はじめまして。この度はページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

あしなが学生募金事務局の関東エリア・栃木ブロックで活動している山本有衣子(やまもとゆいこ)といいます。よろしくお願いします。

「あしなが学生募金」は病気や災害、自死、障害などで親が働くことが困難な家庭の学生たちを支えるために、毎年春と秋の年に2回募金活動を行っています。今年は新型コロナウィルスの影響により、街頭募金が中止となりました。このページでは街頭募金の中止によって、学生が奨学金を受け取ることができないという事態を救うためのクラウドファンディングを行っています。


私はこのプロジェクトが遺児たちの不安を少しでも取り除き、今を生きる支えになってほしいと考えています。現在コロナウィルスの影響によって、以前よりも苦しい状況に置かれ、学びや夢を諦めるという選択を迫られている遺児たちがいます。ようやく掴んだ夢への一歩を手放すという選択を一人でも多くの学生たちにさせないために、そして皆さんの想いが学生たちの夢を支え、厳しい状況を乗り越える力となるようにこのクラウドファンディングに取り組んでいきたいと思っています。

     あしなが学生募金の様子(2019年10月 栃木県のJR宇都宮駅構内にて)


突然ですが、皆さんにとって「当たり前の生活」とは何ですか。1日3回食事をすること、30分運動すること、寝る前に音楽を聴くことなど一人ひとりが当たり前と思うことは違うと思います。これも当たり前のことです。そして、今年はコロナウィルスという存在が皆さんの当たり前を脅かし、今までの社会の形が大きく変化してきていることを実感していると思います。その影響は学生たちにも及んでいます。生活を支えるアルバイトの減少やオンライン授業のための環境整備などによる経済的問題、そして街頭募金の中止によって奨学金がもらえなくなってしまうのではないかという不安を抱えた学生たちがいます。

私自身、奨学金のおかげで大学進学という選択肢を得ることができ、今の大学では教育について学ぶことができています。大学進学が当たり前ではなかった私の考えの中に、進学ができる可能性を与え、将来の方向性を考える重要性に気づかせてくれた街頭募金やご寄付にありがたさを日々感じています。私と同じように奨学金のおかげで学び続けることや将来と向き合うことができている学生は大勢いると思います。その反面、奨学金という自分にとっての可能性を失ってしまうことは大きな問題でもあります。

現在の学生が持つ問題や不安を少しでも減らし、安心して学ぶことができるように皆様のご協力をお願いいたします。

サマーキャンプの写真(2019年8月 群馬県赤城にて)


本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


本プロジェクトでいただきましたご支援は、病気や災害・自死で親を亡くしたり親に障がいがある家庭の学生たちの奨学金として、全額を一般財団法人あしなが育英会に寄付し、大切に使用させていただきます。

ご支援者情報を一般財団法人あしなが育英会に提供のうえ、あしなが育英会より「年間活動報告書」と「寄付金受領証明書」を発送いたします。

※GoodMorningからの支援金の入金が2021年2月頃となりますため、リターンの発送は2022年2~3月頃となります。

※①2020年中にご支援いただいた方で2020年1~12月分の活動報告書の受け取りをご希望される方、または②本プロジェクトへの寄付金の「領収書」を2021年3月以降早期に受け取りたい方がいらっしゃいましたら、備考欄にその旨をご記入ください。

※本クラウドファンディングへのご支援は税制上の優遇措置の対象とはなりません。あらかじめご注意ください。

     あしなが学生募金の様子(2019年10月 栃木県のJR宇都宮駅構内にて)



あしなが学生募金とは、50年の歴史を持つ、遺児支援のための募金活動に取り組む学生団体です。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金は、毎回のべ1万人のボランティアスタッフが参加する国内最大規模の募金活動で年間約2億5千万円のご寄付が寄せられます。
いただいた募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・アフリカ遺児支援事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga-gakuseibokin.org/

◆あしなが学生募金公式サイトよりご寄付いただいた方には、あしなが学生募金事務局より領収証とお礼状をお送りいたします。

あしなが学生募金の様子(2019年10月 栃木県のJR宇都宮駅構内にて)


病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀におよぶあしなが運動によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

キャンペーン特設サイトはこちら:https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください