はじめに 

アパ?情報センター は1995年よりバリ島の文化・芸能の中心であるウブドにて25年の間、日本語による伝統芸能やお祭り、儀式の情報提供や観光ガイドを行ってきました。すでに1万人を超える日本からのお客様にご利用いただいており、みなさんの中には実際にツアーに参加されたり、ウェブサイトをご覧になった方も多いと思います。

現在はコロナウィルスによる外国人の入国禁止が続いており、2020年4月より8ヶ月以上売上がまったくありません。(※2020年12月5日現在)
スタッフとその家族の生活を守り、センターや情報提供サイト運営の維持を目的として、アパ?情報センターで観光客入国規制が解除された後に利用できる「現地ツアーの前売りチケット」の販売をいたします。代表のI Wayan Sutama(ワヤン)が日本人有志によるプロジェクト作成と入力のサポートを受ける形で立ち上げさせていただきます。みなさんのご支援をお願いします。


このプロジェクトで実現したいこと

現状のままではオフィスを閉鎖し、ツアーに利用する車両を売却して生活費に充当するしかなく、廃業もやむを得ない状況です。

センターと情報提供サイトを維持し、スタッフとスタッフ家族の生活を守るだけでなく、観光業が再開されたときに、前売りチケットの利用でツアー催行をすみやかに実施したいと思います。

また、バリの伝統芸能や文化に一人でも多くの方が関心を持ち、ツアーでその体験を共有することが、間接的ながらもバリ全体を支援する一助となれるのではないかと考えています。


プロジェクトをやろうと思った理由

代表であるバリ人のワヤンは日本語が話せるとはいえ、今、収入を得るためにできることには限りがあります。今までの仕事で蓄えていたお金も底をつき、今後の見通しが立たない状況で、お世話になってきた私たち日本人利用者と立ち上げに協力したバリ在住日本人が何かお手伝い出来ないかとワヤンとともに話し合い、コロナ禍収束後に使える前売りチケットをクラウドファンディングで広く販売する方法がよいのではという結論にたどり着きました。

このメッセージを書き込んでいる私もはじめは一人の日本人旅行客としてアパ?の催行するヌガラのジェゴグや一般の観光客が見学するのは難しいトランスのあるお祭り火葬見学などなどたくさんのツアーや無償の情報提供のお世話になり、最終的には1年以上長期滞在してしまうほど、すっかりウブドの虜になってしまいました。

この素晴らしいアパ?情報センターがこれからも存続し、バリ島の唯一無二の文化の継承に少しでもお役に立てるならと今回のプロジェクトに参加させていただきまた。


これまでのアパ?情報センターの活動

アパ?情報センターをまだご存知ないかたのために簡単に紹介をさせていただきます。アパ?は1995年8月20日ウブドで最初にできた日本語旅行案内所です。

オープン当初は、英語やインドネシア語が得意でない日本人観光客のために情報の無料提供を日本語で行うボランティア活動が中心でした。訪れる日本人観光客が増えてくると、伝統舞踊・楽器・絵画の先生紹介、伝統芸能公演のチケット販売、宿泊施設の紹介をしてほしいという要望が寄せられ、これらの紹介を収益事業として行うようになりました。

当時はバリ島観光ブームもあり、両替、スパの予約、車・バイク・自転車のレンタル、車のチャーターとガイドの手配など業務を拡大。さらには巨大竹筒ガムラン・ジェゴグの復興に協力して、定期公演を主催したほか、ラフティング・ダイビングなどのアクティビティー紹介も行ってきました。

そのなかでバリ島の伝統芸能や儀礼などを紹介するオリジナルツアーを各種企画。オダラン(お祭り)、トランス儀礼の見学、バリアン(呪術師)治療、予言体験など、他社には出来ない、ウブド在住のバリ人だからこそ催行できるツアーが人気となり、現在も取り扱いを続けています。

その後、バリ島クタでの自爆テロ、アグン山噴火、さらには日本でのバリ島ブームの終焉などで日本人観光客は激減し、2012年に17年間営業したオフィスを移転縮小、ウェブでの情報提供とオリジナルツアーに事業を集約して営業を続けてきました。

アパ?情報センター のウェブサイトにはウブドに関するたくさんの情報が詰まっています。閲覧は無料ですので、ぜひウブドの魅力を感じてみてください。

代表のワヤン(I Wayan Sutama)はバリ州政府公認の正規日本語ガイド免許を取得済みです。2017年には星のやバリの嘱託ガイドとしてフジテレビの取材を受けました。


資金の使い道

日本からの観光客受入再開まで、最低限のオフィスやウェブサイトの運営維持とスタッフの賃金確保。

お寄せいただいた資金から30%を目安に、コロナ禍期間の給与人件費、残りはウェブサイトの維持費と観光再開後の前売りチケットによるツアー催行コストを含め事業の運営に利用します。資金の総額や観光客受入再開時期によって、配分は変更される場合があります。

リターンについて

前売りチケットのご購入前に以下の利用規定を必ずご一読ください。

1)チケット価格は限定リターンを除きウェブサイト掲載の正規料金と同額です。存続に必要な支援が目的のため割引はありませんが、何卒ご容赦ください。

2)追加料金や差額はすべて利用時に日本円またはルピアでご精算ください。金券タイプの前売りチケットでの精算も利用できます。

3)自由支援以外の前売ツアーチケットは、完全予約制です。入国規制が解除された後、ご旅行のスケジュールが決まりましたら、メールやWhatsApp等にて事前予約をお願いします。
ご希望の日程でご案内できない場合もございますので、航空券購入前のご予約をおすすめします。特にワヤンをガイドとして指名する場合やハイシーズン中の利用は早めの予約をお願いします。

4)ツアーチケットは限定リターンを除き2名分の料金です。3名以上でご参加を希望の場合は、予約時に参加人数を連絡の上、差額(1名追加に付きチケット料金の1/2)を現地にてお支払いください。最低催行人員が2名以上のため前売ツアーチケットご利用の場合は1名様のご参加でも2名様と同料金となります。

5)送迎場所がウブド近郊以外の場合にはグループで1,000円の追加料金がかかります。

6)チケットは譲渡可能です。日程変更も可能ですが、前日または当日の変更、キャンセル、無断放棄は100%のキャンセル料がかかりチケットは無効となります。

7)チケットの有効期限は日本からの観光入国規制の解除後3年間です。期限到来前にご連絡いただければ可能な限り延長に応じます。またツアー料金に変更が生じた場合は差額の負担をお願いします。また、いかなる場合でもご購入後のチケットの返金はできません。

8)金券タイプのチケットは、アパ?情報センターの主催するツアーにのみ有効で、釣り銭も含めて返金・換金は一切できません。

9)寺院入場を含むツアーではバリヒンドゥーの教旨により怪我の出血のある方、生理中の女性は境内に入ることが出来ません。予約後のやむを得ない状況の場合はご相談ください。


実施スケジュール

プロジェクトは2021年1月30日までの予定です。
観光入国の再開時期は今のところ2021年秋頃を想定しています。
リターンの追加や近況はその都度お知らせいたします。


最後に

アパ?情報センター存続のため、重ねてご協力をお願いいたします。コロナ禍が収束したあと、バリ島ウブドでみなさんにお目にかかれることを、今から楽しみに待っています。日本のみなさんもそれまで健康に注意して元気にお過ごしください。
ありがとうございます。 Terima kasih banyak.

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンのツアー催行をお約束いたします。

  • 2021/01/15 22:40

    今回のクラウドファンディングに、たくさんの方よりご支援いただき、重ねてお礼申し上げます。残りの期間も2週間となりましたが、まだ目標金額の53%に留まっています。もちろん、ここまでの支援も大変ありがたく、貴重な維持運転資金として活用させていただく予定ですが、コロナ禍の収束時期について見通しが立た...

  • 2020/12/26 10:28

    おかげさまですでに50名近い方からご支援をいただき、ほんとうにありがとうございます。残り期間も1ヶ月ちょっととなりましたが、支援金額はまだ目標の1/3程度に留まっています。観光再開後のツアーをスムーズに実施するためにも、まだまだたくさんの方による前売りチケットの購入による支援が必要です。ぜにこ...

  • 2020/12/08 14:38

    アパ?情報センターの支援をお願いするクラウドファンディングが無事スタートしました。さっそくご支援くださったみなさん、プロジェクトを閲覧してくださったみなさん、ほんとにありがとうございます。これからまだまだ長い道のりですが、引き続き温かいご支援をお願いいたします。このクラウドファンディングの情報...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください