初めまして!
東京都東村山市にて活動をしている角田一帆と申します。
これまで海外で生活をしたり、会社員をしたり、フリーランスで働いていたりしています。

現在は、まがりDEバナナ東村山本店の店長をしております。

私は東村山で生まれ育ち、大学4年生まで過ごしました。
その後、海外や埼玉、23区で暮らしながら、このコロナを機に地元東村山に帰ってきました。

そこで感じたことがあります。

私が生まれ育った時よりも、だんだんと寂しくなっていることを。
シャッター街は増え、横の繋がりは減っている環境を目の当たりにしました。


気づけば、東京都内でありながら人口は減り始め、小学校・中学校の同級生も23区などの都心に引っ越し、知り合いが減っていました。

「生まれ育った街なのに寂しい。」

そこで今回、老若男女が気軽に集めれ、想い想いのことを表現できるイベントカフェ&バー「-LiCoD-リコード」をオープンします。

もともと大塚でやっていた雑貨屋さん兼イベントスペースに飲食店を足した形になります。



東村山はドリフターズの志村けんさんのおかげで知名度はあります。
昨今猛威をふるっている新型コロナウィルスの怖さを日本全国に教えてくれた方でもあり、その影響で東村山も再び注目を集めるようになりました。2021年の夏には、志村けんさんの銅像が東村山駅前に建つ予定です。
また、新宿まで25分。JR中央線の国分寺駅まで15分で行け、立川や三鷹、吉祥寺までの交通の便も良い街になります。

有名で便利なはずなのに、シャッターの閉まってる店舗は増え、人口は減り始めている実情があります。

「そんな東村山で、住んでいる方が少しでも知り合いを増やし、気軽に行けるお店を作りたい」


私自身、東村山で育ったのですが、同級生以外知り合いがいないことに気づきました。気づけば、そんな同級生も市外に出て行ってしまい、市内の知り合いもどんどん減っています。

生まれ育った人間がこのような状況だったら、最近引っ越して来た方などは言わずもがな、知り合いがほとんどいないと思います。そうすると、東村山に愛着を持てなくなり、結婚や転職を機に市外に行ってしまう、ということが起こってきています。
少しでも知り合いがいれば、愛着が湧き、住む候補の一つにしてもらえるかもしれないと考えております。

そこで、注目をしたのが、イベントバーです。
東京の都心などで若者を中心に流行ってるイベントバーですが、代表格と言えるエデンというイベントバーがあります。エデンは、池袋からほど近い要町駅から徒歩10分ほどの、決して通いやすいとは言えない場所にあります。そこは、毎日違う店長が立ち、若者がたくさん通うお店です。東村山が決して同じような形になるとは思いませんが、東村山には東村山の良さがあります。
それが老若男女、様々な世代がいることです。

要町にあるエデンは比較的若い層の方が多いですが、東村山の良さでもある老若男女がごちゃ混ぜになる空間を作っていけたらと考えております。そのためにも、昼はカフェで飲食店をやってみたいけど、物件を借りるには抵抗がある方向けにオープンし、夜はイベントバーとして、毎日違う店長に立っていただき、様々な会話や繋がりが生まれるお店にしていきます。


東村山の良さを活かしつつ、様々な年代が気軽に来れ、交われる場所を作ります。
そのために、シェア冷蔵庫地元の掲示板雑貨スペース昼カフェ夜イベントバーなど地元の方があらゆる面で通いやすいお店を目指します。

シェア冷蔵庫

少し作りすぎてしまった煮物やもらいすぎてしまったみかんなど、少し余ったけど、あげる人がいないから捨ててしまう。そんな食べ物って意外とたくさんあります。日本は世界でも食料廃棄が特に多い国で、年間600万トンを超えます。シェア冷蔵庫は、そんな食料廃棄を地域で防ぎつつ、地元の方が交流できる仕組みです。

掲示板

昔、街の中によくあった「街の掲示板」を店頭に準備します。
そこでは、情報交換はもちろん、イベントの情報や困ったから助けてほしいことなど、自由に掲示していただき、地元の方と交流を深められるツールにしていきます。

雑貨スペース

(主に)手作りの雑貨を作家さんに置いていただき、ステキな空間にしていければと思います。また、壁には画家さんの書かれた作品を飾り、展示販売をします。作家さん・画家さんという表現をしていますが、少しでも販売してみたい主婦の方や副業的にやってみたい方などご自身で作られている方々を応援しつつ、楽しい空間にしていきます
今回はリターンでお得に始められるセットを用意いたしました。

昼カフェ


東村山で大人気のラーメン屋さん「バード軒」さんに週5日で営業していただく予定です。現在、間借りで営業されていますが、毎回売切れになるほどの大人気のお店になります。
今回はリターンでお得なチケットもご用意させていただきました。

夜イベントバー

LiCoDのメインになるのが、このイベントバーです。
毎日違う人が店長として、バーを運営し、様々な業種、人種、年齢の方が集まる場所にします。「看護師バー」「英語オンリーバー」など企画する人によって変わったり、鍋会やクリスマス会のようにわいわい行うイベントをしたりと、その時や人によって様々なバーに変化します。
もちろん将来的に飲食店をやってみたいなという人が、週一回、もしくは月一回、振る舞う練習の場としても良いです。そこでリピーターを作っていただければ、いざ開店をするとなった際に、オープンしやすいです。
バーで使えるお得なリターンも準備いたしました。

東村山で少しでも地元の繋がりを作れるように様々な仕組みを取り入れていきます。


LiCoDと書いて、「リコード」と読みます。
「Liberty」「Community」「Dream」の頭文字をとって、LiCoDという名前になります。
『それぞれが好きなことを自由に表現し、存在する居場所』になりたい。そんな想いで名付けました。

それがリコードです。



今回は、幅広くご用意させていただきました。

お昼に営業する予定のラーメン屋さん「バード軒」のお試し券や、すでに営業をしているスムージー屋さんのお得な券のセット。さらには、オープンした後に、とてもお得に使えるチャージ無料券朝の時間帯を自由に使える券など用途に合わせて、ご検討いただけます。また、実際に夜のイベントバーで一日店長になれる権利などもございます。


遠方の方向けに、バナナスムージーの出張や今回のカフェ&バー起業に関する苦悩などをお届けするリアルな情報誌もございます。


東村山で一番知り合いが増える店にしたいです。
こんなコロナ禍だからこそ、改めてリアルな繋がりが大切だと感じた方も多いと思います。
当店ではそんな一端を担うことができればと考えています。

「地産地消」

食べ物だけでなく、お店や人間関係もそうだと思います。
地元東村山で愛され、願わくは観光に来てくださった方が楽しめるようなお店に、さらには、東村山を盛り上げられる起爆剤のような場所になれればと考えております。


頂いた資金に関しては、全額テナント費用、改築費に当てさせていただきます。
初期費用:約30万円
改装費:約11.5万円(資金の額によって増額します。)
手数料:約8.5万円

上記は全額ではありません。
LiCoDを開くにあたって必要な資金の一部を集められればと思います。

また、下記のスケジュールを予定しております。

物件契約 12月14日
オープニングパーティー 1月16日・17日(予定)
プレオープン 1月20日
バード軒オープン 1月下旬
本オープン 1月下旬

※上記スケジュールは新型コロナウィルスや工事の状況により前後する可能性あります。


ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
東村山だけでなく、東京都内でも同じような状況に陥っている街はたくさんあると思います。そんな街を盛り上げる方法として、チャレンジします。少しでも応援いただけますと幸いです。

ここで得られた知見を元に、日本全国様々な方々、街のために盛り上げていけたらと考えております。
少しでも興味を持っていただけたら、嬉しいです。


-LiCoD-リコード(サブ店名・イベントバー名はリターンにて募集中)

東京都東村山市本町3-9-40
西武新宿線・国分寺線・西武園線 東村山駅徒歩8分

絵:島田えり


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください