った理由

猫に関わるきっかけは、近所で外猫ちゃんにご飯をあげている方がおられてその方に声を掛けられ、不妊手術もせず増え続けている状況に何も思わず、「可愛い!ねこ天国!」と思い、私もご飯をあげはじめました。

その後、2017年6月2日に可愛がっていたネコのちもちゃん♂が交通事故で亡くなり、ちもちゃんから命の大切さを教えてもらい「これ以上こんなコを増やしたくない!」と思い活動をはじめました。


活動していく中で、困っている事は、2つあります。

お金の問題と、活動している人数に関する問題です。

1つ目のお金に関して、餌代・医療費が月々10万円以上かかります。一緒にお世話をしている方々から寄付などを受けていますが、足りないのが現状です。

現在の私の収入は、猫たちの世話もあるため、アルバイトをするにしても、短時間のアルバイトしか受けれません。その為、現在の給料だけでは足りず、活動は、両親にサポートをしてもらっています。私の想いを知ってくれているとはいえ、凄い負担をかけている事に、申し訳なくおもっています。

2つ目の活動している人数に関する問題は、今のにゃーおんの構成メンバーが私とボランティアさんの2名だけという事です。地域の人も協力はしていただけていますが、手が足らないのが現状です。

自分たちだけでは、やれることに限界があるのは、日々感じている事で、もっと多くの人に活動をしってもらい、猫の保護についても考えて頂けたら、地域の猫たちにとっても良いし、活動が広まっていけば、自分の地域以外の猫たちにとっても良い結果になっていくので、そうなってくれたら、嬉しいです。


クラファンでは、その二つが実現できると考えて、今回、挑戦させていただくことにしました。



これまでの活動

現在、にゃーおんでは外猫ちゃんが5匹、保護猫ちゃんが16匹(計21匹)をお世話しています。

外猫ちゃん達の不妊手術をして地域猫として地域の方に見守って頂きながらお世話をしています。

その地域猫(外猫)ちゃん達を順番に保護をして、検便、ノミダニ、お腹の虫の駆除、エイズ・白血病検査、尿検査などの初期医療をしてから里親さんにつなげています。

外猫ちゃんも保護猫ちゃんも里親さんが決まるまでか、里親が見つからなかった場合も活動を続けたいと思ってます。

猫エイズのコが多いため外猫も保護猫も健康面にも気づかったフードをあげています。

また、慢性的な軟便、アレルギー、体質、持病などがある子達には療法食やサプリメントなども使用しています。

また、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止になり参加はできませんでしたが、市内のイベントにも毎年参加させて頂いていました。

現在は、外猫ちゃんのお世話をしながら、順番に保護をし、里親さんに繋げる活動をしています。

その他、グッズ販売なども行っています。


不妊手術について

オスは去勢手術、メスは避妊手術と言います。

ネコは生後6ヶ月から出産可能になり、1回の出産で6匹前後の子ネコを産みます。

猫の繁殖率は"ほぼ100%"

生後わずか半年から"年2〜3回" 子猫を産み続けます。

子猫の半分がメスで、1回に6匹ずつ産むと"1年で79匹"に!

不妊手術をしないと、多頭飼育崩壊になり、不幸な猫がたくさん産まれていまいます。

外猫でも、家猫でも同じ事です。

交通事故、カラスに食べられる、餓死、虐待、殺処分など…

これ以上不幸な猫が産まれないために不妊手術は必要な事です。


今後について

クラウドファンディングで200万円の目標を達成すると1年分のお世話の費用になりますが、1年間後も継続して活動を続けていくために保護猫と暮らすシェアハウスを考えています。

シェアハウスの家は決まっていて、目標金額を達成し、多く集まった分をシェアハウスにするためのリフォーム費用にも充てさせて頂きます。

シェアハウスにする家のオーナー野竹さん、野竹さんに物件を紹介した永野さんと一緒に準備を進めています。


(右:若林海音 左:野竹聡さん)


(永野彰一さん)


シェアハウスにする物件のオーナーさんに物件を紹介した方で今回のシェアハウスのアドバイザーさんです。

今回のプロジェクトも永野さんからのアドバイスをもらって立ち上げました。


-プロフィール-

永野彰一(ながのしょういち)

1990年東京都出身。

早稲田大学法学部卒。

日本全国の戸建を引き取り、自身が大工として、どのような物件でも再生する。山林や駐車場なども含め、月に数十件を取引している。

オンラインサロン「不動産投資の極意を教えます」

https://community.camp-fire.jp/projects/view/361875

を運営し、メンバーに対して好条件の物件(マイナス物件や無料物件等)を紹介している。


本物件も永野氏の紹介により、野竹オーナーが購入することとなりました。


資金の使い道

今回、ご支援頂いた支援金は

外猫ちゃんと保護猫ちゃんのフード代、サプリメント代、トイレ(砂、ペットシーツ)代、医療費などの活動経費に使わせて頂きます。

また、一部シェアハウスにするためのリフォーム費用にも充てさせて頂きます。

その他、今回のクラウドファンディングのリターン品、手数料分にあてさせて頂きます。


応援メッセージ

地域で増えてしまった猫の保護活動、時間もお金も必要な活動です。
海音さんは、人とのコミュニケーションが普通の人よりも苦手だと本人から聞き、自分の最初に受けた印象も同じものでした。それでも活動を続けていく中では、人に協力してもらい、仲間を増やすことも必要だという考えから、積極的に苦手な部分を克服しようという意志がありました。

また、活動を継続していける体制を作れるかが課題であり、「猫のために」何ができるかを真剣に考えていました。

高校生でありながら、その活動の中心にいて、お金の面や猫たちに対しての問題を自分ごととして捉えており、本気で何とかしたいと考えていることに心を打たれ、応援したいと考えました。

(シェアハウスにする家のオーナー野竹さんより)


リターンについて



・ネコちゃんからのお礼のメッセージ&写真

・ネコちゃんの写真付お手紙

・にゃーおんのネコちゃんの写真

・メッセージカード

・ポストカード

・ボールペン

・ネコちゃんの写真入キーホルダー

・住居提供

・シェアハウス命名権

また、"支援者限定"で毎月の使用分の報告を毎月末にCAMPFIREの活動報告よりさせて頂きます。

今後の活動報告は公開で投稿します。

instagram(https://instagram.com/hogonekokatsudonyaon_miwatan?igshid=a1ydjwp3ft2v)、Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100018073813381)からもご覧頂けます。


実施スケジュール

3月1日

・クラウドファンディング公開

4月15日

・クラウドファンディング終了

5月末

・クラウドファンディングで集まった資金のお振込み

・活動報告

6月末まで

・リターン品のお届け


最後に

200万円達成で1年分のお世話にかかる費用になります。

300万円達成で猫と暮らすシェアハウスにするためのリフォーム費用になります。

外猫ちゃん達に安全で幸せな家族の元に行けるように保護猫活動 にゃーおんへのご支援よろしくお願い致します!

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください