はじめに・ご挨拶

私たちは、本プロジェクトを提唱している島根県の新聞社、山陰中央新報社です。

新型コロナウイルス感染症が各地で拡大する中、県内企業の協力を得ながら、啓発活動や医療従事者への応援紙面などを展開してきました。

本プロジェクトは、未来を担う若者を応援したいという強い思いから立ち上がりました。

プロジェクトの内容をご確認頂き、ご賛同いただければ幸いです。


このプロジェクトで実現したいこと

これからの未来を担う若者に向けて、サプライズでエール花火を打ち上げます。

新型コロナウイルスの感染拡大でさまざまな災難や不幸、経済的・社会的影響など思うようにいかない複雑な社会状況が続いています。そんな中でも新しいステージへ進む若者がたくさんいます。

皆様と共に、精一杯の「がんばれ!」を届けたい。

それが本プロジェクト最大の目的です。

なお、感染症対策のため、打ち上げ日・打ち上げ場所は公表いたしません。 

また、本プロジェクトはAll-in方式で実施させて頂きます。万が一目標金額に満たない場合も、プロジェクトを実行し、リターンをお届けいたします。


プロジェクトを立ち上げた背景

新型コロナウイルスの影響で、日々の活動を取り巻く環境が大きく変わり、様々なイベントが軒並み中止になりました。

しかし、そんな状況でも、それぞれが決めた進路に向かって力強く歩みを進めようとする若者を応援したいという気持ちから、このプロジェクトを立ち上げました。


実施スケジュール・資金の使い道

【エール花火】

打ち上げ日:2021年3月中

【資金の使い道】

集めた支援金は、全額打ち上げ花火の資金に充てさせて頂きます。


リターンのご紹介

2021年3月31日の山陰中央新報本紙紙面にて、ご協力いただいた皆様へ感謝の気持ちを込めて、お名前を掲載させて頂きます。

※「新聞本紙にお名前掲載」の記載をニックネーム団体名でご希望される場合、たいへんお手数をおかけいたしますが、ご支援を頂く際必ず備考欄にご記入ください


最後に

本企画は、皆様のご協力があってこそです。新型コロナウイルスにも負けず、新たなステージに進む若者の更なる飛躍を願って、県民一体となってきれいな花火でエールを届けましょう!ぜひご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/02/19 17:44

    こんにちは。山陰中央新報社 運営の小松原です。ついにクラウドファンディングを始動致しました。皆様ご支援の程よろしくお願い致します。さて、「支援のやり方がわからない」とのお声を頂くので、今回は画像付きで詳しく説明させて頂きます。まず、こちらの質問に対してYes/Noをお答えください!CAMPFI...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください