はじめに・ご挨拶

新宿の一角に当店がオープンしたのは2008年。おかげさまで毎日たくさんのお客様にご利用いただき、ポリシーである“おいしい幸せ”をモットーに日々、料理とサービスを追求してまいりました。
入れ替わりの激しい、激戦区と言われる新宿3丁目で12年もお店を続けれたことに幸せと感謝をしています。

ですが、
この想像もしなかったコロナ禍の影響を受け、
残念ながらお店を手放すことになりました。

でも、
店舗はなくなっても、
この味だけは、メニューだけは届け続けたい。
私達ができること、したいこと。
どうしても手放せないものなんです。

そこで、
冷凍商品として開発、製造販売する取り組みをはじめました。


肉バル スプリガンは、金原シェフの元、
フレンチとイタリアンをベースに和の食材を取り入れ、熟成肉を使った調理スタイルを確立。
美味しいを進化させるため世界各国の調理技法を取り入れたり、研鑽を重ねる毎日でした。


新しく生み出されてきた新メニューたちの中で、
この“牛ほほ肉の煮込み”は、温故知新で少しずつ磨き上げてきた愛着のある料理です。
牛骨を使った特性のブイヨンに、オーストラリア産の牛頰肉をじっくりコトコト煮込む。
火入れの加減、素材の相性、味の構成、濃度の調整、シンプルながらにして奥の深い自慢の一品です。

◆ナイフは要りません◆

ナイフは必要ありません。箸で十分です。
ごろりとした牛の柔らかいかたまり肉が、
ホロホロっと口の中でとろけます。

お店では、土地柄ビジネスマン達に多く支持を受けていましたが、
この柔らかさは、
ご年配者からお子様まで、世代を超えて召し上がって頂ける
自信の1品です!


そのまま、ワインのお供にすれば、1ランク上のディナーが。
ご飯に乗せれば、ボリューム満点の食事に。
柔らかなお肉は崩してパスタにも!!
コロッケやグラタンにも?!
アレンジ次第で、おうちゴハンを幸せに彩ります。
シェフ特製のデミグラスソースを
皆様のアレンジで、
さらなる発見と進化をして頂けたら本望です。

♦リターンのご紹介

稀少部位、牛ほほ肉を大きくカットし、420gのボリューム。
1袋2〜3人でシェアできる量です。

真空パックの冷凍でお届け(保管期間は半年)
湯煎で10分簡単調理

① 牛頬肉の赤ワイン煮 【5000円】
2〜3人でシェアできる量 1袋 × 2パック

② 牛頬肉の赤ワイン煮 【10000円】
2〜3人でシェアできる量 1袋 × 5パック

③ 開発メニュー応援セット 【10000円】
*牛頬肉の赤ワイン煮  3パック
*現在商品化中の人気カレー 4パック

④ 応援スポンサー 【500円】
御礼のメールを送らせて頂きます。
私達の商品開発へご支援頂けたら嬉しいです。
お一人様、何口でも大丈夫です。

よろしくお願いします。



♦資金の使い道・スケジュール

資金は通販事業における新しいメニューの開発や食材等の購入。
通販サイトの制作や販促活動の費用に使わせて頂きます。
12月 サイトオープン着手
1月 サイトオープン(新商品ラインナップを3品以上に)
下旬 新商品リターン開始。

♦最後に

近い将来、また店舗をOPENできますように。
新しい、食環境となりつつある今、
通販の形で、味とメニューを繋いでいけたらと考えております。
どうか、皆様の温かいご支援とご協力をお願いします。

お客様と店のスタッフ、生産者の皆さまと食材すべてに感謝と敬意をこめて。

/2020.12  SPRIGGAN chef Kinbara


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/12/24 16:22

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/12/20 20:50

    新開発メニューのリターンは「カレー」に決定!ビーフカレー?チキンカレー?ポークカレー?ブイヨンをブレンドしたスプリガンのカレーは、辛すぎない味わい深い濃くが人気のランチメニューでした!こちらが1月末〜2月初旬に配送できる状態に完成します。お楽しみに。

  • 2020/12/18 00:14

    皆さまご支援ありがとうございます。 東京はコロナ最拡大で、飲食店仲間達は悲痛な事態に導かれています… このプロジェクトを成功させる事で、同じような事態になった同業者達の、励みや道標になればと思ってます。 後、残り日数わずがとなりました。 どうか、皆さまの心のこもった応援をお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください