クラウドファンディングでたくさんの感動に出会いました!

大阪サンドスタッフの「書ききれないありがとう」の気持ちと一緒に、支援してくださったみなさま全員に(プロジェクト終了後)ラスクを届けさせていただきます!!

楽しみにお待ちくださいませ。




いつでも!誰でも!簡単に! 究極の冷凍コラボ「大阪サンド」で笑顔あふれる食卓

はじめに・ご挨拶

はじめまして、門田充です。 大阪・堺市でPain de Singe(パンドサンジュ)というパン屋を営んでおります、Pain de Singeはフランス語で「おさるのパン」。おサルそっくりな元デザイナーの私が2012年に開店して今年で9年目を迎えています。オリジナル「とびばこパン」はSNSやTVなどで話題になりおかげさまで全都道府県での販売を達成しました。


はじめまして木下悟です。
【割烹片桐】は大阪茨木市にて先代が築いた伝統と大切な味を受け継ぐ【肉会席】が人気の割烹料理店です。 心をつくした伝統の味で人と人をつなぐお手伝い をモットーに【茨木神社】そばで神社の歴史を共にするように営業しております。



1日3000個の「とびばこパン」の販売を終了してチャレンジしたのは

コロナであらゆる時間やもの、人の交流が停滞しています。誰しもの「日常」であるパンだから。変わる社会に合わせてパンを作り直す必要があると考えました。「おいしい、たのしい」を届けてきた「とびばこパン」だからできる新しい暮らしへの提案、それは、

こんなサンド見たことない!! 夢のコラボが実現!

おいしい冷凍パンを食べてもらうために、アイデアがありました。それはサンドイッチです。新とびばこパンでサンドを作り、サンドのそうざいも冷凍ストックしておき、とびばこパンとそうざいのセットで販売しようと考えました。





「割烹 片桐」。今回のプロジェクトのためだけの惣菜を開発。
「牛すじカレーコロッケ」「ハンバーグ」
ともに肉を極めた職人の妥協ない味で新とびばこパンに合わせ調整を加え、 さらにサンド用に食べ合わせを最適化した特製の秘伝ソースも調合しました。「極上大阪サンド」が完成しました。





Pain de Singe(パンドサンジュ)では

「おいしいとたのしい たのしいからおいしい」をモットーに、地域のパン店としてもご愛顧いただいてきました。

「冷凍だからおいしい」新とびばこパン!

数年前からパンの未来は冷凍にある」そう確信して開発をしてきました。「冷凍は作り手の都合による保管」という考えから脱却して「冷凍だからおいしい」パンを作ると決めました。

そのために、「冷凍」を経て「食べるシーン」から逆算したパンの製法と材料が必要でした。目指したのは、冷凍パンではありえない「しっとり食感」です。「しっとり」を実現するためにこだわったのは「水」と「空気」。試行錯誤を経て、「冷凍でしっとり」に進化した「新とびばこパン」の新製法を考案しました。(開発の詳細や製法は下に)


「三方よし」から「四方よし」へ

 近江商人の経営哲学を表す言葉としてとても有名 「三方よし」。売り手よし、買い手よし、世間よしの三つの 「よし」をとったものです。もう一つ加え「四方よし」を目指しています。それは「作り手よし」 です。コロナ禍で多大な影響を受けていいる飲食業界。
客様が喜び、職人さんたちが誇りを持ち、その職人さんたちが新たな職人さんを育て、未来に繋いでいく。このことが地域貢献に繋がっていくと考えています。


新とびばこパン誕生秘話

6つのこだわり積み上げて、「冷凍しっとり」な「新とびばこパン」

新しいとびばこパンは「冷凍だからおいしい」食パンです。その秘密は・・・
1段目「微粉砕小麦」

まずはパンの主原料である小麦粉。通常よりもずっと粒の小さな小麦粉を採用しました。岡山県の小田象製粉さまの独自技術によるKISA(キサ)という小麦粉です。粒度が小さいと「表面積が大きい」「でんぷんが壊れにくい」という特徴を持ちます。そのため「空気」と「水」をたくさん抱き込み、離さないのでふっくら・しっとりしたパンを作ることができます。水を逃さないことは冷凍・解凍での劣化を防ぐことにもなります。

また、生地を捏ねる前には、小麦粉だけをほぐすように混ぜてあげます。こうすることで袋の中に押し込まれた小麦粉が空気に触れ、こねあがった生地により多くの空気を抱かせることができます。

冷凍に強いパンやしっとり食感のパンを作ることは実は難しいことではありません。冷凍耐性を持たせる改良剤はパン屋さんでは一般的ですし、卵やバター、生クリームといった副材料を使用すればしっとりします。でもそれは食べるお客さまの「安心」や「価格」とのトレードオフです。食パンを作るために必要な材料は多い順に小麦粉・水・砂糖・油脂・酵母・塩です。新しいとびばこパンは可能な限りこれらの材料だけで作りたいと思いました。それは身近なパンでありたいからです。

KISAを開発した小田象製粉の技術者の方の理念です。「改良剤や副材料で補っている機能を小麦粉だけで実現したい」私の考えと完全に一致した小麦粉を見つけました。

2段目「アルカリイオン水」

小麦粉の次にたくさん入っている材料「水」。電解水素水を作る機械を導入しました。この機械で電気分解され「酸性の水」と「アルカリ性の水」がそれぞれ蛇口から出てきます。新とびばこパンには「アルカリ性の水」を使用します。

アルカリイオン水は、さまざまな健康促進効果があることで知られていますが、分子構造が小さいので浸透力が高く、素材の味を引き出したり味をまろやかにする働きもあります。たとえば、出汁が良く出るので、日本料理店で使用されていたり、コーヒーの味が深まるのでカフェで重宝されるなど、高品質が求められるさまざまな調理現場で活躍しています。パンにアルカリイオン水を使うと、粉と馴染みやすいのでたくさん水を含んだしっとりきめ細かい生地のパンを作ることができます。

新とびばこパンに使う小麦粉と水は、それぞれが歩みよる、まさに相性抜群のカップルです。


3段目「やさしい製法」

いいことづくめですが、課題がありました。パンに不可欠な発酵を担う酵母(イースト)は弱酸性の環境で一番元気に働きます。そのためpHが高いアルカリ性の水は一般的にタブーとされています。新とびばこパンの開発において、2段階に分けて捏ねることと、ゆっくり発酵させることでこの課題に挑みました。両方とも製法として珍しいことではありませんが「しっとり冷凍」という揺るがないコンセプトに沿って、目的に適した複数の手段を組み合わせて、最適な答えを出すことができました。

時間をかけることで生地は成長しながら熟成し、おいしさが増します。気温や天候による影響も受けにくいので、安定的な製造が可能になります。短時間で仕上げる生地と比べ、ミキサーなど機械にかかる負荷も減ります。機械の故障リスクを軽減することは、製造業でものすごく大切なことです。さらに、開発の過程でイーストを減らすことに成功しました。

新とびばこパンは、お客さまにも、職人にも、機械にも、やさしい製法でできています。


4段目「新工程・蒸し」(※特許出願中)

しっとり冷凍の決め手になる独自開発した技術です。どんなパンもオーブンで焼くと10%の水を失います。焼いた後に水を加えることはできないかと考え「蒸す」ことを思いつきました。ただ蒸すだけではなく、スライスして断面をスポンジに見立てて蒸気をあてます。配合や製法まで立ち戻った試作と検証を繰り返し、5-8%の水をパンに戻すことに成功しました。

新とびばこパンのこだわり「水」と「空気」が結実しました。


5段目「高品質な急速冷凍と密封包装」

蒸してたっぷり潤ったパンは急速冷凍庫に入れ、最短の時間で冷凍して品質劣化を止めます。その後、密封包装し、管理された当店の冷凍室で保管します。急速冷凍と密封包装によって、保水した状態で外気を遮断できるので、パンが劣化する一番の理由である乾燥」と「酸化」を防ぐことができます。

さらに当店では、より品質の高い冷凍を求めて、奈良県の菱豊フリーズシステム様の「プロトン凍結機」を導入しました。この機械は、磁石と電磁波を用いて分子を整列させながら冷凍することで、氷の結晶を最小化し、パンを傷めることなく凍結することができます。プロトン凍結機は、鮮度が命である水産加工の現場で大活躍している機械で、非常に難しいといわれているお寿司の冷凍にも成功した最先端の冷凍技術を持つ凍結機です。

冷凍パンにみなさんが抱く「パサパサ」のイメージをくつがえす「しっとり冷凍パン」ができました。「冷凍だからおいしい」パンです。

焼きたてのパンはおいしいです。でも部屋においておくと固くなり風味もとびます。冷凍庫で凍らせると長持ちしますが焼きたてよりおいしくなることはありません。「冷凍」に保管以外の目的を持たせること、「味」に作用する仕掛けを作ること、それが新とびばこパンとPain de Singeの挑戦です。


6段目「おいしい食べ方」

オススメは凍ったままトースターで3、4分。やわらかいサンドイッチがお好みの場合は、未開封のまま自然解凍してください。食べるまでに水分を逃さないようにすることがおいしく食べていただけるコツです。

新とびばこパンはスライス済みですので、いつでも誰でも手軽に食べていただけます。また、開封した後でなるべく残ることがないように、食べきりサイズにしています。

「新様式では家族の時間を有意義に」さかんに聞こえてくる言葉です。パンはみんなのくらしのそばにあるもので、それを作るのが自分の役目。「新とびばこパン」はそんなパン職人がたどりついた、未来への提案です。


よくある質問

Q1 大阪サンドは簡単に作れますか?
→ はい!パンはスライス済み。ハンバーグは調理済みです。コロッケは揚げていただく必要があります。ハンバーグとコロッケそれぞれソース付きですが、バターやマヨネーズ、レタスやキャベツなどはお好みのものをご用意ください。ご家族でサンドパーティをお楽しみください!

Q2 大阪サンドの大きさはどれくらい?
→ とびばこパンの大きさは縦・横・高さすべて9センチでコロッケとハンバーグはパンからはみ出るぐらい!満足保証つきです!

Q3 日待ちはどれくらいしますか?
→ パン、コロッケ、ハンバーグ、の賞味期限はすべて14日となっています。冷凍でお届けします。保存料を使っていませんので到着後すぐに冷凍庫に保存お願いします。解凍後は当日中にお召し上がりください。

Q4 どのような状態で届きますか?
→ とびばこパン、(3段にスライス済み)コロッケ、ハンバーグそれぞれ個別に密封包装しています。特製のソースを添えて全て箱に入れ、冷凍でお届けします。

Q5 発送日の指定はできますか?
→ はい。3月中旬より出荷開始予定です。以降でご希望日がある場合は「備考欄」でご指定ください。

Q6 贈り物にしたいのですがのしはつけてもらえますか?
→ 対応させていただきます。お申し付けください。冷凍でのお届けになりますので適宜加工の上発送させていただきます。

Q7 アレルゲンを教えてください。
→ アレルゲンは以下になります。
・とびばこパン 小麦粉
・コロッケ 牛肉/卵/小麦粉 
・ハンバーグ 牛肉/卵/小麦粉

Q8 原材料を教えてください。
→ 原材料は以下になります。
・とびばこパン 小麦粉(カナダ・アメリカ・他産)/砂糖/米油/酵母/塩
・コロッケ 熊本産牛すじ肉/北海道産芋/北海道産玉ねぎ/小麦粉/牛乳/パン粉/マッシュポテト/カレースパイス/スパイス数種類
・ハンバーグ 国産牛肉/国産豚肉/北海道産玉ねぎ/パン粉/塩/こしょう/スパイス数種類
・ソース ウスターソース/トマト/玉ねぎ/りんご/砂糖/しょうゆ/香料


リターンについて

①3,000円
大阪サンド① とびばこパン2個+コロッケ2個またはハンバーグ2個

②5,000円
大阪サンド② とびばこパン4個+コロッケ4個またはハンバーグ4個

③7,000円
大阪サンドセット① とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個

④10,000円
大阪サンドセット②【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕2セット

⑤20,000円
大阪サンドセット③【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕4セット
2回または2箇所配送可能!

⑥30,000円
大阪サンドセット④【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕6セット
3回または3箇所配送可能!

⑦50,000円
大阪サンドセット⑤【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕10セット
5回または5箇所配送可能!

⑧100,000円
大阪サンド販売コース①お店やイベントで販売しませんか?
【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕20セット
※配送日、個数はメールまたは電話にて相談させていただきます。

⑨200,000円
大阪サンド販売コース①お店やイベントで販売しませんか?
【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕44セット
※配送日、個数はメールまたは電話にて相談させていただきます。

⑩300,000円
大阪サンド販売コース①お店やイベントで販売しませんか?
【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕70セット
※配送日、個数はメールまたは電話にて相談させていただきます。

⑨500,000円
大阪サンド販売コース①お店やイベントで販売しませんか?
【とびばこパン6個+コロッケ3個+ハンバーグ3個】✕120セット
※配送日、個数はメールまたは電話にて相談させていただきます。


資金の使い道

・リターンの製造・発送に使わせていただきます。
・「新とびばこパン」を使ったいろいろなコラボサンド開発費に充てたいと思います。

スケジュール
・2020年12月中旬(予定)プロジェクトスタート
・2021年2月16日(予定)プロジェクト終了
・2021年3月中旬~(予定)順次冷凍便にて発送させていただきます。


【掲載画像について】

※本ページで使用した画像は、弊社が掲載権を有しております。


起案者

門田充
Pain de Singe [ パンドサンジュ ]
593-8322 大阪府堺市西区津久野町1-8-15
tel & fax 072-320-7257
ホームページ http://singe.jp

※新店舗移転のため2021年以降住所電話番号が変わります。リニューアルオープンは2021年春を予定しています。


木下悟
割烹 片桐
567-0882 大阪府茨木市元町6-3
TELL O72-626-2722
ホームページ https://katagiri.owst.jp/


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/07 12:28

    大阪サンドを贈り物にしたおきゃくさまより、美味しかった!と連絡をいただきました。朝からとっても嬉しいお言葉ありがとうございます!順次発送しておりますので、楽しみにお待ちください。

  • 2021/04/01 12:19

    ご支援いただきありがとうございました。申し訳ありません。順次発送の準備にとりかかっておりますが、予定より少し遅れております。お急ぎの方はお手数ですがメッセージで対応させていただきます。よろしくお願い申しあげます。

  • 2021/03/26 17:30

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください