はじめに・ご挨拶

初めまして!ページを見てくださりありがとうございます。

タナカと申します。

普段は企業で3年間デザイナーとして働いていますが、今回は個人的に、社会への憎悪を形にしたゲームを作成しました。

いくつかゲームを作成しては友人にやらせて、「これは売るべきだ!」との言葉をいただいたので、こちらで形になればいいなと思っています!


プロダクトのご紹介

2〜4人までで遊べるボードゲームです。

プレイヤーはブラック企業の社長になります。

社畜の多さと、会社をブラックにした法律違反のポイントの合計が多い人が勝ちです。


社畜は面接で手に入れることができます。

社畜には「普通社畜」と「危険社畜」と「真の社畜」がいます。

「普通社畜」は一般的な社畜、「危険社畜」は退職時に違法を通報する社畜、「真の社畜」は洗脳されていて通報を阻止する社畜です。


会社をブラックにする「ブラックカード」は35枚あり、ポイントの高いカードは、通報されると大量に社畜が退職するリスクがあるカードです。

ポイントは右上のギザギザの中の数字です。

誰かが倒産するか、面接する社畜がいなくなったら終了です。

たくさん「ブラックカード」を持っていると、他の「ブラックカード」も通報されることがあり、一気に社畜が離職して倒産になって負ける場合もあります。


こだわり・特徴

実際に残業代が半分以下しか払われていなかった会社で働く作者の経験を入れ込み、リアルさを求めたゲームにしています。

「ブラックカード」の違法なところと解説は、調べなくても誰もが知っている事柄より、もう少し詳しい数字や情報を重視しています。

私の新卒時代の知識で労働法の本・残業代の本を読んで「知らなかった!」と思った事を載せています。

労基法を全部を網羅はできませんが、これをきっかけに周りと話す機会や、自分の会社を疑うきっかけになり、より調べるとっかかりになればと思っています。


プロダクト誕生までのお話

私は就活時代、労基法をあまり知りませんでした。

残業とかもやってみたら大丈夫だろうと思い、受かればなんでもいいと思っていました。

就職したところは中小企業で、固定残業代20時間、超えた分は無給。それでも毎日みんな4時間ぐらい、ひどい人は終電まで残業していました。

経営がすごく悪いかというとそういうことではないのか、経営者はタクシーを使い、豪華なご飯を食べ、みんなにスイーツを振る舞う。。

自分達がタダで働いた分をこうして贅沢に使っているのはおかしいのではないかと徐々に感じてきました。

そこで真剣に労基法について勉強をはじめました。すると、ほとんどのことが全く知らないことばかりでした。

私はそこそこ真面目な学生で、先生の話もちゃんと聞いて学生時代を過ごしていましたが、そんな生活では労基法なんて知る機会はありませんでした。

自分で「知ろう!」と思わない限り知ることはないのです。

労基法に詳しい就活生はどれぐらいいるのだろうか、全く知らずに労働条件の紙を流し読みして、後々後悔する人はどれぐらいいるのだろうか。。


その時趣味だったゲーム作りに当てはめてみたら、労基法の広報力があるのではないかと思いました。

飲みの席でも、普段の遊びでも、労基法について気になるきっかけをいろんな人が持てたら良いなと思います。


リターンのご紹介

【①応援プラン】1,000円

応援したい方向けのプランです。

プロジェクト終了後、ささやかながら感謝のメールをお送りさせていただきます。


【②早割プラン】3,900円

先着10名様限定の早割プランです。

「社畜あつめ」ゲーム1セットと、感謝のメッセージをお添えします。

【③通常プラン】4,400円

「社畜あつめ」ゲーム1セットと、感謝のメッセージをお添えします。

【④セット割りプラン】8,000円

「社畜あつめ」ゲーム2セットと、感謝のメッセージをお添えします。

【④追加割引プラン】4,100円

先着5名様限定の割引プランです。

「社畜あつめ」ゲーム1セットと、感謝のメッセージをお添えします。


製品情報・仕様

箱サイズ:約15×22×3mm

【内容物】

ブラックカード:35枚

通報カード:15枚

労働者の怒りカード:9枚

社畜カード:150枚(3種×50枚)

ゲームシート:1枚

サイコロ:1個

コマ:4個

説明書:1枚

(内容物は一部変更になる可能性があります)


スケジュール

4月18日 クラウドファンディング終了

4月末 印刷所に入稿

5月下旬〜6月上旬 印刷物完成

6月中旬〜6月下旬 リターン発送


自己紹介

タナカ

1995年生まれ。バッグやらポーチやらPOPやら、色々作っている会社でデザイナーとして現在ほぼ3年働いています。最近会社はブラックみが随分柔らかになりました。

テスト作品状態のゲームのアイデアがまだいっぱいあるので、できればまた商品化していきたいです!


資金の使い道

今回の商品の制作費

もし余ったら、今後の活動費にさせていただきます。


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/04/20 09:07

    今回はサクセスせずに終了してしまいました。物が届くのを楽しみにしていただいていた方、届かないです、すみません。ご支援いただいた方々、この広いサイトの中から探していただいた方々、本当にありがとうございました!!今後の活動予定は今のところありませんが、また何かありましたらよろしくお願いします。

  • 2021/02/26 20:58

    開始から1週間経ちました。応援いただいた方々、本当にありがとうございます!現時点で32%の達成率です。サクセスするかどうか、どちらともいえない数字です…!今度の予定としては、ここから1ヶ月は達成率の様子を見ていき、後半戦になったら、説明書の作成、入稿データの作成に取り掛かりたいと思っています。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください