皆さん、はじめまして。 

 あしなが学生募金事務局で活動しています、棚橋雄大(たなはしゆうだい)と申します。 

 数多くあるプロジェクトページから、本ページをご覧いただきありがとうございます。


 あしなが学生募金事務局は、毎年春と秋の年2回、全国の街頭で募金活動を実施し、これまでに11万人を超える学生の進学を支えてきました。 

 この街頭募金で集まるご寄付は年間約2億5,000万円。その全額を一般財団法人あしなが育英会(以下、あしなが育英会)へ寄付し、日本とアフリカの遺児の奨学金として使われています。 

 今年の春、この活動も第100回という節目を迎える予定でした。しかし、新型コロナウイルスの影響で、春に続き秋も街頭募金活動の中止が決まりました。街頭募金の中止により、このままでは日本とアフリカの遺児の進学という夢を救えなくなってしまいます。 

 街頭募金活動が中止となり、今年は思うような活動ができずにいましたが、クラウドファンディングなら、「”今”進学を諦めかけている遺児たちを一人でも多く救える」と思い、このページを作成しました。

あしなが学生募金 中止の記者発表(2020年2月26日、東京都千代田区)


 あしなが学生募金と出会ったのは、私が高校1年生の春(2015年4月)のことです。高校へ入学してちょうど1週間経たないときに、校内で学生募金の説明会を開催するという貼り紙を見かけました。最初は、「へぇ~」くらいの感覚で、正直興味半分な気持ちで説明会に参加しました。説明会当日、そのとき来校した先輩方が、私たちに熱い想いを語ってくれ、心を打たれたのを今でも覚えています。それから3年間の高校在学期間中は、毎年春と秋に欠かさず募金活動にボランティアスタッフとして参加しました。その当時の私の原動力は、ともに活動した先輩方の想いの熱量でした。 私たちへの優しさはもちろんのこと、それと同時に街頭で自らが経験したことや想いを訴える姿や呼びかけは、今も私の活動の熱源として心の底にあります。


 私はその後高校を卒業し、愛知県内の大学へ進学しました。入学して間もない頃、ちょうど学内でのオリエンテーションが進んでいるときに、募金活動の時から仲の良かった先輩から「今日、募金に向けた会議やるから、良かったら来ない?」とメールで誘いを受けました。大学でサークルに入ろうか迷っていた時に舞い込んできたので、迷うことなく会議に参加し、そのままあしなが学生募金事務局へ入局しました。入局後は、一スタッフとして高校時代に一緒に活動した先輩や全国の仲間とともに、遺児救済のために街頭募金活動をはじめとして、各種プログラムに取り組んでいます。また、同時に現在は広報担当として、あしなが学生募金の広報・報道業務を担当しています。


 ここまでお読みいただきありがとうございます。 

 先述の通り、私はあしなが育英会の奨学生ではありません。ですが、その時々に出会い、ともに活動してきた先輩方の後ろ姿を見て、私自身もここまで活動してきました。私にとって、あしなが学生募金での活動は今や大学生活の一部となっています。 

 これまでに出会ってきた多くの先輩方・同期・後輩と活動する中で、私自身が死別体験というバックグラウンドを持っていないということから、街頭での呼びかけであったり、高校生をはじめとするボランティアスタッフの皆さんに遺児の現状などを説明するときは、少しばかり抵抗がありました。ですが、今では仲間の理解も得られ、抵抗なく話すことができています。


 2020年はオンラインでの活動となってしまいましたが、私には入局以来変わらない活動信念があります。それは、「今日も、誰かのそばに、寄り添おう。」ということです。オンライン・オフライン、活動する場所や形態は異なっても常に後輩遺児たちのために活動し、さまざまな人たちと協力し支援を必要とする人たちの想いに寄り添い合いながら遺児支援に取り組むことです。


 現在、あしなが育英会から奨学金を借りている学生は約7,500人。コロナ禍で進学を迷っている高校生も多くいます。私自身は、幸いにもここまで順風満帆に生活を送ってきましたが、私の周りも含め、皆さんの周りにも支援を必要とする学生が多くいます。コロナ禍だからこそ、私は後輩遺児たちにより多くの”夢”実現のチャンスを届けたいと考えています。 


皆さんの想いが、後輩遺児たちの未来を変えます。 

そして、その想いの積み重ねが、後輩遺児たちにとってより良い明るい未来へと繋がります。 

今後も支援を求めている遺児たちを救うため、私は声をあげ続けます。 


皆さまの温かいご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。


本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります

<All-in方式で実施します。>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


本プロジェクトでいただきましたご支援は、病気や災害・自死で親を亡くしたり親に障がいがある家庭の学生たちの奨学金として、全額を一般財団法人あしなが育英会に寄付し、大切に使用させていただきます。

ご支援者情報を一般財団法人あしなが育英会に提供のうえ、あしなが育英会より「年間活動報告書」と「寄付金受領証明書」を発送いたします。

※GoodMorningからの支援金の入金が2021年2月頃となりますため、リターンの発送は2022年2~3月頃となります。

※①2020年中にご支援いただいた方で2020年1~12月分の活動報告書の受け取りをご希望される方、または②本プロジェクトへの寄付金の「領収書」を2021年3月以降早期に受け取りたい方がいらっしゃいましたら、備考欄にその旨をご記入ください。

※本クラウドファンディングへのご支援は税制上の優遇措置の対象とはなりません。あらかじめご注意ください。


50年の歴史を持つ、遺児支援のための募金活動に取り組む学生団体です。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金は、毎回のべ1万人のボランティアスタッフが参加する国内最大規模の募金活動で年間約2億5千万円のご寄付が寄せられます。

いただいた募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・アフリカ遺児支援事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちら https://www.ashinaga-gakuseibokin.org/

◆あしなが学生募金公式サイトよりご寄付いただいた方には、あしなが学生募金事務局より領収証とお礼状をお送りいたします。


病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀におよぶあしなが運動によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約7,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

キャンペーン特設サイトはこちら:https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください