こんにちは!インド柄下着の、Rangorie(ランゴリー)です!

Rangorieは、「一人ひとりが可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」をミッションとして下着づくりに取り組んでいます。

1. インドの女性達と一緒にものづくりをする(エシカル)
2. インドの伝統柄を使う(インディアネス)
3. 快適さを追求する(コンフォタブル)

の3つにこだわって活動しています。



 ▶ ごあいさつ
 ▶ ブランド名について
 ▶ ブランドストーリー
 ▶ リターン品について
 ▶ Q&A
  ▷ サイズについて
  ▷ お手入れ方法について
  ▷ 返品・交換について
 ▶ 最後に
 ▶ 会社情報


Rangorie(ランゴリー)というブランド名はRangoli(ランゴリ)とLingerie(ランジェリー)の二つの単語を組み合わせて作った造語です。

Rangoliとはインドの家に幸福を招く文様です。女性が描くものとされ、女性を象徴する文様でもあります。女性を幸せにする下着ブランドでありたい、そんな思いを込めてRangorieというブランド名をつけました。    


はじまり

2010年にリコーのBoP プロジェクトでインド北部のビハール州の農村部に滞在した江副(Rangorie共同代表)の想いからRangorieは始まりました。

当時、訪問先で目にしたのは、女性たちは色鮮やかな美しい衣装を身にまとう反面、その下には味気ないデザインのサイズの合わない下着を身に着けていることでした。農村部では下着は生活必需品の一つとして男性が営む店舗に置かれ、デザインやサイズのわがままを言える状況ではありません。また、多くの女性達が、家計に貢献し家庭内での地位を向上するため、職業訓練校に通うものの、現地ではなかなか仕事がないのが実情でした。

そのような状況を目の当たりにし、2011年12月 現地農村部にリコーと現地協力NGOのDrishteeの共同プロジェクトとして女性による女性のためのフランチャイズショップ「ウーマンズショップ モモランゴリ」を始動し、現地農村部で女性経営者を育成しました。2017年にはインド各地に70店舗以上にまで拡大しました。 

ウーマンズショップ モモランゴリオーナー第1号の女性


更なるアイデアとして下着を現地の女性達と一緒に作って販売することも考えていましたが、江副は家庭の都合でリコーを退職することに。インドで下着を作りたい!という希望を持ち続け、8年の月日が経ちました。

インドでのテスト販売

時は流れ2019年春、リコーアクセラレータープログラム「TRIBUS(トライバス)」が発足し、働きながらビジネススクールに通っていたもう一人のRangorie共同代表の綿石は、女性を固定的な役割から解放するような事業を企画し、この新規事業プログラムに応募したいと考えていました。

そんな時、江副と久しぶりに再会し「インドで下着を作りたかった」という話を聞き、意気投合。
事業プランの形にまとめて応募しました。

8月には2人でインドへ調査旅行へ出かけ、10月にはテストブラの制作を開始、1月にはインドのムンバイでテスト販売を実施し、ボリウッド女優さん達から好評を博し、一定の手ごたえを感じていました。

インド調査旅行展示販売会の様子

そんな精力的な活動が認められ、TRIBUSの最終選考まで残り事業化に向けて動き出しました。

コロナ禍の影響

「さぁインドでブランド立ち上げ加速するぞ!!」

と意気込んでいた矢先、COVID-19が世界的に感染拡大し、我々Rangorieのメンバーもインドへの渡航は難しい状況に。

インドの女性達と一緒に下着づくりがしたい!しかし現地に渡航できない状況で、販売も生産も両方立ち上げるのは時間とコストとリスクが大きすぎる。

何より、我々が現地にいない状況では、我々のチェックを通ることなくお客様に商品が届いてしまう。
経験のない下着生産で自分たちで品質を確認できないものをお届けなどできない!

そこで、

「インドで生産し日本のお客様に販売することで、自分たちで品質チェックをして、日本のお客様に通用するブラを作れるようにする。

そしてまた自由に渡航できるようになったら日本品質のブラでインドのお客様にもRangorieブラの快適さとかわいさをお届けする!」

と決め、今まで準備してきた商品案を大きく変更し、新たに日本向けの商品を作ることにしました。

実は、我々のインドでの活動を日経ビジネスやJBプレス Autographなどのメディアに取り上げてもらい、日本のお客様からもSNSで

「かわいい!」「欲しい!」「日本では買えないんですか?」

という嬉しい声をいただいていて、日本のお客様にもインドの柄のかわいさをお届けしたいと考えていたのです。

クラウドファンディングに挑戦

ひとことで日本で販売する、といってもインド柄のブラなんて日本ではどこにも売っていない、どれくらいの人の心に刺さるか見当がつきません。インド柄ブラの日本での可能性を知るため、そしてご支援いただいたお客様の声を聞きながらものづくりをするために、クラウドファンディングに挑戦したいと考えました。

今後の計画

Rangorieは以下のステップでインドの女性達と下着づくりを行っていきます。

STEP 1: 日本のお客様向けに商品を発売し、ノウハウを蓄積する。農村部には、ハンカチ・バッグなどのリターン品の一部の生産を委託し、日本品質への理解を深める。(今回のクラウドファンディングはこちらの位置づけです。)

STEP 2: インドの下着工場に生産を依頼する。農村部では、布ナプキンなど専用機材の不要な商品の生産を委託する。

STEP 3: STEP 1&2で集めた支援金で機材を投入し、農村部の女性達と一緒に下着づくりを開始する。

今回のクラウドファンディングはSTEP3のインド農村部での生産体制構築へ向けての第1歩です。集まった資金は、現地の協力NGOであるDrishteeと連携しての下着生産トレーニングや量産体制構築のための設備投資(業務用ミシン購入費など)に充てる予定です。


クラウドファンディング中の活動予定

4月15日までのクラウドファンディング期間中は、より皆様にRangorieのストーリーや商品について、準備の裏側について、お伝えできるよう、オンラインのイベントシリーズを予定しております。

コンセプト動画の撮影にご協力いただいた映画「タゴールソングス」の佐々木美佳監督、ブラ制作にご協力いただいた株式会社XYの高崎聖渚CEO、インドの農村部で生産協力いただいているNGO団体Drishteeのコミュニティマネージャーとの中継など、豪華なゲストをお招きする回もありますので、ぜひ皆様RanogrieのPeatixページもご覧ください!



Rangorieオリジナルハンカチ

現地パートナーDrishteeを通じて農村部女性が手織りで作った布を天然染料で染め上げ、手刺繍をあしらったRangorieオリジナルデザインのハンカチです。

【素材】綿100%
【サイズ】 45cm×45cm
【生産国】 インド


サリーブラ(レッド/ブラック)

日本市場に向けた新作デザインのブラです。インドの伝統衣装であるサリー(肩にかけて布を掛ける)をイメージしました。裏地にパワーネットを使い、ヨガなどの軽い運動でも着用いただけるようにしました。ホックレスで仰向けになってもホックのごろつきがありません。

サリーブラ(レッド)

サリーブラ(ブラック)

【素材】
表地:ポリエステル82%、ポリウレタン18%
裏地:ナイロン80%、ポリウレタン20%
【サイズ:】
S/M/L
【カラー】
レッド・ブラック
【生産国】
日本
※ワイヤーなし
※ホックなし


おうちブラ(ミント/ラベンダー)

日本市場に向けた新作デザインのブラです。家で過ごす時間をゆったりとらくちんに過ごせるように肌当たりがよく、ストレッチ性の高い素材を使いました。

おうちブラ(ミント)

おうちブラ(ラベンダー)

【素材】
表地:ポリエステル82%、ポリウレタン18%
カップ裏:綿100%
【サイズ:】
S/M/L
【カラー】
ミント・ラベンダー
【生産国】
日本
※ワイヤーなしタイプ
※肩ひも調整可
※2段3列ホック


【3/12 追加リターン品】ソング

サリーブラ、おうちブラと同じペイズリー模様をあしらったショーツです。ショーツラインが目立たず、後ろ姿も綺麗に見せるソングタイプです。ソングが初めての方でも抵抗なく履いていただけるよう、ヘルシーなデザインに仕上げました。

【カラー】ブラック
【サイズ】M or L
【素材】表地:2wayトリコット、クロッチ:綿ニット
【生産国】日本


柄について

今回のインド柄は紺とピンクのペイズリー模様を採用しました。
ペイズリー模様は、インドのカシミール地方のショールに施された模様が起源とされています。今では世界中の人々に『安心感を与える模様』として親しまれています。

※サリーブラ、おうちブラは株式会社XY様にご協力いただきデザインしました。

Q: サイズはどのように選んだらよいでしょうか?
A: 下記サイズ表を参考にお選びください。締め付け感がないように伸縮性の高い素材を使っているので普段のブラよりも緩く感じる方もいらっしゃいますため、迷ったときは小さめのサイズをお薦めしております。

ブラサイズ表

ショーツサイズ表


Q: お手入れ方法について
A: Rangorieの商品はどの商品も洗濯機でお洗濯いただけます。生地の傷みを避けるためネットのご利用を推奨いたします。
また伸縮性を良くするためにポリウレタンの含まれる生地を利用しています。ポリウレタンは熱に弱いため、長くご利用いただくために乾燥機のご使用はお控えください。

Q: 返品・交換について
A: 返品・交換には対応できませんのでご了承ください。

Q: 販売数に限りはあるのですか?
A: 今回300個の生産予定で工場とコミュニケーションをしています。生産数量の内訳は調整が可能なため、品切れになったものは生産数量の範囲で追加しています。ただし、追加分は100円の値上がりとなります。


私たちRangorieは「一人ひとりが可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」というミッションの実現に向けての第一歩として、インドの農村部女性達との下着づくりに取り組んでおります。

まだ動き始めたばかりの私たちですが、現地女性達とやり取りをする中で、小さな依頼でも仕事を依頼し、対価を支払うことで今まで仕事をしたことがなかった女性達の成功体験となり、「もっと自分たちはできる!」という自信につながっていく様子を目の当たりにし、変化を実感しています。

そんな変化をもっと起こしていきたいと考えております。


どうぞ応援よろしくお願いいたします!


運営会社:株式会社リコー 株式会社リコー
Rangorieプロジェクト代表者:綿石早希、江副亮子
連絡先:(050) 3136-2941

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/08 14:08

    クラウドファンディングが終了して、あっという間に1か月が経とうとしています。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?Rangorieチームは下着を生産してくださる工場さんと最終調整に入っています。また下着の生産と平行して、インド農村部でのハンカチづくりのオーダーも完了しました。現地パートナーのDr...

  • 2021/04/16 14:17

    この度3月1日(月)より実施していたクラウドファンディングが4月15日(木)に無事終了しました。終了時点で210名の方から、総額1,638,900円、達成率327%と、非常に多くの温かいご支援をいただきました。お力添えいただいた皆さま、本当にありがとうございました。いただいた支援金はリターン品...

  • 2021/04/12 17:00

    こんにちは!Rangorie(ランゴリー)の綿石です。45日間に渡るクラウドファンディングも残すところあと3日となりました。引き続きのご支援と拡散をどうぞよろしくお願いいたします!オンラインイベントシリーズアーカイブ公開のお知らせ長かったようで短かったクラウドファンディング期間。単に商品を予約...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください