沖縄と海外の青年が集う「若者の祭典」。海を渡ったウチナーンチュやその家族は、現在約40万人にのぼり、世界と沖縄をつなぐ若者の祭典が2012年に誕生。これまで南米・北米・欧州・アジア、沖縄で開催。2018年、ペルーで大会を開催する。 公式HP:https://wyuf.okinawa/

プロジェクト本文

はじめまして、世界若者ウチナーンチュ大会実行委員会広報PR部長の前川です。

2018年2月6日から10日まで、南米大陸にあるペルーにて「第6回世界若者ウチナーンチュ大会」というイベントを開催するため、プロジェクトを立ち上げました。

世界若者ウチナーンチュ大会とは、
沖縄と海外の青年が集い、人と地域に感動と元気を届ける若者の祭典 です。

沖縄県は国内有数の移民県です。その歴史は1899年のハワイ移民から始まります。海を渡ったウチナーンチュ(沖縄人)やその家族は、北米、南米、欧州、アジアなど世界各地に在住し現在約40万人にのぼるといわれています。移民の理由はいくつかありますが、戦後海を渡ったウチナーンチュが沖縄の救済活動を行っていた歴史があったり、沖縄への強い想いを持つ若者もいます。

私たちは、その世界のウチナーンチュと沖縄の若者を繋ぎ、沖縄文化の継承や地域活動に目を向ける場として本大会を海外・沖縄の5地域にて開催してきました。前回大会は沖縄で開催し、海外から150名、沖縄県内から2334名の若者が参加しました。

本大会は2018年で第6回目をむかえますが、毎年若者が参加しやすいようにと参加費は最小限にしています。過去大会では、企業様へ訪問に伺ったり、個人の寄付金でのご協力をいただき運営してきましたが、毎年資金集めには苦労しております。そこで今回は、クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げる運びとなりました。是非とも皆様に「地域応援団」になっていただき、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

公式Facebook:https://www.facebook.com/World.Youth.Uchinanchu.Festival/

公式Twitter:https://twitter.com/WYUF_OKINAWA

公式instagram:https://www.instagram.com/wyuf_okinawa/

 




地域応援団は、皆様が「応援」という形で大会に関わることができる仕組みとなっています。大会を通して、応援したい沖縄県内の市町村を選び、皆様のお名前を掲載することができます。またリターンとして、開催地ペルーの雰囲気を皆様にもお伝えしたいと思い、沖縄県内のペルー料理屋さんのご協力のもと、ペルー料理をお届けすることにいたしました。

前回の大会では、沖縄県内41市町村の市町村の皆様方が「地域応援団」として地元の地域、そして若者を応援してくださり、無事に開催をすることができました。日頃から暖かいご支援と多大なるサポートをいただき、誠にありがとうございます。

第6回目となる本大会におきましても、引き続き、沖縄県内外、海外の皆様からの応援、ご支援の力を頂戴し、皆様と一緒に大会を成功させたいと願っております。

 

1.名称「第6回 世界若者ウチナーンチュ大会 ペルー・2018」

(英語表記:The 6th World Youth Uchinanchu Festival PERU 2018)

2.開催期間
 2018年2月6日(火)~2018年2月10日(金)
 2月11日(土)はペルー沖縄祭り

3.主催  第6回世界若者ウチナーンチュ大会実行委員会
 (一般社団法人世界若者ウチナーンチュ連合会内)

4.共催 ペルー沖縄県人会

5. 後援
沖縄県(予定)、沖縄県青年団協議会、中部地区青年団協議会、南部地区青年団連絡協議会、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、宜野座村、金武町、恩納村、名護市、読谷村、うるま市、嘉手納町、中城村、浦添市、沖縄市、北谷町、宜野湾市、西原町、北中城村、与那原町、南風原町、豊見城市、南城市、八重瀬町、糸満市、那覇市、宮古島市、多良間村、石垣市、竹富町、伊江村、伊平屋村、久米島町、南大東村、北大東村、粟国村、渡嘉敷村、座間味村、渡名喜村、残り2市町村(申請中)
※平成29年8月28日現在

6.協力 ペルー沖縄婦人会

7. 参加者

18〜35歳の沖縄県内・県外の若者、世界 10 ヵ国以上の沖縄県系子弟

▼これまでの活動
2012年 第1回世界若者ウチナーンチュ大会 南米・ブラジル
2013年 第2回世界若者ウチナーンチュ大会 北米・アメリカ
2014年 第3回世界若者ウチナーンチュ大会 欧州・ドイツ
2015年 第4回世界若者ウチナーンチュ大会 アジア・フィリピン
2016年 第5回世界若者ウチナーンチュ大会 沖縄

大会開催の運営費、旅費交通費、施設使用料等に活用いたします。


すべてのリターンに、『「地域応援団」として①公式Webページ、②パンフレット(1000部発行)、③報告書(1000部発行)へお名前を掲載する』が入っております。「プロジェクトを支援する」をクリックすると記入欄に『備考欄』がありますので備考欄に以下をご記入ください。

------------
・お名前掲載の有無:
・応援したい市町村(1市町村のみ):
・掲載したいお名前:
------------

記入漏れがございましたら、実行委員会からメールにてご連絡させていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください