はじめに

新型コロナウイルスにより身体、精神共に大変辛い思いをされている方々に心よりお見舞い申し上げます。1日も早く終息を迎える事を祈っております。


ご挨拶


はじめまして。京都府の北部にある『京丹後市』に住んでいます。田中洋年(ひろとし)です。

年齢は52歳で、織物を織りながらオリーブ栽培をしている【大善株式会社】の5代目代表です。


京丹後市は織物の産地でその中でも『丹後ちりめん』が有名です。

オリーブ園は私の父・4代目代表・田中治(おさむ)が家業である織物事業の将来を見通し、景気の落ち込みや海外へ仕事が流れるなど、このままでは経営が厳しくなると危機感を感じ織物業とは全く異なるジャンルの農業へと道を決めました。


私たちの住んでいる「京丹後市」は恵まれたことに自然が多く水は綺麗で美味しいお米や野菜が獲れます。さらに日本海側に面しているので魚・カニ・カキなどの漁業も盛んです。そんな自然溢れる「京丹後市」で父は誰も手をだしていないオリーブに目をつけました。

なぜオリーブなのか?私はわかりませんでした。

父は「国内の"油"の自給率は数%で日本で食糧難が起こった時に手に入らなくなる。未来の子供たちには自分と同じ思いをさせない」と戦後の食料難の経験からオリーブ栽培を始めました。正直、油の自給率など考えたことはなかったので聞いたときは衝撃でした。

2020年。新型コロナウイルスの感染拡大で海外と遮断せざるおえない状況もありました。こんなことは誰もが想像できなかったでしょう。私もそうです。その時に父のこの言葉の意味がやっとわかりました。今後も何が起こるかわからない時代に生きていくのに不可欠なものを育てていきたいと感じました。

そして父は2005年に地を整え、苗を植え、草を刈り、肥料をやり続け何度も失敗しながら15年の月日をかけやっとオリーブオイルが搾れるまできました。オリーブ栽培地では珍しく雪が降る地域で育つオリーブを是非。




このプロジェクトで実現したいこと

『京丹後市』初めての大善オリーブを一つでも多くの方に味わってもらいたい。


プロジェクトをやろうと思った理由

昨年、オリーブを手掛けた父が82歳で亡くなりました。常にオリーブのことを気にかけ、用事がなくてもオリーブ畑へ足を運んでいました。私はそんな父の姿を見て現在、オリーブの栽培を引き継いでいます。夏は40度近くの猛暑の中草刈り・肥料をやり、冬には大雪で枝が折れないよう雪下ろし、想像以上の肉体労働。正直もうやりたくなくなるほどきついです。しかし父は一言も弱音を吐かず、タオルを首に巻きどこか楽しそうに畑へ向かう姿が忘れられません。父は自分のためではなく未来のだれかのためにオリーブオイルを届けたいという想いがあり、毎日汗水垂らしやってきたんだなとわかり私はこの想いをカタチにしないといけないと思い今回このプロジェクトを決めました。


これまでの活動



2005年。300本の苗を植え付け。

オリーブの実の種類は1,000以上もあると言われています。ちなみにオリーブの実はどうやってできるかご存知でしょうか?実は木の花粉を受粉して実ができます。ただし、同じ種類の木同士では受粉しません。なのでオリーブを栽培する際には2種類以上の木を植えないと実ができないと言われています。

わたしたちのオリーブ園では4種類の木を植えています。比較的に京丹後市の気候でも育てやすく、なおかつオイルに向いている種類の木を厳選していますのでご紹介します。


①ルッカ

耐寒性があり、耐病性にも優れています。小豆島では多く生産されている種類です。油の含有率は25%です。


②ミッション

寒さにとても強く、実のいい香りでオイルに人気の種類です。油の含有率は15〜19%です。


③マンザニロ

スペイン語で「小さなリンゴ」という名前のように、りんごのような丸い実をつけます。実つきが大変よく世界中で栽培されている実です。油の含有率は9〜14%です。


④ネバディロ ブランコ

耐寒性があり、花粉が多いので受粉樹としておすすめされている種類。スペインでは最も一般的なオイル用の実です。油の含有率は17%です。





苗を植え付けてからもなかなか苦労しました。近くにオリーブのことで教えてくれる人はいなかったので小豆島に何度も通ってオリーブの知識を学び、ひとつひとつ問題を解決しました。父が撮った写真の中にはたくさんの失敗したオリーブの木が写っていました。記録に残して次は同じ失敗はしないという気持ちが伝わります。



       

             

そして、苗を植え付けてから6年後ようやく実ができました。オイルにするにはまだまだ足りない量でしたが父はものすごく嬉しそうにしていました。収穫した実は塩漬けにして地元で販売しました。



そして現在。逞しく育ったオリーブの木々から今回の実の収穫量は約500kgにもなりました。



◎オリーブオイルソムリエの『富田拓也』さんから嬉しいコメントも頂いています。

オリーブというのは面白いもので、同じ品種のオイルでも地域や農家さんによって風味が大きく変わってきます。


ミッション、マンザニロ、ルッカ、ネバディロ・ブランコ。大善さんのオイルで使用されたこの品種は日本の小豆島でもイタリアでも栽培されている代表的な品種です。

小豆島のオイルはリンゴやトマトのようなフルーティーなイメージが多いように感じますが、大善さんのオイルはそれに加えてルッコラやバジル、ケールのような力強い「野菜の香り」も感じられます。

この力強さは厳しい寒暖差を乗り越えた証なのかもしれません。


この「野菜のような風味」があると、前菜だけでなくメインにかけても美味しい。特にビーフシチューやハンバーグなどの肉料理の仕上げにかけると絶品です!


是非、必ず召し上がる直前か召し上がっている最中に上からかけてくださいね。香り高いオリーブオイルを存分に楽しむための大きな大きなポイントです。



資金の使い道

オリーブ畑維持費(肥料・草刈り・収穫)

製品のパッケージ・梱包費用

CAMPFIRE手数料


商品について


①京丹後市初『大善オリーブ100%』 100ml 

割合:京丹後産100%

使用品種:ルッカ・ミッション・マンザニロ・ネバディロブ ブランコ(京丹後)


②『大善オリーブ Blend』70ml

割合:イタリア産・アブルッツォ州(80%)京丹後産(20%)

使用品種:プランツァーナ(イタリア)

ルッカ・ミッション・マンザニロ・ネバディロブ ブランコ(京丹後)



③『大善オリーブ Baby』70ml

割合:イタリア産・アブルッツォ州(80%)京丹後産(20%)

使用品種:ペンドリーノ・アスコラーナ(イタリア)

ルッカ・ミッション・マンザニロ・ネバディロブ ブランコ(京丹後)





※容器のキャップが仕様変更になる可能性がございます。

実施スケジュール

商品の発送については、募集終了後とさせていただきますので

2021年6月上旬以降に順次発送予定です。


最後に

オリーブ栽培を始め16年が経ちました。失敗を繰り返し大事に育ててきたオリーブがオイルとなり、ついに皆様の食卓に届けれるまでになりました。

残念ながら父は完成したオリーブオイルを味わうことが出来ませんでしたが、父は自分の為にではなく、常に自分の家族やこれからを生きて行く人たちの為に頑張っていたんだと思います。私はその意志を受け継ぎオリーブオイルをできるだけたくさんの方に届けてこれから先どんなことがあっても負けない産業を京丹後市で続けていきたいと思いますので是非とも、ご支援を宜しくお願い致します。


大善株式会社

京都府京丹後市大宮町口大野48番地


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/06/18 08:29

    大善オリーブ初のクラウドファンディングにご支援いただいた方本当にありがとうございます。6月18日現在で41人のご支援・オリーブオイルの本数で数えると85本にもなります。本当に嬉しい限りです。支援期間残すところあと7日となりました。ぜひ雪の降る地域・京丹後初のオリーブオイルをご支援して味わって頂...

  • 2021/06/05 21:08

    募集期間あと残り20日となり、目標金額50万円の半分の50%突破致しました。ご支援して頂いた皆様本当にありがとうございます。正直なところ50%いけると思っていなかったので本当に嬉しいです。たくさんの方に【大善オリーブ】味わって頂けたらありがたいです。残り20日宜しくお願い致します!!

  • 2021/05/19 15:44

    クラウドファンディングを開始して1週間が経ちました。おかげさまで40%到達しました!ご支援下さった皆様ありがとうございます!皆様からの温かいメッセージからも力を頂いております。父も喜んでいると思います。今後ともよろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください