はじめに

The Japan Timesでは、毎年年末に読者の皆様にご協力をお願いし、”Readers’ Fund”としてチャリティーを実施しています。集まった募金は、福祉団体や国際支援団体など、未来に向け活動されている団体に寄付し、より良い社会のためにご活用いただいています。


2020年。世界中の人々は大きな変化を余儀なくされました。そしてまだ安心して日常を過ごせる状況には至っていません。
国内では、学校が休校になり子供たちの生活や学力に不安を抱いた時期も数ヶ月続きました。私たちは日本の子供たち、ご家族の不安を知ると同時に「学習の機会」の大切さも知りました。
そして、この状況になる前から学ぶ権利を奪われている子供たちがいること、その子供たちが大きく変化した世界の中で、さらに厳しい日常を過ごしていることに気づき、改めて私たちができる小さなサポートはないのかと考え、今年のチャリティーは子供たちを児童労働から守る活動を続けている特定非営利活動法人ACEさんと共同で実施させていただくことにいたしました。


また、今回はクラウドファンディングという形で実施することで、The Japan Timesの読者に限らず、たくさんの方々に私たち、そしてACEの活動を知っていただき、ご賛同いただき、そしてご支援いただけることを願っています。


資金の使い道

The Japan Timesは特定非営利活動法人ACE(エース)の活動を応援します!

ACEは「子ども、若者が自らの意志で人生や社会を築くことができる世界をつくるために、子ども、若者の権利を奪う社会課題を解決する」ことをパーパス(団体の存在意義)に掲げ活動している日本生まれのNGOです。


ACEの活動をサポート

ACEでは児童労働をなくすためには、いま働いている子どもたちを児童労働から守るための「現地での活動」と、児童労働を生み出さないための「日本での仕組みづくり」に取り組んでいます。

例えば、モノを送ったり、井戸を掘ったり、カタチの見える「ハード」の支援も必要ですが、村人たちに教育の重要性や児童労働の危険性に気づいてもらうよう働きかけ、子どもの声を聞き、村全体で児童労働をなくす仕組みづくり、「ソフト」面の支援も重要です。

ACEでは、インドやガーナで、村人たちに児童労働の危険性や教育の大切さに気づいてもらい、子どもたちの声を聞いて村全体で児童労働をなくしていく仕組みづくりの手助けをしています。
また国内では、企業と協働して児童労働を生み出さないビジネスづくりに取り組み、売上の一部が子どもたちの生活を支える支援になる寄付つき商品などの販売を行っています。

私たちThe Japan TimesはACEの活動を応援することで、ACEのキャッチフレーズ「遊ぶ、学ぶ、笑う。そんなあたりまえを、世界の子どもたちに。」をサポートします!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


支援+リターンの紹介

¥2,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
 *ご支援に感謝して心を込めたお礼のメールをさせていただきます。

¥4,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*the moment by The Japan Timesページ内にお名前を掲載します。
(https://themoment.japantimes.com/)


¥5,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*「進化する里山資本主義」(本)をお届けします。

 

¥6,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*The Japan Times ノベルティ(コップ)をお届けします。


¥8,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*The Japan Times Digital 3ヶ月購読いただけます。
*ご支援に感謝して心を込めたお礼のメールをさせていただきます。


¥15,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*The Japan Times Digital 6ヶ月購読いただけます。
*ご支援に感謝して心を込めたお礼のメールをさせていただきます。


¥30,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*The Japan Times Digital 12ヶ月購読いただけます。
*ご支援に感謝して心を込めたお礼のメールをさせていただきます。


¥70,000

ACEの活動支援として大切にお預かりします。
*The Japan Times本誌を 12ヶ月購読いただけます。
  (New York Timesも一緒にお届けします)
*The Japan Times Digital を12ヶ月購読いただけます。
* The Japan Times ノベルティの手ぬぐいをお届けします。
*ご支援に感謝して心を込めたお礼のメールをさせていただきます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください