《返礼品に関するお詫びとお知らせ》

この度は、本プロジェクトの閲覧ありがとうございます。

リターンの表示価格に誤りがございました。

【FUROSHIKI お得セット】5,000円 ⇒ 【FUROSHIKI お得セット】5,500円 (訂正後)

一覧で表示されている5,000円のリターンではなく、新たに追加された5,500円の【FUROSHIKI  お得セット(訂正版)】のお買い求めをお願い申し上げます。
※公開済みのリターンの削除は不可となっているため、一覧には5000円のリターンが表示されております。

混乱とお手数をおかけして申し訳ございません。

引き続き、CO2の削減と廃プラの国内循環化に向けご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

2021年4月30日 TSUKURU株式会社



 ※国内で回収された廃プラ(850万トン)のうち約10%(79万トン)は、海外に輸出されております。国内事業者からの手が離れ、海外で環境問題を起こしている可能性が残る状況です。合わせて輸送におけるCO2削減効果も重要なため、ここでは『国内循環』の意味合いを強調させて頂いております。

  引用元:一般社団法人 プラスチック循環利用協会
     (プラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・処理処分の状況)




本プロジェクトでは「平均的な車で地球を11周半弱(約44万km)走った時の排出量」分と同等の「CO2排出量100トン」をFUROSHIKIを使用することで削減しようと考えました。




【CO2排出削減量の算出方法】

CO2排出削減量(kg-CO2) = 廃プラスチック(PE)の焼却・埋立におけるCO2排出量(kg)- 廃プラスチック(PE)から再生樹脂製造におけるCO2排出量 + 新規樹脂製造におけるCO2排出量



廃プラが99%原料のごみ袋「FUROSHIKI」。2020年度グッドデザイン賞を受賞しました。
おかげさまで販売開始から8ヶ月で、2,000事業所に導入頂くことができました。

使用時に空気が抜けずかさばってしまうなど、まだまだ利用シーンが限られていた「FUROSHIKI」。
この度、SDGs事業開発屋 TSUKURU社とサティスファクトリー社が共同で、
そのユーザーペインの徹底解消を目的に「FUROSHIKI air」を新開発しました。

廃プラスチックの国内循環に加えて使いやすさに徹底的に向き合ったこのプロジェクトを、


「ムリせずに、環境問題に貢献頂く必要があるのでないか。」

「もっと多くの方にこの商品を知って頂きたい。」


との想いで今回のクラウドファンディングを立ち上げました!



《FUROSHIKI air》

・本クラウドファンディングで初公開させて頂きます。
・東証一部上場企業を含む数社にて、ご導入を検討いただいております。

 多くの方にとって、ムリない環境貢献活動としてご理解頂くことができれば、
 本プロジェクトで『CO2 100トン削減』をご一緒に達成するために、お力添えいただけたら嬉しいです!

 ※FUROSHIKIシリーズでは、CO2 5,000トン/年以上の削減に貢献させて頂きたく努力して参ります。
 ※FUROSHIKI airで、FUROSHIKIシリーズの構成比20%(1,000トン/年相当)を目指します。
 ※これからの廃プラをなんとかしたいと思われる方(ご提供元)や、CO2削減に向け、
  一緒に様々なお取組みをさせて頂くお仲間も随時募集しております。


《FUROSHIKI》

(画像提供:株式会社サティスファクトリー「日経SDGsフェス公開資料」)



昨今の日本国内の廃プラスチック事情については、3つの課題があります。

1点目は、リサイクルに対する世界基準との違いです。

日本の産業界では、プラスチックのリサイクル率は高いとの印象があります。

しかし、有効利用とされるうちの58%はサーマルリサイクルであり、世界的な基準で見るとリサイクルとは判断されません。


(画像提供:株式会社サティスファクトリー「日経SDGsフェス公開資料」)


また「マテリアルリサイクル」とされている23%のなかのうち50%弱は、
海外輸出され、輸出先では再利用されずに不法投棄されているケースもあります。
(出展:Withnews『プラごみの終着点「プラスチック村」で記者が見た「やばい」もの…』)


2点目は、2017年末以降の日本国内における廃プラスチック処理量の急増です。

中国による廃プラスチックなどの資源物の一部輸入禁止を受け、それまで中国に輸出していた廃プラスチックの出口が失われたことが大きな要因です。


3点目は、再生材の需要は増加する一方、オフグレード材(新品の型落ち素材など)が再生材として多く使われる隠れた実情があります。

(画像提供:株式会社サティスファクトリー「日経SDGsフェス公開資料」)


そのため、これらの課題を解決するためには、脱プラに向けた取組みと同じくらい、
「新品原料を使用したプラスチック製品を廃棄物由来の再生材に切替え日常的に使用していくこと」が、重要であると考えています。


この3つのような課題を解決するために、

「FUROSHIKI」は生まれました。


「FUROSHIKI」は、法人や個人、業種業態、地域に問わず誰しもが使用する
「最大公約数のプロダクト=ごみ袋」として開発されました。


その原料は、サティスファクトリーグループとTSUKURUグループが、
100社以上(現時点)の参画企業から徹底回収した使用済みプラスチックです。


【製品情報・仕様】


※上記のラインナップにおける、CO2削減量のサティスファクトリー試算は(廃プラスチック(PE)1kgあたりの焼却・埋立におけるCO2排出量(kg-co2)× 廃プラスチック(PE)の使用量)の数式で算出しております。
※本クラウドファンディングにおけるCO2の削減量の試算に関しては、TSUKURU社と共同で新たに、上記【CO2排出削減量の算出方法】を使用しております。
※「FUROSHIKI air」は現在、透明の一色のみとさせていただいております。
※開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。


ごみ袋がどのようなシーンで使用されるのかを徹底的に見つめることで、通気性を求められるシーンが多くある事から、「FUROSHIKI」に目に見えない無数の穴を開けた「FUROSHIKI air」を開発しました。

シュレッダーの受ける袋、水切りが必要なシーン、子供の汚物入れ、その他、生活のあらゆるシーンで
ムリなくCO2削減の活動に参加できることを目指し、ご理解と更なるいい仕組みをつくれるよう努力して参ります。

①99%再生材使用

・廃プラスチックを99%使用して国内工場で製造
・加工を最大限抑えた自然な仕上がり

②ユーザーペインを解消

・ごみ箱への取り付け時に空気が逃げなくて使いづらい
・空気が中に入ってしまってかさばった経験がある
・シュレッダーくずなど、内容物が軽すぎて空気が入ってしまい扱いづらい
・ごみの収集時に空気によって破裂したことがある

主に物流業界で大量に消費されるストレッチフィルムを原料とした、再生材樹脂ペレットを99%使用。
さらに製造過程で洗浄を要さず、最大限環境負荷を抑えています。


【プロジェクト期間】

2021年4月20日 〜 2021年6月5日(世界環境デー)


【リターンのご紹介】

《シンプルにCO2削減に貢献したい方向け》

【CO2削減支援プランA】

2,000円(税込)

①お礼メッセージ


【CO2削減支援プランB】

3000円(税込)

①お礼メッセージ

②CO2削減証明書

③オリジナルステッカー × 2


《日常生活でご利用頂ける方向け》

【FUROSHIKI air お試しセットA】

3,000円(税込)

①お礼メッセージ

②FUROSHIKI 45L 青・黄・透明の3色×5枚(計15枚)

③FUROSHIKI air 70L × 5枚 


《事業所の方向け(工場などの利用、オフィスでの利用それぞれ)》

【FUROSHIKI air お試しセットB】

10,000円(税込)

①お礼メッセージ

②FUROSHIKI air 70L 300枚入り × 1箱


【FUROSHIKI air お試しセットC】

25,000円(税込)

①お礼メッセージ

②FUROSHIKI 90L(透明) 200枚入り × 1箱 

③FUROSHIKI air 90L  200枚入り × 1箱  

④事業所向けオリジナルステッカー × 2


【FUROSHIKI air まとめ買いセット】

198,000円(税込)

①お礼メッセージ

②FUROSHIKI air 90L 200枚入り × 30箱 

③事業所向けオリジナルステッカー × 10 

 ※事業所の方に関しては、事業で発生する際の廃プラの活用法や対応についてのご相談も承ります。
  お気軽にお申し付けください。
 ※自治体指定のゴミ袋の使用が義務付けられている場合、ご家庭でFUROSHIKIをご使用になること
  ができません。あらかじめご了承ください。


【Q&A】

Q. CO2はどのように計算していますか?
A. 従来のゴミ袋を作る際に排出されるCO2量から、FUROSHIKI (air)を作る際に排出されるCO2を差し引いた数値を「CO2削減量」としております。


Q. なぜ目標金額が800万円なのですか?
A. 【CO2排出削減量の算出方法】を元に、(100,000 / FUROSHIKI 45L1箱ごとのCO2削減量 (CO2 - kg) × FUROSHIKIの正規価格)で算出しました。


Q. 袋は何色ですか?
A. 透明です。よく見ると細かい黒い点がついていますが、再生樹脂ペレットが主原料であることからあえてそのままの色にしています。


Q. ゴミの匂いはしますか?
A. 再生プラスチック独特の香りがありますが、品質に問題はありません。


【ご挨拶】

創業より、「人と地球が、1000年続く仕組みづくりを」というコンセプトのもと、購入者・生産者・社会にやさしい商品の開発・販売を通じて新しいカテゴリーの創造と持続可能な社会の実現を目指すベンチャー企業です。

Brazil Beverages社と協業し、ナチュラル・エナジードリンク『ORGANIQ』を世界で初めて販売。累計販売本数1百万本を達成しました。

現在は、次世代に資産が継がれる仕組みづくりを掲げ、SDGs(産学連携による事業開発含む)事業共創数No.1を目指します。

「未来の世代へより良い地球を残すためにできることは何か。」を考え、実現して参りたいと思います!


■ 出荷時期について

応援購入の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。 配送に遅れが生じる可能性が判明した場合、直ちにご報告させていただきます。 応援購入サービスの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ お問い合わせに関して

お取組み全体のことに関しましては、TSUKURU株式会社に、
CO2の削減量の算出方法は、株式会社サティスファクトリー(furoshiki@sfinter.com)までお気軽にお問い合わせください。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: TSUKURU株式会社
◯ 事業者の所在地:〒216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬1-19-8
◯ 事業者の連絡先:info@tskru.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:
各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/05/28 17:51

    お世話になっております。おかげさまで4月20日から開始した「CO2の削減100トン」プロジェクトもいよいよ大詰めとなっており、現在では44名、CO2換算では約5トン分の削減までくることができました!!ゴミゼロの日(5/30)が最終日となっており、そこに向けて残り2日間、最後の拡散とご支援のご協...

  • 2021/05/21 21:02

    お世話になっております!!おかげさまで、現在36名の方々からご支援をいただき、5トンのCO2削減を達成いたしました。本当にありがとうございますm(__)mさて、本日は世界の廃プラスチックの活用事例についてです。北欧諸国はSDGsの達成度や環境問題に対する意識の高さで有名ですが、今回はオランダの...

  • 2021/05/21 01:26

    お世話になっております。この度は嬉しいニュースをお伝えします。先日、株式会社電通がSDGsの認知度が54.2%を記録したことを発表しました!!前回調査(2020年1月)の29.1%からほぼ倍増という結果となり、SDGsがどんどん広まっていくようで弊社では大変嬉しく思っております!参考:「SDG...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください