■ごあいさつ

※プロジェクトについて簡単にまとめた90秒ほどの動画です


皆さん、はじめまして。株式会社リヴァの松浦秀俊です。

リヴァは、「自分らしく生きるためのインフラをつくる」をビジョンに事業を展開する会社です。

弊社HPのビジョン説明より

主な事業はうつや双極性障害などの方の社会復帰支援サービス「リヴァトレ」。2011年6月からサービスを開始し、社会復帰者数は962名、就労継続率は84%となっています(2020年12月23日現在)。

リヴァとして10周年という節目にあたる2021年、「双極性障害」と「働く」の情報に特化したWebメディア「双極はたらくラボ」立上げを予定しており、その運営を支援いただけたらと考え、今回このプロジェクトを企画しました。


■双極性障害の現状 

もしかしたら「躁うつ病」の方が耳馴染みがあるという方が多いかもしれません。

双極性障害(旧名:躁うつ病)は

誰にでもある気分の波が、一時的なものではなく、長期間にわたって落ち込んだり、あるいは上がったりする症状として表れる病気です。

気分の波の程度は

・自分ではコントロールできないほど高く上がり社会生活に支障をきたす躁状態

・周囲から「いつもと違う」とは思われるが社会生活に支障をきたすほどではない軽躁状態

・意欲がなく辛く落ち込む抑うつ状態

という3つに大別されます。

また、躁状態とうつ状態を繰り返すものは「双極性障害Ⅰ型」、軽躁状態とうつ状態を繰り返すものは「双極性障害Ⅱ型」と分類されています。

双極性障害はうつ病と比較して知名度が低く、名前から難しい イメージを与えることもあります。


厚生労働省の患者調査によれば、気分障害(うつ病・双極性障害など)の患者数は年々増加しており、2017年報告では127.6万人(2014年は111.6万人)に及びます。

厚生労働省「知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス総合サイト」より引用

双極性障害Ⅱ型(労働者)の12ヶ月有病率は0.4%に及び、調査当時の日本の人口から双極性障害Ⅱ型を持つ労働者数は50万7千人に及ぶと推定する文献※もあります。

また「うつ病と診断された人の10人に1人は双極性障害だった」という調査もあることから、うつ病が身近になった現在では、双極性障害も多くの方にとって無関係とは言い切れないと考えられます。

※ 秋山剛(2018).「はたらく」を支える!職場×双極性障害 南山堂


■双極はたらくラボ立ち上げのきっかけ

改めまして、このプロジェクトを企画した松浦です。

私は前述の「リヴァトレ」で、双極性障害Ⅱ型の当事者としての経験を生かしつつ、支援員を務めています。公認心理師と精神保健福祉士という国家資格も取得しており、2021年2月で支援職歴は丸9年となります。

双極はたらくラボを立ち上げるきっかけとなったのは2017年、弊社の代表である伊藤の言葉でした。

「双極性障害の当事者としての松浦さんを、もっと発信したらいいんじゃない?
 失敗だと考えてる経験も全て価値になるよ。」

元々、伊藤と私は前職で上司と部下の関係でした。2011年に伊藤が前職を辞め、うつや双極性障害の方の社会復帰支援サービスを主と事業するリヴァを創業。

同じ頃、双極性障害が原因で退職していた私に伊藤が声をかけてくれて私はリヴァのサービス利用第一号となり、体調が整った後は支援員と広報担当を兼任する形で社員となりました。

私にとってリヴァは新卒入社から数えて5社目の会社。前職まで2年以上仕事が続いた事がなかったのですが、リヴァでのトレーニングで身につけた双極性障害への対処や働く中で行ってきた工夫、また周囲のサポートもあり継続勤務を続けることができました。

私自身は新しいことへのチャレンジ精神が旺盛で、社内で何度も新規プロジェクトや新規事業を提案し上手くいかないというサイクルを繰り返していた時、伊藤から「当事者としての松浦さんを、もっと発信したらいいんじゃない?」という言葉を受け、双極性障害である自分自身の経験を活かした何かができないかと考えるに至りました。


そこから3年間の活動実績は以下になります。

・Twitter


双極性障害の当事者であり、実名顔出しでSNSをする会社員が少なかった時にTwitter発信をはじめ、今では1万人以上の方にフォローいただいています。双極性障害と働くをテーマに日々の工夫と私の体調、軽躁もうつもオープンに伝えています。 

・note

私の「双極性障害と働く」に関する自分史や情報をnoteで公開したところ、3年間でアクセスは累計27万PV以上に。Twitterで頂いた双極性障害に関する生の意見をまとめて発表する場としても活用しています。

・双極ワーク(トーク会)

双極ワークの様子 

「双極性障害の方の中で、働くことに悩みを持ってる人と直接会って話ができる場があると良いのでは」と考え2018年3月から開始したのが、双極性障害×働くをテーマとしたトーク会「双極ワーク」。2020年からオンライン開催に変更し累計27回実施、300名以上の当事者の方にご参加いただきました

・講演ほか

シブヤ大学での講演の様子 

他にも伝える場をと考えて、講師としての登壇(NPOシブヤ大学NPO大ナゴヤ大学)や、Webメディアでの記事掲載(soarLITALICO仕事ナビなど)、またTwitterライブを活用して土曜朝にラジオ配信(2020年末で36回配信)もしています。


「双極性障害」と「働く」というかなり狭い分野での活動であるにも関わらず多くの反響を頂けたのは、まだまだ社会に情報が少ないからだと思いました。

「私一人の経験だけでなく、多様な生き方、働き方をする双極性障害の方を取材して必要とする人に届けたい

「私が余暇の時間で出来ることには限界がある。業務として本腰をいれて取り組むことで質を上げ、継続的な情報発信ができるのではないか

と活動の形態に関して考え直すようにもなりました。

そこで、「双極性障害」と「働く」に特化した情報を集めWebメディアという形で必要とする人に届ける企画を会社に提案。1年かけて承認をもらい、2021年春のメディア公開に向け鋭意準備中です。


■双極はたらくラボのコンテンツ案


「双極性障害で働くヒントがみつかる」がコンセプトの双極はたらくラボ。現在、想定しているコンテンツをご紹介します。


①双極マンガ

実際のマンガ「松浦さんの双極ライフ」より

私、松浦の実体験に基づく原案をもとに漫画家の方に作画を、精神科医の先生に監修を担当いただいている漫画「松浦さんの双極ライフ」。

2020年末時点で弊社で運営する別メディアに掲載している12回分の漫画も双極はたらくラボに掲載し、13回目以降は同メディアで連載していきます。


②双極レポート

弊社運営の別メディアで双極レポート第一弾を先行公開中

双極性障害と付き合いながら働く人の工夫を取材して掲載。双極性障害を抱えていることを職場に明かさず働く人や明かした上で働く人、また雇用形態として正社員、契約社員、パートの方もいれば、フリーランスや起業家なども取り上げる。

私が双極ワーク(トーク会)を通じて出会った色々な立場や状況の方の働く工夫を紹介していきたいと考えています。


③双極イベント

オンラインで実施した双極ワークの様子

個人活動で実施してた「双極ワーク」はリヴァが運営を引き継ぎ、双極はたらくラボでは開催情報を主として掲載します。

双極ワークは新たな形式を試したり開催頻度を増やすなども検討しています。


④双極情報

双極性障害で働くために有益だと考える情報を掲載するコンテンツです。対処法、書籍紹介やアンケート実施などを掲載していけたらと考えています。YouTubeを使った動画での情報発信も検討しています。


⑤その他(アンケート結果を元に)

2020年9月に「双極性障害の診断を受けている方、もしくはその疑いがある方」を対象に双極性障害と働くをテーマにしたWebメディアについてのアンケートを実施したところ、794名の方にご回答いただきました。

ここで頂いた多くのご意見も今後のコンテンツ作りに活かしていきたいと考えています。


回答頂いた794人中63%が双極性障害Ⅱ型の方だった

一般オープンやクローズといった働き方の情報ニーズが高かった


■双極はたらくラボの公開予定日

画家のヴァン・ゴッホは双極性障害だったという説があり、ゴッホの誕生日に由来して3月30日は世界双極性障害デーと制定されています。

双極はたらくラボは来年の世界双極障害デーである2021年の3月30日を公開予定日として、準備を進めています。

※参照元 https://square.umin.ac.jp/tadafumi/WBD.htm


■クラウドファンディングを実施する理由

双極はたらくラボは「閲覧する人にとって見やすく使いやすいメディア」を目指したいため、広告掲載(記事途中に挿入されるバナー広告など)はしません。また、記事も無料でお届けするため、Webメディアのみでの収益は見込めない状況です。

しかし、当然ながらWebメディアの立ち上げ(Web制作、ロゴ制作など)や維持運営(取材、文字起こし、記事制作、イラスト・漫画制作、サーバー保守など)には費用がかかります。

先々、Webメディア以外の場所で収益化を検討したいと考えてはいますが、立ち上げから数年は支出が積み重なっていく状況のため、この取組みに賛同いただける方にご支援いただけたらと思い、クラウドファンディングを実施することにしました。


■いただいた資金の使い道

「双極はたらくラボ」運営予算を想定しています。

年間運営費用の概算として

・記事制作費 24本     48万円
(取材費、文字起こし、ライター依頼費、漫画イラスト依頼 等)
・サーバー、システム保守費 20万円
・外部アドバイザー謝礼    30万円
・イベント対応スタッフ謝礼   4万円
  合計  102万円

この半分の予算 51万円に、Good Morning手数料(14%)を合わせた60万円を今回の目標にさせていただきました。

■今後のスケジュール

・2021年2月~8月  クラウドファンディングのリターン対応
・2021年3月30日 Webメディア「双極はたらくラボ」公開
・2021年4月~       Webメディア運営(頂いた意見を元に改善も検討)


■リターンのご紹介

【お気持ちコース(活動報告)】
【お気持ちコース(メッセージお礼)】
【[限定20名]早期割引 オンライン講演参加コース】 
【オンライン講演参加コース】 
【お気持ちコース(声でお礼)】
【Webにお名前掲載コース】 
【[限定8名]顔を合わせてオンライン交流コース】
【[限定6名]双極性障害に関するワークショップ参加コース】
【[限定6名]オンライン編集会議に参加コース】
【[限定2名]双極に関するアレコレをオンライン個別相談コース】
【お気持ちコース(動画でお礼)】
【[限定1名]オンライン取材に同席コース】
【[限定1名]あなたの双極×働くの物語をオンライン取材&記事化するコース 】


■最後に

長文となりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

このプロジェクトに少しでも共感いただけたり、「応援したい」と思っていただけましたら、ご支援いただけたら嬉しいです。

ご支援いただいた資金を活用させていただき、私自身が双極性障害と付き合いながら無理なく継続できるメディア運営の形を模索していきたいとも考えています。

何卒、宜しくお願いします。

※このプロジェクトは「All in 方式」を選択しております。目標金額が集まらずに終了した場合でもプロジェクトを実行しリターンを履行します。

  • 2021/05/31 18:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/05/22 10:47

    クラウドファンディングでの報告用に立ち上げたチャンネルでしたが、今回は松浦(編集長)の自己紹介を公開しました。うつ病を発症し、双極性障害に診断変更されて今に至るまでの17年間。双極性障害と働くをテーマに振り返ってお伝えする動画になります。もしよければご覧ください。【チャプター】ごあいさつ自己紹...

  • 2021/04/30 18:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください