このプロジェクトはブックフォールディングクリエイター山口友都初の個展を開催するためのものです。

プロジェクト本文

▼ご挨拶

初めまして。
OruFun(オルフォン) の青木と申します。
私たちは本を材料にしたブックフォールディングというものをデザイン、制作、販売しているものです。
ブックフォールディングとは、本のページを折って立体的な文字や形を表現するものです。
クリエイターの山口は2013年に”ブックフォールディング”をインターネットで発見。
幼少時代から折り紙に興味を持っていたことから、新ジャンルを感じ、独学で制作開始。
独自のスタイルとして【OruFun(オルフォン)】と名付けました。
同時にInstagramで作品の写真を投稿し、
現在では国内外約4万人のフォローワーが彼の作品を楽しみにしています。

大学時代友人である青木が彼の作品、理念、描くビジョンに共感し、2014年に参加。
制作全般を山口が、マネジメントを青木が担当し、現在2人で活動しています。

▼クリエイターからのご挨拶

はじめまして。
ブックフォールディングクリエイターの山口と申します。
ブックフォールディングは、まだまだ認知度も低く、皆さんにとって馴染みの薄い存在かと思います。
ですが、一目ご覧いただければその世界をその瞬間から楽しんでいただけると思います。
今まで知っていた本とは全く別の価値がを生み出せると思っています。
そんなブックフォールディングの世界を是非多くの方に楽しんでいただけたら幸いです。

▼このプロジェクトの目的

今回のプロジェクトで実現したいことは、山口友都初の個展を開催すること。
個展開催や、CAMPFIREを通じて、OruFunやクリエイター山口友都をより多くの人に知ってもらい、
ブックフォールディングの楽しさを知ってもらうことです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

今回のプロジェクトは彼の作る作品を、画面越しではなく、直に体感できる場所を作り、
ブックフォールディングの良さ、楽しさを知ってもらえる機会を作りたいと思いこのプロジェクトを立ち上げました。
インターネット上で作品を多く投稿し、国内外で様々な反響があり、私たちがこのように活動を継続できているのをインターネットのおかげだと思っております。
ですが、リアルな場でも私たちの作品を体感してもらいたいと思ったからです。
本のページを刃物を一切使わず、1枚1枚折るだけで表現する立体感や、紙の質感、ミリ単位での細かい手作業から生まれる正確性は画像だけでは全て伝わり切りません。
ひとりでも多くの方がブックフォールディングに興味を持ってもらい、楽しんでもらえたらと思っています。

▼個展について

OruFun初の個展は、JR山手線有楽町駅徒歩1分の東京交通会館で開催しようと思っています。
期間は会場をお借りできるのが1週間単位なので、1週間を予定しております。
会場は1階の「ギャラリーパールルーム」を予定してます。
開催日程に関しましては、本プロジェクトがサクセスしましたら会場に問い合わせ、日程と会場を抑え、2017年10月、11月に開催できるように動きます。

ブックフォールディングやOruFunを存分に体感できる個展にしたいと思っています。
完成している作品を中心に展示をし、作品の試作に使った約100冊の本も展示しようと思っております。
展示している作品は、その場で販売する予定です。
個展期間中は、展示を継続させて頂きますが、会期終了後に発送させて頂きます。

▼これまでの活動

コンペティション
第9回 月のアート展 一般投票賞 作品タイトル 「OruFun(月)
第26回 紙わざ大賞  入選 2作品 作品タイトル「Read」「Magic」
            準入選1作品 作品タイトル「Win」



メディアクリップ(テレビ)
日本テレビ「Zip!」 2015.8.25
テレビ東京「イチゲンさん」 2016.10.2
テレビ東京「イチゲンさん」 2016.10.30
フジテレビ「めざましテレビ」 2016.12.13
日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」 2016.12.19

メディアクリップ(雑誌)
「The Hemp Connoisseur Magazine」誌(USA) 2016.8月号 掲載
「Geek Art」誌Vol.3(フランス) 2016.11月号 掲載

コラボレーション
クッキータイムジャパン株式会社 クッキーバー原宿店様
株式会社リブロ LIBRO 横浜ポルタ店様
株式会社リブロ パルコブックセンター パルコ調布店様



▼資金の使い道

ご支援頂いた資金に関しては、以下のように使用させて頂きます。

・会場場所代 東京交通会館ギャラリーパールルーム ¥194,400
・会場展示用備品
テーブル x 3 1,102円
テーブルクロス(白) x 3 778円
会場案内板レンタル代 7,000円
・作品搬入用車両レンタル費 約20,000円
・作品搬出用車両レンタル費 約20,000円
・交通会館駐車場代  
搬入日 6時間 3,600円
搬出日 10-21 6,600円
・期間中交通費 (560×2×2)× 5 =11,200円
・お手伝いさん人件費 搬入日を除いた6日間 10,000×6 = 60,000円
・制作費・人件費 259,744円
・CAMPFIRE手数料 46,754円
合計 631,178円

▼私たちが伝えたいこと

これまでの活動を通して頂いたご意見の中でとても印象的な意見があります。
「あなた達は本を無駄にしている。」
「本がかわいそう。」

様々な意見があっていいと思いますし、私たちもそれらの意見を一切否定したくありません。
ですが、私たちが行なっているのは本の価値の再構築であると思っており
捨てられてしまう本や読まれなくなってしまった本を再び輝かせるのがブックフォールディングだと思っています。

今回のプロジェクトを通して、ブックフォールディングを知って頂くいい機会になり、
より多くの方々と今回のプロジェクトを開催できるのを心より楽しみにしております。

よろしくお願い致します。

▼ご支援頂いた方へのリターンについて

様々なリターンをご用意いたします。

(3,000円)
・お礼メール
・ブックフォールディング制作キット 3点(PDF)
Dream
Happy
Hope
・抽選で1名様に該当ブックフォールディング (Dream) が当たる権利。
クリエイター山口が作るブックフォールディングが支援者様の中から抽選で1名様に当たります。

(3,000円)
・お礼メール
・ブックフォールディング制作キット 3点(PDF)
Coffee Cup
Musical Note
Clover
・抽選で1名様に該当ブックフォールディング(Coffee Cup)が当たる権利。
クリエイター山口が作るブックフォールディングが支援者様の中から抽選で1名様に当たります。

(3,000円)
・お礼メール
・ブックフォールディング制作キット 3点(PDF)
Marry Me?
Welcome
Mr & Mrs
・抽選で1名様に該当ブックフォールディング (Marry Me?) が当たる権利。
クリエイター山口が作るブックフォールディングが支援者様の中から抽選で1名様に当たります。

 

(3,000円)
・お礼メール
・ブックフォールディング制作キット 3点(PDF)
Bats and the moon
Jack O Lantern
Ghost
・抽選で1名様に該当ブックフォールディング (Bats and the moon) が当たる権利。
クリエイター山口が作るブックフォールディングが支援者様の中から抽選で1名様に当たります。 

(3,000円)
・お礼メール
・ブックフォールディング制作キット 3点(PDF)
Spartan Helmet
Skull
Middle Finger UP
・抽選で1名様に該当ブックフォールディング (Spartan Helmet) が当たる権利。
クリエイター山口が作るブックフォールディングが支援者様の中から抽選で1名様に当たります。



(4,000円)
・お礼メール
・ブックフォールディング製作キット3点。(サイン付き印刷物)
・抽選で1名様に該当ブックフォールディング(選択したリターンA-Eのもの)が当たる権利。
クリエイター山口が作るブックフォールディングが支援者様の中から抽選で1名様に当たります。

(23,000)
・お礼メール
・イニシャル(完成品)
大切な人へ送るプレゼントに最適なブックフォールディングです。
リターン選択後、ご希望のイニシャルをお伺い致します。

(23,000)
・お礼メール
・記念日 4桁(完成品)
大切な記念日を祝うプレゼントに最適なブックフォールディングです。
リターン選択後、ご希望の日付をお伺い致します。



(29,000)
・お礼メール
・デイト 6桁(完成品)
大切な記念日を祝うプレゼントに最適なブックフォールディングです。
リターン選択後、ご希望の日付をお伺い致します。



(36,000)
・お礼メール
・ネーム・ワード 3-9文字 (完成品)
ご希望の名前・言葉をブックフォールディングにします。

(50,000)
・お礼メール
・カスタムオーダー製作(完成品)
ご希望の柄などの文字以外のものを製作いたします。
著作権に触れるデザインなどは、承ることができませんのでご了承ください。

 (660,000)
・お礼メール
・マスターピース「DEVIL」(完成品)
マスターピースというラインの作品で、同じデザインの作品は5つ以上製作いたしません。
マスターピースシリーズは作者である山口の思いが強く反映されいるため、過激なデザインが多いのも特徴の1つです。
ご支援者様には作品の納品とシリアルナンバー明記した証明書を額装して後日お送りいたします。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください