はじめに・ご挨拶


当社は寛永2年(1625年)に宇都宮で創業して以来約400年、味噌や麹(こうじ)甘酒をはじめとする発酵食品を通して、お客様の健康に貢献する食品をお届けしてきました。

そして今回、日本の伝統的発酵食品である甘酒から、新しい植物性発酵乳酸菌飲料「pedio(ペディオ)」を開発致しました。この画期的な新製品(※)は、必ずやこれからの時代の皆様の健康にさらに貢献できるものと考えております。

この度はこのコロナ禍のなかで活躍されておられるエッセンシャルワーカーと呼ばれる方々への応援も含めて、クラウドファンディングという方法での先行販売に至りました。どうぞ数多くの皆様のご理解をいただき、ご協賛の声をいただけますようよろしくお願い申し上げます。(※当社の蔵に生息しております植物性乳酸菌「ペディオコッカスアシディラクティシーAS19」を米麹甘酒の中で二次発酵させて造った米麹発酵乳酸菌飲料です。製法特許出願中)










生きたまま腸まで届くプロバイオティクス飲料。



青源味噌株式会社は、寛永2年(1625年)から続く味噌蔵です。



味噌を始め、甘酒、味噌だれを使った餃子などを販売しております。

甘酒は、米麹の発酵によってお米のデンプンが分解発酵されることでできあがります。一般的に商品化する場合は、日持ちさせるために加熱殺菌を行い発酵をおさえ、パッケージされています。

当社の甘酒は分解発酵のあとさらに発酵を進めると、爽やかな酸味が作られることは昔から言われていました。それを加熱殺菌をせずに生のまま弊社のアンテナショップで食前ドリンクとしてお出ししたところ、とてもご好評をいただきました。

とても美味しいという評判の他に、

「ここのところお腹の調子が良い」

「元気になったような気がする」

「両親に送りたいのだが販売はしていないのか」

といったお声を頂戴するようになりました。


当社の米麹の中で永い間味噌造りに活躍してくれていた乳酸菌がいます。
いわば我々の味噌造りを支えてくれる小さな仲間です。その存在は知っていましたが
名前はわかっていませんでした。

2019年、宇都宮大学との共同研究により、私たちは400年もの間青源を支えて来てくれた

その仲間のことを詳しく知ることになります。

生きたまま腸まで届く、たくましい植物性乳酸菌。

「ペディオコッカスアシディラクティシーAS19」

それが彼らの名前です。



ペディオコッカスアシディラクティシーAS19とは


宇都宮大学前田教授の研究成果 

甘酒由来乳酸菌Pediococcus acidilactici AS19はグラム陽性の双球菌であり、耐酸性能、有機酸生成能を持つためプロバイオティクス効果が期待されている。

そこで本研究ではAS19が腸内菌叢バランスの改善に有効であるかどうかを明らかにすることを目的とし、⑴平板培地における抗菌性試験、⑵マウスへの経口投与試験の2つの実験を行った。⑴平板培地における抗菌性試験ではAS19によって大腸菌、黄色ブドウ球菌、枯草菌の増殖を抑えること、⑵マウスへの経口投与試験ではAS19が生きたまま腸まで届き、腸内菌叢バランスの改善に繋がることを明らかにする為に行った。

その結果、AS19が黄色ブドウ球菌、大腸菌、枯草菌に対して増殖抑制効果があることが確認された。また、マウス経口投与物に含まれるAS19が部分的ではあるが生きたまま腸まで届き、糞便中で生菌として検出されたことが示唆された。



ペディオコッカスアシディラクティシーAS19をお客様の身近な存在に

甘酒の中でペディオコッカスアシディラクティシーAS19をたくさん増殖させると、柔らかく丸みのある酸味が作られます。それは今までにない美味しい植物性乳酸発酵飲料になりました。それがpedio(ペディオ)です。皆様に毎日飲んでいただくことで永い間私たち青源を支えてくれていた仲間である植物性乳酸菌ペディオコッカスアシディラクティシーAS19が、その働きによって皆様の健康のお役に立てることは、私たちにとって大きな喜びです。

この植物性乳酸菌は、私たちの健康に貢献してくれる可能性をまだまだたくさん秘めています。

私たちは、宇都宮大学と協力し研究を続けて、さらにお客様の健康にお役に立つ発酵食品をお届けしたいと考えています。




pedioをおすすめしたい理由

①ペディオのあま味はお米を発酵させたブドウ糖(グルコース)です。砂糖はまったく使用せず異性化糖や甘味料なども一切使用していません。また乳製品を含みませんので、乳製品アレルギーの方、妊娠中の方やビーガンの方にも、安心してお飲みいただけます。

②永年味噌蔵の中で生き続け、味噌を造りに貢献してくれていた植物性乳酸菌を、米こうじ甘酒の中で培養した日本独自のプロバイオティクス飲料です。強い乳酸菌が活きたまま大量に体内へ届くことによって、腸内の微生物バランスの改善が促進され、免疫力の向上が期待できます。

③米こうじのやさしい甘みと、当社独自の乳酸菌「ペディオコッカスアシディラクティシーAS19」が造り出す乳酸による爽やかな酸味で、小さなお子様からお年寄りまで皆様に美味しく召し上がっていただけます。







動物性乳酸菌と、植物性乳酸菌の違いをご存じですか?

これらは元は同じ乳酸菌なのです。ですが両者は住む世界がまったく違いました。

動物性乳酸菌は、主に動物の母乳の中で生育します。母乳とは乳児がそれだけを飲んで生きていけるほどに栄養満点でかつ成分が均質な状態です。つまりそこに住む乳酸菌は、いつでも理想的な恵まれた環境で暮らしています。

一方植物性乳酸菌は、栄養などほとんど期待できないようなものにくっついて生きています。例えば白菜についた乳酸菌は、葉についた小さな傷からでる細胞液のようなものを餌にしてなんとか生き抜いています。味噌の中にいる乳酸菌は、食塩濃度20%を超えるような高濃度の塩分の中でも力強く生きています。

生育過程から過酷な環境にいる植物性乳酸菌は、人間の胃液の様な強い酸にも打ち勝って生きたまま腸まで届くのです。

 

生きているものを活きたまま届けるための専用ボトル「ヴァージンボトルキャップ」


腸内環境改善が期待出来るこの発酵乳酸菌飲料は「ペディオコッカスアシディラクティシーAS19」への感謝の気持ちも込めて商品名も「Pedio(ペディオ)」にしました。

 青源は、全国的なコロナウィルスの感染拡大が広がる中において、自ら感染リスクを負いながらも仕事を通して社会的な使命を果たすべく活躍しておられるエッセンシャルワーカーの方々を応援し、少しでも力になれる活動を行って行きたいと考えています。

資金の使い道

日本全国へ健康をお届けするために、

・独自の植物性発酵乳酸菌飲料pedio(ペディオ)の普及拡大

・植物性乳酸菌によるプロバイオティクス飲料の価値の認知拡大

・コロナ禍の中社会的なミッションを果たしておられるエッセンシャルワーカーの方々への応援(※)

 (※)医療機関従事者、介護士、保育士、宅配便の配達員の方々などへの応援金の5%ぶんの「pedio(ペディオ)」を寄付致します。

新商品発売にあたり事前にCAMPFIREにて多くの方々に体験して頂きたく、協賛の声をお待ちしております。



最後に

弊社創業以来、共に歴史を歩んできたもの言わぬ小さな仲間、ペディオコッカスアシディラクティシーAS19菌が、日本全国のみなさまの健康増進のお役に立つことを願ってやみません。

ご自身での利用は勿論、ご家族、大切な方へのプレゼントとしてペディオをご支援くださいましたら幸いです。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し確実にリターン品をお届け致します。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください