Voice Up Japanってなんの団体? / What is Voice Up Japan?

Our Accomplishments 今まで達成したもの 一般社団法人Voice Up Japan

Our Accomplishments 今まで達成したもの 一般社団法人Voice Up Japan


What is Voice Up Japan? / Voice Up Japanとは?  一般社団法人 Voice Up Japan

Voice Up Japanの始まりは、代表である山本和奈が、2019年に『週刊SPA!』の「ヤレる女子大学生RANKING」という記事に対して抗議の署名を始めたことでした。

私たちのミッションは、署名活動やロビイング、平和的なデモなどを通して、社会の変化を推し進め、よりよい社会に変えていくことです。

また、イベントや勉強会を開催して急を要する社会問題や課題を人々に伝えること、安全な環境や支援体制を作った上で、だれもが声を上げて意思表明をすることが可能なようにエンパワーしていくことなどが私達の活動です。

更に、次の世代のリーダーを応援するために学生支部を設立し、現在、それぞれ自律的な目的を持つ12大学の学生達と活動を行っています。


Voice Up Japan is an organization founded by Kazuna Yamamoto in 2019 after starting a petition against a tabloid magazine that created a ranking of universities with female students that are easy to approach for sex.

Our mission is to advocate and create change through petitions, lobbying and peaceful demonstrations.

Furthermore, we educate people on urgent social issues through events and study sessions, & empower them to voice up and express their true selves by providing them with safe & supportive environments.

Lastly, we elevate the next generation of leaders by supporting them in building up student-led branches who pursue their own objectives in their respective institutions.

日本のジェンダー格差について / Gender Inequality in Japan


日本はジェンダー後進国であり、毎日のように関連するニュースが報道されています。例えば性犯罪、セクハラ、男女格差、ミソジニー等です。日本には多くの解決すべき課題があり、そのことがはっきりと見えるようになってきました。私たちはこれらに怒りの声を上げ、世論に訴えるだけでなく、解決に向けた対話をしたいと思っています。

Japan is still very behind in Gender Equality where theres a new headline almost every other day whether it's regarding sexual violence, sexual harassment, gender inequality , or a sexist comment. There are many issues regarding gender that are barely hitting the headlines yet.

We don't want to just be angry, or try to raise awareness but want to create solid solutions to such issues.


なぜクラファンしてるか / Why we're CrowdFunding

私たちは、当時学生であったメンバーで、Voice Up Japanをスタートさせました。

そのため、はじめから資金調達は困難でした。毎月のZoomやドメイン管理、継続的な運営費に限らず、登壇、ロビイングするための交通費、学生支部の運営にかかる費用は安くありません。大学支部は、その規模にもよりますが、活動資金として1支部12万円は最低必要としています。発足当初は大学支部は一つだけでしたが、今年中に、11部の設立が確定しています(計12支部)。活動の広がりに比例して、経費も膨らんでいきます。

今までの資金は、個人的に寄付してくださる方や、米国のグラミー賞バントBON IVERによる2 A Billionキャンペーンからの寄付などによりなんとか調達して参りました。

-記事リンク:Bon Iver、来日公演へ向けオークション開催 収益はジェンダーの平等目指すVoice Up Japanへ全額寄付

多くの学生アクティビストたちが、参加し声を上げ、社会を変えるパイオニアとして活動しています。今回集められた資金は、団体の活動を継続し、活動をより広範にするための運営費として使用されます。

2021年度は
事務費(会計・税金・手数料・ホスティング・デザインや広報のためのツール)などに約30万円、
登壇や勉強会を関東だけでなく地方などで行うために約160万円、
30大学支部の活動を支えるために約320万円、
メディアチームがより多くの人の声を拾い届けるために約45万円、
情報を様々な人に届けるための広報に約20万円、
そして現在進めているパリテキャンペーンプロジェクト・性的同意プロジェクト・包括的差別禁止法プロジェクト・同性婚プロジェクトなどを進めるために約400万円で
計1000万円の予算を考えています。

今回はその30%である300万円をまず目安に、クラウドファンディングを通して資金を集められたらと思います。

Voice Up Japanは設立以来、皆様からのコメントやアイディアを参考にして、様々な問題に声を上げて意見を述べてきました。今後の目標は以下の通りです!

We originally started Voice Up Japan when we were all students. Therefore, fund raising was extremely difficult. Speaking at international conferences and supporting student branches are not that easy. 

From administrative costs such as paying for our Organizational zoom account to hosting services and paying taxes, to transportation costs (as public transportation in Japan is NOT affordable), securing funding is a must for us to be able to focus on our advocacy & activism.

We've been able to come this far thanks to our supporters that donate to us from all over the world, and thanks due to the 2 A Billion Campaign lead by Bon Iver.

BON IVER's official Facebook Link:  https://www.facebook.com/boniverwi/posts/tokyo-friends-our-show-on-the-22nd-is-sold-out-and-the-one-on-the-21st-isnt-far-/10158294505454416/

Furthermore, managing a student branch can cost from about 150,000 to 300,000 depending on the project and activities each branch does.

We hope to spend about 300,000Yen on administrative costs, 1,600,000Yen to host events and organize projects in rural regions, 3,200,000JPY to support the 30 branches we plan to create (we currently have 11), 450,000JPY for the Media team to continue writing about local activists, and about 4,000,000JPY for new emerging projects such as the Same-Sex Marriage Project, Parite Project, Sexual Consent Project, and the Anti-Discrimination law project,

Ever since we have been founded, we have been carefully listening to the voices of the people within our community, and here is what we'd like to accomplish next year.


応援メッセージ / Messages 

Our current life only exists because of those that voiced up in  the past.
Lets support those that are raising their future for our future, and for the future of Japan.
-Yumi Ishikawa. Feminist, Writer,Actress, Starter of #KuToo Movement


By Raising our voices, we are able to put our thoughts into action and deliver it,
The society that we desire, which is a society where no one is left behind, is developed by us, by our voices and our hands, and I believe that it is possible to build.

Kazuko Fukuda - #Nandenaion Project Leader

Naho Ida

Leader of the The Selective Separate Spousal Surname National Petition Action

The 13th article of the constitution is a guide for everyone working towards gender equality, including myself.
"All of the people shall be respected as individuals. Their right to life, liberty, and the pursuit of happiness shall, to the extent that it does not interfere with the public welfare, be the supreme consideration in legislation and in other governmental affairs."
But to understand this, it is important to read the 12th article.
"The freedoms and rights guaranteed to the people by this Constitution shall be maintained by the constant endeavor of the people, who shall refrain from any abuse of these freedoms and rights and shall always be responsible for utilizing them for the public welfare.".
Our freedom and rights shall only be maintained through the constant endeavor of the people. It is our responsibility to raise our voices and shape existing politics and systems into more equality.
I believe that the work Voice Up Japan has done, is exactly that.
Achieving an equal society no matter their gender, raising against discrimination, fighting for more gender equal politics.
I will support initiatives taken by the youth to look forward to a world where everyone is able to respect each other.


Yan Fan
Code Chrysalis共同創立者・CTO
VUJは、より良い世界、より良い日本のために必要だと思います。
彼らは、様々な社会問題の声を取り上げており、VUJやその他団体の働きにより、
もっと平等な社会になっていけると思います。

Robin Lewis
共同創立者 Mymizu
代表理事 一般社団法人Social Innovation Japan

ジェンダー平等を達成することは誰もを影響することーみんな解決するために取り組まなければいけない。平等な社会になれば、もっと多くの人が得をするから。
資金の使い道

ー300万円のゴールは
学生支部運営費:約165万円(現在11大学)
メディアチーム運営費:約45万円
運営事務費:約30万円
手数料:約45万円 (14%+税)
クラファンリターン:約8万円

そして、残りのぶんはその他のプロジェクトの運営費などに回しいきたいと思います、

実施スケジュール

ープロジェクト自体の実施スケジュール

開始日(2020年12月8日)  / Start Date 10th of December

最終日(2021年1月8日) / Finish Date 10th of January

商品のお届け(2021年4月まで) / Shipment of Returns : April, 2021


リターン Returns

・¥1,000 Voice Up Japan Supporter

御礼のメールをお送りしますWe will send you a Thank YouEmail 

・¥3,000 Voice Up Japan Promotor

VUJデザインチームとアパレルチームがデザインした限定ステッカーセットを1セット(3枚)お送りします。セットはクラウドファンディング終了時にお選びいただけます。

You can receive a Sticker Set designed by the Design Team and Apparel Team. You can chose the set when the CrowdFund ends.

・¥5,000 (MAGAZINE + Sticker)

VUJメディアチームにより作られたクラファン限定のMAGAZINEをお届けします。VUJメンバーとその他ゲストの方にコラムを書いていただく予定です。MAGAZINEの方はデジタル版と紙のものよりお選びできます。

その他にVUJデザインチームとアパレルチームがデザインした限定ステッカーセットを1セット(3枚)お送りします。

You will receive 1 set of stickers and a digital version OR a physical copy of our limited edition MAGAZINE created by the Voice Up Japan Media Team. This Magazine has opinion articles and interviews done by other VUJ Members and even Non-VUJ Members.

・¥10,000 (VIVID SUPPORTER)

You will receive a bag made with a design from VIVID, the official brand created by Voice Up Japan. You will also receive the limited edition MAGAZINE and a Sticker Set of your choice.

VUJオフィシャルアパレルのVIVIDのUNISEXバッグと、限定MAGAZINE,ステっかーセットをお送りします。

・¥10,000 (VOICE UP JAPAN FIGHTER)

For those who don't want any physical good but just want to cheer on Voice Up Japan.
リターンはなしで、VUJを応援したい方へ。お名前をVoice Up Japan Fighterとしてウェブサイトに記載いたします(任意)

・¥50,000 (VOICE UP JAPAN SUPER FIGHTER)

For those who don't want any physical good but just want to cheer on Voice Up Japan.

リターンはなしで、VUJを応援したい方へ。 お名前をVoice Up Japan Super Fighterとしてウェブサイトに記載いたします(任意)

・¥100,000 (VOICE UP JAPAN ULTRA FIGHTER)

For those who don't want any physical good but just want to cheer on Voice Up Japan.

リターンはなしで、VUJを応援したい方へ。お名前をVoice Up Japan Ultra Fighterとしてウェブサイトに記載いたします(任意)

法人様用リターン

※法人用書類を希望の方は、voiceupjapan@gmail.comにご連絡いただければ別途送りします。
ロゴの入稿方法や配布物の案件に関してはクラウドファンディング終了後Voice Up Japanから各企業・団体様にご案内をお送りします。ロゴのデータは .ai と.jpg / .png データを両方をご準備ください。

※For those who want to know more about sponsorships and collaborations, please contact voiceupjapan@gmail.com to receive more information. Once the Crowdfunding ends, we will send each enterprise/organization an email regarding more information. Please make sure you have your company/organizational logo ready in .ai and .jpg/.png.

・法人様用 / For Corporations and Enterprises ¥100,000 

websiteにロゴ記載・希望の法人様はSNS(IG Story, Twitter, )で商品やサービス紹介(3回まで)、イベントなどでチラシ配布(1000枚もしくはイベント3回まで)有効期限2021年3月~2022年2月

Publishing your logo on our website, promoting products or services via IG Story and Twitter (Up to 3 times)、Introducing the project or company at events(up to1000Flyers or max. 3 events).From March 2021 until February 2022

・法人様用/ For Corporations and Enterprises¥300,000 

Websiteにロゴ掲載・希望の法人様はSNS(IG Story, Twitter, Facebook)で商品やサービス紹介(合計10回まで)、チラシや配布物にロゴ(小)記載、イベントなどででチラシ配布(3000枚もしくはイベント10回まで)
有効期限2021年3月~2022年2月

Publishing your logo on our website, promoting products or services via IG Story, Facebook and Twitter (Up to 10 times), putting your logo on handouts at events and other opportunities.(up to3000Flyers or max. 10 events)).From March 2021 until February 2022.

・法人様用/ For Corporations and Enterprises¥500,000

websiteにロゴ掲載・希望の法人様はSNS(IG Story, Twitter, Facebook)で商品やサービス紹介(合計20回まで)、チラシや配布物にロゴ記載、イベントなどででチラシ配布(10000枚もしくはイベント30回まで)
有効期限2021年3月~2022年2月


Publishing your logo on our website, promoting products or services via IG Story, IG Feed, Facebook and Twitter  (Up to 20 times), putting your logo on handouts at events and other opportunities.((up to10000Flyers or max30 events).From March 2021 until February 2022


タイムライン Time Line

開始日(2020年12月19日)  / Start Date 8th of December

最終日(2021年1月19日) / Finish Date 8th of January

商品のお届け(2021年4月まで) / Shipment of Returns : April, 2021

皆さんのご支援を心からお願い申し上げます!一緒に声の上げやすい、ジェンダー平等な社会を作り上げていきましょう。どうぞよろしくお願い致します!

Please support us and help us raise funds for a gender equal society where everyone can voice up. 

最後に: 学生支部からのメッセージ/Messages from our Student Branches




皆さんのご支援を心からお願い申し上げます!一緒に声の上げやすい、ジェンダー平等な社会を作り上げていきましょう。どうぞよろしくお願い致します!

Please support us and help us raise funds for a gender equal society where everyone can voice up


今までの活動:ヤレる女子ランキングに対する署名活動 / The Petition against the "University Sex Ranking"


「ヤレる女子ランキング」とは、2018年12月に発行された週刊SPA!の記事の中で、根拠もなく大学の実名をあげて女子学生をランキングした企画でした。

その企画を見た山本和奈が、change.org上で署名を始めたところ、わずか3、4日間で4万人を超える署名が集まりました。そして多数の署名を集めたあと、週刊SPA!の編集部と直接対談しました。その一連の行動は国内外の様々なメディアにより注目を浴びました。

The "University Sex Ranking" was a ranking created by the Tabloid Magazine Shu-kan SPA! in December, 2018. They had created a ranking where they ranked the actual names of the Universities without any evidence .

Seeing that, Kazuna Yamamoto started a petition via change.org and collected more than 40,000 petitions and just a few days. The petition and the meeting she had with the authors of this magazine generated a lot of media attention both nationally and internationally.

活動:性犯罪の刑法改正を求める署名活動 /Petition to change the criminal law against sexual violence


2019年3月、19歳の女性が実の父親から性交を強いられていたケースで父親が無罪になるなど、性犯罪について理不尽な判決が続いています。これを改善するために、 人権のために活動している他の二団体、認定NPO法人Human Rights Now、一般社団法人Springとともに、Voice Up Japanは「日本における性的暴力に関する法律改正」のための署名を集め始めました。書名趣旨は、「同意なしの性行為を刑法で有罪とする」ことを求めるもので、一年もせずに10万人以上の署名が集まりました。

また、就職活動中の学生に対するセクハラを止める活動に参加し、2019年の11月に記者会見を開き、国内外からの 注目を集めています。会見では、日本の就活生に対する様々なセクハラについて発表しました。記者会見はその後Twitterで大きく広まり、被害者たちが今までの経験を話せるきっかとなりました。

私たちは、記者会見での注目や、その後全国から寄せられた就活セクハラについてのパブリックコメントの数に驚きました。そして、未だ日本社会では多くみられる性的暴行や男女差別に対して闘いたいという願いを新たにしました。

Voice Up Japan started a petition along with Human Rights Now and Spring to change the criminal law regarding sexual violence after hearing about the case where a man who raped his own daughter was ruled innocent. 

The petition was in favor of creating a law that was based on consent and not based on the existence of violence. The petition was able to collect over 100thousand signatures in a year, and they met twice with the minister of justice to advocate the importance of this law.

November of the same year, the Voice Up Japan team participated in a project about Shukatsu-Sekuhara, sexual harassment that occurs while job hunting. As the Labor Laws do not specifically protect students that are in the process of job hunting, the team organized peaceful demonstrations to allow people to know the horrendous reality of the students that are searching for a job.

After the press conference and the public comments (official comments you can send to the inner cabinet for certain issues), we were able to realize the amount of sexism, and gender-based violence in Japan. 

写真出典 一般社団法人Spring

  • 2021/01/22 21:00

    一般社団法人Voice Up Japan 理事の西村俊哉です。私たちが2020年12月19日から開始したクラウドファンディングプロジェクトが、1月19日(火)23:59に幕を閉じました。応援メッセージを送ってくださった、石川優実様、福田和子様、井田奈穂様、Yan Fan様、Robin Lewi...

  • 2021/01/14 21:23

    こんにちは!VUJ代表の山本和奈です。この度は、二人の方に、新しく応援メッセージをいただきました!「辺野古」県民投票の会元代表・大学院生の元山仁士郎さん。また、一般社団法人Start Up Lady協会の代表理事、鈴木萌子さん。残り5日となりましたが、引き続き頑張ります!みなさん、どうぞよろし...

  • 2021/01/12 20:12

    みなさん初めまして、こんにちは。一般社団法人Voice Up Japan理事の西村俊哉と申します。この度、Voice Up Japanのクラウドファンディングに新しいリターンを追加させていただきました。詳細につきましては下記画像をご確認いただければと思います。クラウドファンディングの目標を達成...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください