皆さん初めまして。あしなが学生募金事務局の北陸エリア福井ブロックで活動している渡邉みはると申します。今年度は福井ブロックマネージャーとして活動をしております。


 私たちあしなが学生募金事務局が街頭で集めたご寄付は全額をあしなが育英会に寄付し、そのうち半分を日本の病気や自死、災害などで親を失った子どもたちや親に重度の障害がある子どもたちの奨学金として、もう半分を世界で最も貧困の地域とされているサブサハラアフリカの子どもたちが高等教育を受ける機会を得るための奨学金として使われます。


 しかし今年は新型コロナウイルスの影響で春と秋に行われる街頭募金は中止になってしまいました。このままの状況が続いてしまうと日本とアフリカの子どもたちへの奨学金がストップしてしまう可能性があります。それに伴って大学進学をあきらめてしまう子どもたちが増えてしまうのではないかと考えています。


 私は夢をあきらめてしまう子どもを少しでも減らしたい!目を輝かせながら夢を追いかけてほしい!そんな想いでこの活動を行っております。


 ↑福井駅にて第99回あしなが学生募金開催された時の様子

私は3歳の時に父をなくしました。それから母が1人で私と妹を育ててくれました。中学・高校の6年間奏楽部に所属しており、県外遠征や大会出場をずっとしてきたので現在高等専門学校に通っている妹のことを考え、これ以上家に負担かけないようにしたいと思い大学進学をあきらめようと考えていた時期もありました。


 しかし高校時代で初めて学んだ簿記の勉強をさらにしていきたいと考え、社会人としてどのように働いていけばよいのかを知りたいと思い大学進学を志すようになりました。そんな時、母からあしながの奨学金のことを教えてもらい、そのおかげで行きたい大学へ通うことができました。また、あしながのサマーキャンプや募金の会議を通して全国の仲間に出会うことが出来ました。


 大学生になるまでは狭い空間の中で過ごしてきたので、視野が狭かった私ですが全国の仲間との出会いは、私に成長のきっかけを与えてくれました。

 

その中でも私に大きな影響を与えてくれた2人の先輩の話を少しします。1人目は現在北陸エリアのリーダーをしている先輩です。昨年私の所属している福井ブロックのリーダーを務めており、他の人とは違う考え方を持っており、その考え方は私が必要としているものを吸収するためのきっかけになりました。福井ブロックのことを誰よりも知っていて、考えている姿に尊敬する部分が多く刺激を受けました。

 

そして2人目の先輩は東海エリアのリーダーをしている先輩です。今回私がクラウドファンディングに挑戦するきっかけをくれました。昨年度は会議で同じ班になって意見交換をしたこともあり、今年度は同じ部門で活動しています。また困った時すぐに助けてくれる優しい先輩です。この先輩のおかげで私はこの活動を続けることが出来ました。


 私は今年度で大学を卒業します。あしながと出会い、進学の夢を果たし、多くの仲間や先輩と出会うことができ、大きく成長することが出来ました。夢だった簿記を生かせる仕事の内定もいただき、夢を実現するチャンスを掴みました。

↑進路相談企画で東海エリアのリーダーの先輩と共演したときの写真


 私はあしながさんのおかげで自分の夢をかなえることができ、沢山の仲間と出会って成長することができました。もしあしながさんという存在がなかったら自身の成長をきちんと感じることはできなかったし、狭い視野を持って人と接してしまっていたと思います。優しく声をかけて下さる職員さんがいることによって私もこの活動をやってきて良かったと実感することもできています。これからも学生たちが勉強し、夢を実現できるように私も支援していきます。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。


※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります


<All-in方式で実施します。>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

本プロジェクトでいただきましたご支援は、病気や災害・自死で親を亡くしたり親に障がいがある家庭の学生たちの奨学金として、全額を一般財団法人あしなが育英会に寄付し、大切に使用させていただきます。

ご支援者情報を一般財団法人あしなが育英会に提供のうえ、あしなが育英会より「年間活動報告書」と「寄付金受領証明書」を発送いたします。

※GoodMorningからの支援金の入金が2021年2月頃となりますため、リターンの発送は2022年2~3月頃となります。

※①2020年中にご支援いただいた方で2020年1~12月分の活動報告書の受け取りをご希望される方、または②本プロジェクトへの寄付金の「領収書」を2021年3月以降早期に受け取りたい方がいらっしゃいましたら、備考欄にその旨をご記入ください。

※本クラウドファンディングへのご支援は税制上の優遇措置の対象とはなりません。あらかじめご注意ください。

50年の歴史を持つ、遺児支援のための募金活動に取り組む学生団体です。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金は、毎回のべ1万人のボランティアスタッフが参加する国内最大規模の募金活動で年間約2億5千万円のご寄付が寄せられます。
いただいた募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・アフリカ遺児支援事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちらhttps://www.ashinaga-gakuseibokin.org/

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀におよぶあしなが運動によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

キャンペーン特設サイトはこちら:https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください