皆さん、はじめまして。

あしなが学生募金事務局で活動している、公立諏訪東京理科大学2年生の新 一真(あたらし かずま)です。

ボランティアとして参加させて頂いています。


あしなが学生募金事務局では春と秋に約全国200か所で街頭募金を行っており、毎年約2億5千万円ものご寄付を募らせて頂いています。

頂いたご寄付はすべて一般財団法人あしなが育英会に寄付しており、病気や災害、自死などで親を亡くした遺児学生と親に障がいがあるために働くことができない家庭の学生奨学金に、また、アフリカの遺児学生を支援するためにも使わせていただいています。


ところが、今年度は新型コロナウイルスの影響により街頭募金が中止となってしまいました。

街頭募金中止の影響により、国内外の遺児学生への支援が満足にできなくなってしまう可能性があります。


そのような事態を引き起こさないために、皆さんの助けが必要なのです。

なので、皆さんがより快く手を差し伸べられるようにとこのページを作成しました。


 拙い文章ではありますが、あしなが学生募金事務局の素晴らしさが伝わればよいなと思います。 


私が現在あしなが学生募金事務局の局員として活動しているのは高等学校時代の生徒会での経験が起因します。

文化祭では、道案内をした一般客の方から「本当に助かりました、ありがとうございます。」と感謝の言葉をいただいたり、クラスメイトから「生徒会活動ですごい頑張ってるからクラスのことは私たちに任せて欲しい!」という優しい言葉を掛けてもらったことから、人のために活動することに対して多くの楽しみややりがいを覚えました。

また、そんな忙しい中で信頼しあい、助け合った生徒会のメンバーとはとても強い絆が生まれ、今でも頻繁に連絡を取るような間柄になっています。


そして、大学でも高等学校時代の経験を上回るような体験をしたいという期待する気持ちを持って、あしなが学生募金事務局に入りました。

あしなが学生募金事務局はそんな私の期待を超える団体でした。

ボランティアとして急に局員となった私に対して、分け隔てなく、また先輩後輩関係なくとても気さくに接してくれました。

今では、単に一緒にあしなが学生募金事務局の活動をするだけでなく、食事をしながら意見を交わすなど同世代の同志としての関係になりました。

その上、団体内の交流で出会う局員の方々は例外なく自身の考えや熱い思いを持っていて、話していて全く飽きないどころか毎回充実感で満たされるものでした。


また、親を亡くすといったような辛い経験をした人の支えともなる団体です。

一緒にボランティアとして参加した友人のご尊父が最近亡くなってしまいました。

その友人と会話をしている中で、あしなが学生募金事務局に対して

「同じような経験をしている先輩方がとても素晴らしい活動を元気に行っているのを見るのはとても心強い。

今後、落ち込むようなことがあったとしても、理解をしてもらえるだろうなと思える上に、温かく励ましてくれるだろうととても安心できる。」

と話してくれて、改めてこの団体の凄さを実感しました。

こんな素敵な団体の手助けをしたいとは思いませんか?

なぜ手助けが必要かと申しますと、新型コロナウイルスの影響で毎年2億5000万円もの寄付金を集める街頭募金が今年は中止になってしまったからです。

春と秋に全国200か所で行われる街頭募金は寄付金をいただくだけでなく、世間の皆様に遺児の現状を届ける非常に大切な機会でした。

また、人のために行動するというのは、単純に人助けができるというだけでなく、自身にも必ず良い影響が及びます。

今まであまりボランティア活動に参加したことがない方、興味がない方の最初の一歩にもなれたら良いなと願っております。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。


※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります


<All-in方式で実施します。>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

本プロジェクトでいただきましたご支援は、病気や災害・自死で親を亡くしたり親に障がいがある家庭の学生たちの奨学金として、全額を一般財団法人あしなが育英会に寄付し、大切に使用させていただきます。

ご支援者情報を一般財団法人あしなが育英会に提供のうえ、あしなが育英会より「年間活動報告書」と「寄付金受領証明書」を発送いたします。

※GoodMorningからの支援金の入金が2021年2月頃となりますため、リターンの発送は2022年2~3月頃となります。

※①2020年中にご支援いただいた方で2020年1~12月分の活動報告書の受け取りをご希望される方、または②本プロジェクトへの寄付金の「領収書」を2021年3月以降早期に受け取りたい方がいらっしゃいましたら、備考欄にその旨をご記入ください。

※本クラウドファンディングへのご支援は税制上の優遇措置の対象とはなりません。あらかじめご注意ください。

50年の歴史を持つ、遺児支援のための募金活動に取り組む学生団体です。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金は、毎回のべ1万人のボランティアスタッフが参加する国内最大規模の募金活動で年間約2億5千万円のご寄付が寄せられます。
いただいた募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・アフリカ遺児支援事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちらhttps://www.ashinaga-gakuseibokin.org/

◆あしなが学生募金公式サイトよりご寄付いただいた方には、あしなが学生募金事務局より領収証とお礼状をお送りいたします。

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀におよぶあしなが運動によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。


ウェブサイトはこちらhttps://www.ashinaga.org/


キャンペーン特設サイトはこちらhttps://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください