定光作 多層鋼の刃紋

定光作 多層鋼の鍛錬(五代目)

はじめに・ご挨拶

私が生まれ育った兵庫県三木市は金物の街で肥後守ナイフの生産地ですが多くの工場が廃業され、現在は永尾かね駒製作所さん、たった一軒になってしまいました。伝統ある三木の肥後守の魅力を多くの人に知ってもらいたい、子供達に「正しい刃物の使い方」を伝えたい。そんな思いでこのプロジェクトを計画しました。 今回のプロジェクトの目的とプロダクトについて簡単に説明します。

私も鋸鍛冶の家に生まれたので3年ほど家業を手伝ったことが有ります。

その後、金物卸業になった頃は肥後守ナイフを全国に販売していました。

子供が小学生になるころは刃物は危険だとの風潮が有り子供に刃物を持たさない運動が広がりましたが

親子での物つくり、竹とんぼや竹馬、紙鉄砲、竹笛などいろんな遊び道具を造ったことを今でも子供たちも覚えています。

中部地区の某小学校では入学すると肥後守を1丁与えて1年生が使える様になるまで6年生が個人指導する運動を数十年続けられています。

四代目も招待されて訪問した時はスター的な歓迎を受けたらしいと五代目から聞きました。

手習いは小学生くらいから始めるのが良いと思います、成人になって初めて刃物を使うのはかえって危険ではないでしょうか。

プロダクトのご紹介

播磨の国・三木は大工道具の町として日本は元よりアジア始め欧米そして世界に知られています。

その三木に「肥後守ナイフ」は他の道具類にはない「五代目」への継承がされています。明治時代に生まれた鞘付きナイフ「肥後守」は古式に則った技法にて、一振り一振り丁寧に鍛錬された逸品です。

五代目の鍛錬の音をお聞きください!!


多層鋼 青紙割り込み(特大:全長・210mm/刃渡り・90mm)

数種類の鋼を重ねた波紋 が美しい

定光作 多層鋼ナイフ 特大 桐箱入りにてお届け






こだわり・特徴

今回特別にご用意しましたのは3種類の肥後守。日本の「割込」の技術はドイツのケルン国際ハードウェアメッセでも毎年大変高い評価を受け、ドイツで出版された ”JAPANISCHE SCHMIEDEKUNST(Rudolf Dick著)出版 Wieland Verlag” に掲載、フランスの雑誌「PANORAMA」で10ページ以上特集されたほど。昔ながらの鍛造で熟年の職人さんが丁寧に作る日本の肥後守の素晴らしさが知られ、海外の愛好家に人気が高まり、近年は注文しても約1年待ち。入手が大変困難な逸品です。 

ドイツのケルンメッセでの商談風景:左端が五代目
プロダクト誕生までのお話

世界中の愛好家が一年待ちの品が 「なぜ、CAMPEFIREで?」
今回のプロジェクトの相談に伺ったところ、1年待っていただけるなら受けますとの事でした。

一時は諦めようかと思いましたが、1年待つ気で新たな提案をさせて戴きました。量産されている製品では無く、一振り一振りを五代目に手造りして戴き五代目の作品として残る「肥後守」をお願いしました。

熟慮された後、五代目が一人で造るなら休日を充て数か月で完成させましょうとの返事を戴きました。

拘りを持って造っていただくために「定光作」の刻印を新たに造り、五代目の精魂を込めた鍛錬と切れ味が現れる研ぎをお願い致しました。


リターンのご紹介

私たちの願いは「多くの方に肥後守を使っていただきたい、後世に残したい」「親子でモノづくりをする時間を楽しんでいただきたい」。そのため親子向けの肥後守をご支援頂いた方に手作り材料キットをご準備しました。届いたらすぐに作れます! 


製品情報・仕様

(1)定光作  肥後守 青紙多層鋼 割り込み 桐箱入 (特大:全長・210㎜/刃渡り・90mm)

年に一度しか鍛造されない入手困難な「多層鋼割り込み」 特大。
海外の愛好家が一年待ちの逸品。魅力は何といっても多層鋼、何層も重なる刃紋美。しかも特大サイズ。今回CAMPFIREプロジェクトのため特別に誂えて頂けることになりました。手にしたときの重厚感、しっくりくる軟鉄と鋼の素材感、豊かに安定した宗は初めてなのに何故か馴染みを感じる。親指で触れると男性的な中にも女性的な側面を放つチキリの嫋やかさは肥後守鍛造の魅力の一つ。一生物で本物の中の本物。余計なものはそぎ落とす洗礼された美意識、日本刃物は引き算と呼ばれる、わびさび。特選品専用の桐箱にお入れしてお届けします。
(別打ち品の証、「定光作」の銘)

美しい刃紋、すべて異なります。一つとして同じものはありません。
何層も重なる刃紋が見られるのは「多層鋼」のみ。



(2)定光作  肥後守 桜の樹皮装飾鞘 黒(大:全長・170mm/刃渡り・70mm) 

贅沢にも鞘を桜の樹皮で装飾。秋田県で熟練の工芸家高橋弘氏による深く渋く美しい、嗜好の逸品。

刃部は装飾に合う「黒」。もちろん特別製造。湿気を防ぐ効果があると言われお茶筒などに施されてきた。 

「桜の樹皮装飾」
厳選された東北のヤマザクラの樹皮を丁寧に剥がし、1年以上かけて陰干しをして水分を抜きます。そしてその樹皮を専用の刃物で丁寧に削り磨き、独特の光沢を出し、昔ながらの技法で鞘を装飾。肥後守の鞘は曲線になっているので熟練の技術が必要。一つ一つ手作業で行われるので肥後守の鞘の美が引き立ちます。

兵庫県から肥後守の鞘を秋田県に送り、桜の樹皮で装飾して頂いた後、兵庫県に戻して仕上げます。工芸展でのご縁により本物の技術の合作、夢のようなコラボが実現。完全な別注、誂え品のため製造数が少なくなかなかお目にかかれない逸品です。(別打ち品の証、「定光作」の銘)


(3)定光作 肥後守 青紙割込 真鍮鞘 (大:全長・170mm/刃渡り・70mm)

長年多くの方に愛され使われ続けている肥後守の代表的な仕様。初めての方や親子でえんぴつ削りの練習をするのにおすすめです。サイズは大。こちらも海外の愛好家に人気で一年待ちの品。フランスではパンを切るのに肥後守を使っている人もいるのだとか。(別打ち品の証、「定光作」の銘)


肥後守の名称

V字型の両刃なので
右利きの人も、左利きの人も、左右どちらでもお使いいただけます。


肥後守の製造
※こちらのページご紹介するのは実際の一部で、他にも多くの工程がございます
材料の裁断
鍛造 :熟練の鍛冶職人、巧の技。
鎚で1本1本鍛えるのでチキリの形がそれぞれ微妙に違います
色で温度を見極め鎚打つ。熟練の鍛冶職人しかできません

五代目永尾光雄氏が直々に鍛造を見せてくださいました。これまでにテレビ取材等は何度も受けられていますがCAMPEFIREプロジェクトのために鍛造してくださった大変貴重な映像です。一振り一振り魂を込めた鍛造。愛好家の方はもちろん、初めての方もこの地で100年以上続く鍛造、鎚音、伝統の技をぜひご覧ください。
温度と状態を見極め、刃を鎚で鍛えることで硬くても折れにくく丈夫でよく切れる刃になります。


鍛造後は奥の四角の缶にナイフを差し込んで時間をかけてゆっくり冷却します。

鍛造に使う鎚など

職人さんが使われる道具は物つくりに応じた形を、ご自分で工夫されるそうです。

鍛造に使う火箸

コークス(昔は炭でしたが火持ちと熱度が強いコークスに)


鞘:刻印

鞘を曲げる

焼き入れ後の成形研磨 数種類の研磨機を駆使して、荒研ぎ・中研ぎ・仕上げ研ぎ等を!

荒研磨 

中研ぎ

仕上げ研ぎ(水研機)

仕上げ前の調整研ぎ


※ご紹介できていない製造工程も多くあります。また、工程は一部順が前後していることがあります。

 ご了承ください。 

明治27年(1894年)
初代 永尾駒太郎
創業者。美嚢郡久留美村平田(現:兵庫県三木市平田)で平田ナイフの製造を始め、後、肥後守の製造に着手。
二代目 永尾重次
肥後守製造を継承し、明治43年に『肥後守』を商標登録。
三代目 永尾章
肥後守製造を継承。
四代目 永尾元佑
肥後守製造を継承。四代目の時、肥後守製造業者が一軒のみとなる。
五代目 永尾光雄
肥後守製造を継承。新しい肥後守の開発に携わる。

肥後守(ひごのかみ)の歴史
平田ナイフの起こり
明治20年代、美嚢郡久留美村平田(現兵庫県三木市平田)に初めてナイフが製造されるようになり、村上氏及び永尾駒太郎(初代)がその製造に着手した最初の人たちだった。当時ナイフ製造は、まったくの手造りで刃部は鋼を地金に割り込み、十分鍛錬して製造したもので、鞘は真鍮及び黒染された鉄メッキを用いた。
鞘には様々な彫刻(人物・馬・花鳥・風景など)を施していました。一人の職人が一日に製造することのできる本数はせいぜい5~8丁程度だったという。
※播州特産金物発達史より引用抜粋

明治27年ごろ金物問屋『重松太三郎氏』が鹿児島から持ち帰ったナイフ を元に、携帯できるよう「チキリ(尾)」をつけて刃と柄を折りたためる構造を考案したと言われています。
当時取引先の多くが九州南部(主に熊本)だったことから製品名を『肥後守ナイフ』として販売したところ、現地で好評を得て販売数が大幅に増加しました。


刃は当時より両刃(V字断面の刃)だったと言うのが定説です。(この点は片刃の切り出しとは異なります)刃体の形状も少しずつ変わってきました。初めは切っ先のとがった鋭利な形状(笹刃)から四角になりました。また柄も縦曲げと横曲げがありました。(現在では縦曲げは定番製品では製造していません。)

明治44年に神戸市で開催された「神戸第一回貿易生産共進会」で、後の大正天皇が展示されていた肥後守を大変気に入り御買い上げになったことで肥後守ナイフの名声がより広まったと伝えられています。

明治32年に「肥後守ナイフ組合」が設立され、最盛期には登録製造業者40軒、肥後守ナイフの製造に従事する者が200名を数える大きな産業となりました。

しかし各地で肥後守を模造した粗悪品が多く造られるようになり、様々なトラブルが発生したため、明治43年「肥後守」の名称を商標登録し、これ以後「肥後守」は三木洋刀製造業者組合の組合員だけが使用することができる名称となりました。

海外の愛好家に人気の「割込」
ドイツ:ケルン国際ハードウェアメッセ出展
ドイツ出版本に掲載:JAPANISCHE SCHMIEDEKUNST(Rudolf Dick)
フランス雑誌「PANORAMA」特集
台湾:五金展 出展 他
私もケルンメッセには5~6回行きましたが欧米、中近東、アジアから多数のメーカーが出展

されており、米国のハードウエアー、中国の広東フエアーが世界の3大工具の祭典です。

三木金物古式鍛錬
三木金物古式鍛錬技術保存会では、鍛冶の伝統技術を伝えていくため、鋸(のこぎり)、鑿(のみ)、鉋(かんな)、鏝(こて)、小刀(こがたな)の製造業者が交替で公開実演を実施しています。ふいごを使い、古式ゆかしく金物を鍛える古式鍛錬の実演です。見学大歓迎。体験も出来ます。
・毎月第1日曜日 実施
・場所:古式鍛錬場(三木市立金物資料館横)

 

金物神社 正面は三木市立金物資料館、階段上がって左に古式鍛錬場がある

※古式鍛錬公開実演は7月から再開されました。詳しくは三木市ウェブサイトをご覧ください。(三木市産業振興部商工振興課様より)
 写真ご提供:三木工業協同組合内 三木金物古式鍛錬技術保存会 様
ふいご祭りの様子

永尾かね駒製作所五代目永尾光雄氏は、三木金物古式鍛錬で御番鍛冶司を務められています。

(小刀部会の日)

鋸 の日でしたが孫と三人で見学に行きました
ふいごから送られる風で炎が動き、親方から「トン」と叩いた箇所を向こう鎚の弟子(?)
二人が交互に「テン、カン」と鎚の音が響きます。これが相槌(向こう鎚)の語源です。

三木市立金物資料館の前 「村のかじや」記念碑

青紙
安来鋼に使われる鋼の種類で、和包丁や大工道具などの高級刃物に使用され、白紙よりクロームとタングステンと炭素の化合物が多く含まれている。白紙よりも硬度が高く粘り強さがあり摩耗しにくい。

鉄・鋼
肥後守:割込み(高級刃物材の日本式技法)
固くて脆い鋼を粘りある軟鉄で包むので丈夫で扱いやすいが錆びやすいので手入れが必要。
洋ナイフ:全鋼が主流
多量の素材を切っても切れ味が低下しにくいメリットがあるが、衝撃に弱く欠けたり折れやすい。

両刃の特徴
V字の両刃は、右利きの人も、左利きの人も使うことができる。

カシメが硬い場合
肥後守は手作りの為、一丁一丁個性があります。カシメの硬さも微妙に違います。
カシメが硬く開きにくい場合は、チキリ(尾)を下にして机など軽く叩くと開きます。

「孫達に刃物の正しい使い方を伝えたい」
私が子供の頃はどこの家にも肥後守が手元にあり日常で使っていました。

「鉛筆削り器がなかったら、鉛筆が削れない!?」
娘の話ですが。
二人の娘がいるのですが、ある日「お母さん、鉛筆が削れなくなった」と言うので見てみると手で回す鉛筆削りの奥に折れた芯が詰まっていました。食事の準備をしているときで時間もなかったし手も汚したくなかったので、文具の引き出しにあったハサミをナイフ代わりに、シャシャっと削って渡すと「え?鉛筆削りじゃなくても削れるの?」と。これはかなりショックだった様で、自分が娘に教えていなかったのが悪いのだけど、すべてにおいて便利な専用道具が増えていてこれをするにはこれ、と思い込んでいたようだと。

そこで、私に肥後守を一丁ほしいと言ってきました。30年、40年以上前の肥後守はまだ道具箱に入ってたので研ぎ直して渡すと孫に鉛筆を削らせたと言っていました。
私が昭和58年に仲間と手作り教室を開催した当時の「子どもと手づくり」という三木青年会議所発行の冊子が出てきて、まさに今の時代と共通し必要なことが書いていました。
「子どもの教育と遊びの見直し」
「ナイフで鉛筆が削れない」
「つくることが想像力をつくる」
「道具の正しい使い方」肥後守、のこぎり、かなづち、やすり、きり
「ナイフでけがをしたときの応急処置」
「つくる喜びを教育の原点に」神戸大学教育学部助教授 鈴木正幸先生(当時)
・核家族化と地域の都市化が子どもから大切なものをとりあげた
・日常生活が子どもをきめる
・手づくり運動を通じて未来に生きる「学力」を
「あってはならない刃物 なくてはならない刃物」神戸大学教育学部助教授 南哲先生
・刃物と安全教育

昭和58年三木市内の小学校では3~6年生を縦割りにグループを組み肥後守で竹とんぼ大会が開催され、当時の先生の感想が紹介されていました。

「刃物は危険だから、けがをするからと言っていつまでも遠ざけていてはいつまでたっても上達しません。何でも失敗しながら上達していくのです。やっぱり無理だったのではないかと思ったことが何回もありましたが「先生、見てください。教えてください」と言う子はいても「先生、ちょっとやってください」と言う子は一人もいませんでした。2月の寒い運動場にもかかわらず自分の物は自分で作るという気迫がみなぎっていました。難しいけれど楽しみながら。苦心して作ったものだけに完成し竹とんぼが飛んだ時の充実感は格別のようでした。」と記されています。

参考文献:「子どもと手づくり」(社)三木青年会議所発行





          •  
会社・チームの紹介

アルファ工業(株):兵庫県三木市平田(長尾さんの工場まで徒歩5分くらい)

         ・随分と昔の事ですが、子供たちと竹とんぼ・竹笛・紙鉄砲・水鉄砲・竹馬など

  

竹のカップ   

紙鉄砲 近所で拾った笹竹で  

              多様な遊び道具を作ったことを昨日ように頭に浮かびます。 藤本 


・家族でキャンプに行った時に竹のコップや竹の箸を作って使ったことも。

ナイフ1丁でトンボや笛などの遊び道具ができるって素晴らしい事ではと今思います。

指がオンチにと言う言葉を聞きますが便利な道具を使うと誰もが簡単にできますが脳や手を使わづにできるので、靴紐が結べない子供が。 森山

とんぼを作ってみませんか!


 ・テレビや新聞・雑誌の取材は沢山受けてきましたが、ケルンメッセはじめ世界の工具展示会に出展するたびに参加者の熱い視線を感じます。

国内でも高島屋さんの物産展に出展させていただくようになり全国の伝統工芸家さん達との交流が増えて

肥後守の伝統を守り大きな輪になるように努力をせねばとの思いが強くなります。 長尾

Q&A

肥後守 ご使用上の注意事項
・鋭い刃・尖った刃先になっていますので十分注意してください。
・堅いものなどを無理に切ろうとすると刃こぼれの原因になりますのでご注意ください。
・小さな、お子様の手の届かない場所に保管してください。
・用途以外では使用しないでください。

・現在、銃刀法で刃渡り6cm以上の刃物は携帯が禁止されていますのでご注意下さい。

 目的がある場合のみ携帯が可能です。
お手入れ方法
・使用後は汚れを拭き取り、椿油又は防錆油を含ませた布で拭いて湿気のない場所で保管してください。
その他
ご使用やお手入れ、研ぎ方などご質問がありましたらお気軽にお問合せください。ご意見やご要望などもぜひお聞かせください。
→アルファ工業(株)お問合せフォームへ
お願い:永尾かね駒製作所様は製造に専念されているので、お問合せはプロジェクト実行者、アルファ工業(株)が窓口となり、永尾かね駒製作所様に確認して支援者様にご連絡いたします。

スケジュール

2021年2月1日 プロジェクトスタート
2021年3月29日 プロジェクト終了
2021年4月末日までに リターン品発送

リターンについて

(1)限定 肥後守 特選多層鋼(特大)&手作り材料セット 1式
(2)限定 肥後守 桜の樹皮装飾鞘 黒(大)&手作り材料セット 1式
(3)限定 肥後守 青紙割込(大)&手作り材料セット 1式
※リターン品の肥後守はすべて特注品 定光作(別打ち)です。
※桜の樹皮装飾は天然素材を使うため模様はすべて異なります。予めご了承ください。
※手作りセットの材料は打合せ中のため変更することがあります。
※リターン品発送者名はプロジェクト実行者アルファ工業(株)です。

資金の使い道

皆さまから支援して頂きました資金は試作品等の準備費、リターン品の製造費、梱包発送費用。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/26 14:00

    御支援戴いた皆様には大変お待たせいたしました。定光作 肥後守ナイフ、本日「クロネコヤマト便」にて出荷完了致しました。大方の方々には明日お届けできると思います。連休は出かけにくいところが多々あると思います。肥後守ナイフで「とんぼ」を作って気晴らしをしていただけたら幸いです。何かありましたらメーツ...

  • 2021/04/19 09:30

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/03/30 10:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください