目標達成しました。ありがとうございます!

一昨日、目標のご支援金額30万円を突破いたしました。

これもひとえに皆様のおかげです。

締め切りまであと7日。

引き続きご支援お待ちしております。


目標達成した日はちょうど、ジェンベの神様ママディケイタ師が逝去された日です。

ジェンベを世界に広めた方、以前ママディに「今のままジェンベを広める活動をしてください」と言われたことを思い出していたところでした。

2006年ママディ東京ワークショップ。
指を負傷していたママディ、このあと最後のドラムクラスで奇跡のソロを叩きます。

全大宴で各地訪問して行く中で出会う人々。

ママディがいなかったら一生出会うことはなかったでしょう。

心からご冥福をお祈りいたします。


リターン追加しました!

プロジェクトひと月を切りました。
ちょうど東京も梅雨入りしそうなのと近日マリから新しいヤギ皮がドカンと入荷するのもあり、返礼品に「超いい音に!ジェンベの皮の張り替え」を追加しました。

お手元のジェンベの皮が破れちゃったまま放置してあったり、「なんか音がイマイチなんだよなぁ」とかご不満がありましたらぜひ本クラファンのプロジェクトご支援のタイミングでジェンベを生まれ変わらせてみませんか?
ロープが切れそう、とか、ボディが割れそう、とか、リングが折れてる!とか、あらかたの修理は含みでやっちゃいます。また当方からの送料も含んでますので、ぽっきり安心です。

今回特別に「ジェンベのチューニングマル秘ガイド動画」を返礼品にプラスいたします。TDF15周年の叡智をここだけにご披露するって、貴重だと思います。


はじめに・ご挨拶

TDF東京ジェンベファクトリーの佐々木です。
西アフリカの伝統打楽器「ジェンベ」と関わって早30年、この楽器を通して全国の仲間と交流してきましたが、このコロナ禍で集まって叩けない状況が一年以上続いて、どうやらともするとジェンベ熱が冷えてしまうのではとの危機感を感じます。

そしてこの第4波の感染拡大・・・・・

そんな「集まれない今だけど、全国のジェンベファンの発表の機会を作ってそこに向けて練習し、その映像にまごごろを乗せて届けあう」必要性を感じます。

発起人佐々木です

このプロジェクトで実現したいこと

ジェンベというココロもカラダも元気にしてくれる楽器を習う楽しさや、そこに集う仲間たちがこのコロナ禍を乗り切る各チームの演奏の熱を、収録した映像で「見せっこ」しながら呑んで交流し、全国のジェンベファンが繋がることでジェンベ熱を高く維持していきたいと考えてます。

そのためには極めて高い熱量で自分が媒介となって各地を巡り各地の「熱」を伝え合う映像を資金的に無理のない形で「継続的」に撮っていきたいと考えます。



プロジェクトをやろうと思った理由

北は北海道、南は沖縄まで、日本には数多くのジェンベ演奏を習いながら楽しんだりする方、バンドを組んで地域のお祭りで演奏したりしているグループがたくさんあります。

埼玉県「アフリカ新座」のみんな

それぞれがそれぞれの地域に根差して、アフリカの伝統やジェンベという楽器に共感して楽しんでいくことで、仕事や家庭などが忙しい中でも日々の暮らしをより豊かなものにしています

しかしながらこのコロナ禍で叩くことを諦めざるを得ない状況になっていたり、そもそも集まって何かをすることができない今、その演奏をすることも・見せることも・見ることもできず、発表会などの「目標」を失うことでジェンベへの意欲を失ったり、日常生活への張りも失ったりしている方が多いと聞きます。

そこで実際集まって演奏を魅せっこしたり出来ないならば、各チームの練習風景や演奏、メンバーの雰囲気、またその地域の特徴ある名産などを映像に収めて、それを肴に「演奏を魅せっこしながらする宴会」として集まれない今でも自宅などで一杯やろう!って「発表っていう目標」を設定し、そこに向けて俄然やる気を出してもらったりワークショップ参加を再開してもらったり、、、、を各地の講師へ提案して回りました。


これまでの活動


↑こちらは第一回全国ジェンベ大発表宴会のアーカイヴです。
(YouTubeライブなのでオープニングの数分は飛ばして下さーーい!)
各チームが寄り集まることができる土台として佐々木が各地を訪問して取材していく形式をとり、100はあるであろうそれぞれの練習の成果を心を込めて編集、湘南のあらかり大輔さんとTDF佐々木の声で紹介しながらそんな「全国ジェンベ大発表宴会」を先だって3月6日に第一弾生配信しまして、多くの方に楽しみと感動を与えることができたのではと自負してます。



支援コメント


アラカリ大輔さん/アフリカサカバ(湘南)

本来、アフリカンダンスやジェンベは、その場にいる人と人が、その瞬間にエネルギーを注ぐ事で成立する伝統芸能、はたまた楽しみ方である。  
その場にいる事が大前提と言う、アフリカン業界にも今回コロナ禍の影響がありました。  
ライブが出来なくなったり、練習場所が使えなくなったり、何の為に自分は太鼓叩いてるのか?なんて根本的な問題に直面したり。  
そんな中、ジェンベと言うひとつの楽器をキーワードに日本全国から集まったチームが、それぞれの場所から、それぞれの演奏を映像に収めて、ライブ配信で同日に発表していく、大宴会と言うイベントを開催する事になりました。  
ネットで音と映像を共有すると言うデジタルなやり方が、アフリカンに合うのか?始める前は分からなかったのですが、向かう先が出来た事で、準備段階から全国各地で盛り上がり始め、映像を見たら、想いや喜び、楽しみと言ったアナログな部分までちゃんと伝わってきて驚きました。  
それは、全国にいるみんなが同じ様な状況下にいた事、それでも何かに向けてジェンベを叩く姿に共感したからだと思います。  
出来上がった映像はジャンルや演者、見る者に垣根を作らず、誰もが見ると元気がもらえると思います。そこにまたアフリカンの懐の広さを感じるのです。


徳永慎吾/仙台ベージャン・ポレポレ

全大宴という目標に向かって団結し、充実した練習が出来ました!
全国のジェンベ仲間のプレイを目にして、視野も広がり、モチベーションも上がったようです。
全大宴2を見るのを、みんなで楽しみにしています!!

  

村井宏樹さん/タムタムマンディング糸島



まさに、逆転の発想!
コロナ自粛で悶々としていた全国のジェンベ仲間たちは、断食中のライオンが餌肉を貪るようにジェンベに飛び付いた。 餌は「全国大発表宴会vol.1」、飼育係はTDF佐々木さんだ。
佐々木さんは東京で10年以上前から年末の忘年会兼発表会を企画しているので、ジェンベ仲間たちが発表の場に飢えていたことをいち早く感じ取っていた。 あとは、動くか動かないか。
それこそ、佐々木さんの真骨頂。
「会えないけど、伝えたい。」というコンセプトも良かった。
ジェンベ仲間ならみんな実感している「伝えたい」気持ちをジェンベにのせることの大切さ。クラスの仲間とジェンベを叩きたいという欲求に、カメラ越しに日本中にジェンベラブを伝えたいという気持ちが加わることで、このイベントの熱量はさらに跳ね上がった。

記念すべきvol.1に参加できた人間として、このイベントをぜひともvol.2、vol.3と続けて欲しいと切に思う限りです。 会えなくても、伝えられるジェンベラブを信じて、このプロジェクトのクラウドファンディングを応援します。 

村井宏樹 タムタムマンディング糸島


サム助さん/八戸ジェンベ部

今回の動画配信で演奏を披露した11チームそれぞれに、
様々なドラマとストーリーがあったことでしょう。
今回の配信でみなさんが見たものは各チームの演奏でしたが、
その背景にあった人間ドラマ、それこそが今回の配信が感動的だった最大の要因なのではないしょうか。


藤井容さん/ドゥニヤカン

こんな時期だからこそ出来た今回の全大宴。
撮影までの1〜2ヶ月、いつもになく集中した濃厚なクラスでした。
配信後参加者のモチベーションは爆上がり!!
その後新規の方も増え、相乗効果でとても良い雰囲気でクラスができています。



おまつさん/つるもく

第一回目の全国大発表宴会に参加させていただき、あの時のジェンベの熱量は空間を超えていたなと感じました。
それは、一つの目標に仲間と共に向かうことや、自分の先を目指すこと、そう言った素晴らしい経験に加え、講師含め参加者が全国に今同じ気持ちを持った人達がいると感じながら同じ時を過ごせたからだ、と私は思っています。

演奏を並べればいいってもんじゃない。

まるでそう叫んでいるように佐々木さんが全国を周って紡いでくれたたくさんのエピソード、たくさんのストーリー。

これこそが全国ジェンベ大発表宴会。

佐々木さんがまた全国を駆け回って向かうその日!全国ジェンベ大発表宴会vol.2、応援しています!



ユーキン(アフリカ新座)

第一回大発表宴会に出演させてもらったアフリカ新座です。

この企画に出演させ頂い感想は普段はアフリカの音楽を学ぶ「生徒さん」が「演奏者」に変わる事ができ、貴重な時間、経験をできたことだと思います。

演奏者としての意識や目標に向かって努力するといった事もいい意味で非現実的な分野での取り組みもできて本当によかったと思います。

それと、全国のジェンベグループの演奏も見ることもできてこれまた貴重な体験と刺激をもらいました!

この企画が末永くそして、この企画で沢山の人が笑顔で元気になりますように! 応援してます📣 

アフリカ新座 ゆーきん


資金の使い道

第二弾を更に充実させてこの秋実施したく、前回はご寄付という形で頂いたお金と私の自費で行った各地への渡航費をクラウドファンディングという皆様のお気持ちをお寄せ頂きやすいカタチで実施しようと思いました。

渡航費(秋田・山形・中部地区・山陽地区・四国・九州・沖縄)事前取材と本編収録で各地へ訪問
リターン制作費、発送費、クラウドファンディング手数料等



リターンについて

1,000円 全大宴ステッカー(50ミリサイズ)スマホの裏側に是非張って!

2,000円 全大宴ステッカー(100ミリサイズ)+「サブちゃんジェンベの旅」特別お礼動画

秘蔵のインタビューも掲載

4,500円 全国のジェンベワークショップ参加券+全大宴ステッカー(100ミリサイズ)
全大宴1に参加したワークショップと、今回全大宴2に参加するクラスのワークショップに参加できるチケットです。全大宴1と2に参加してるワークショップに参加できるチケットです。

5,000円 全大宴Tシャツ+「サブちゃんジェンベの旅」特別お礼動画S/M/L/LLから選べます9,000円  レアキャラ「ジェンベほらくんTシャツと全大宴Tシャツのセット+「サブちゃんジェンベの旅」特別お礼動画

色はナチュラル

10,000円 TDFミニジェンベ+全大宴ステッカー+ミニジェンベ叩き方ガイド動画

限定5台です。
各約12cm口径22cm高

20,000円 お手元のジェンベの皮が破れちゃったまま放置してあったり、「なんか音がイマイチなんだよなぁ」とかご不満がありましたらぜひ本クラファンのプロジェクトご支援のタイミングでジェンベを生まれ変わらせてみませんか?今回特別に「ジェンベのチューニングマル秘ガイド動画」を返礼品にプラスいたします。TDF15周年の叡智をここだけにご披露するって、貴重だと思います。


100,000円 全大宴テーマソングにクレジット+16小節のソロを入れる権利(全大宴講師のプレイベートレッスンつきです!)20,000円 「超いい音に!ジェンベの皮の張り替え」

こちら↓は全大宴1のテーマソング未完成メイキング映像です。

もちろんクレジットのみでもOKですが、どうせならば何の楽器でもいいのでソロを入れてみましょう!
ご要望あればご指導もしますし、映像にもぜひ出演ください。

大好評テーマソング

実施スケジュール

5月は緊急事態宣言が延長され、ほぼ動きが取れない状況ですが、適時事前訪問取材敢行します。順次YouTubeの「全国ジェンベ大発表宴会チャンネル」でインタビューの模様や生の声を配信していきます。本収録は8月より9月後半まで。なお生配信は今の所9月25日の予定です。

返礼品の郵送はプロジェクト終了後に順次お送りいたします。


今後の挑戦

第一弾に出演した11チーム150名も含めて合計300名による「全全大宴LIVE」を画策中で、密にならない某公園野外大音楽堂へ2022年の抽選に参加してます。見事千倍の競争率を勝ち取った際には「ジェンベベーベー」をやります。全国から300名を東京に呼ぶ交通費宿泊費ステージ費など、こちらも当クラファンで支援を募りたいと思います。


最後に

全大宴1は2020年秋より「全国各地のジェンベチームの練習した映像を収録して編集、生配信で各地とzoomで繋いで呑む」という当時はよく理解できないものでしたが、返礼品のない、しかも佐々木個人への銀行振り込み依頼というアナログな方法にも関わらず多くの方々のご寄付によって各地を渡航することができました。

今回はクラウドファンディングでもっと開かれた形で返礼品もご用意しながら更に多くの方々に「支援により主体的にご参加頂ける」形に出来たらもっと喜んでいただけると思い実施に至りました。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2021/08/21 06:22

    おはようございます。当クラファンプロジェクトが終了してから早2ヶ月になろうとしてます。遅くなりましたが先週から順次感謝の返礼品を発送させていただいております。ジェンベ張り替えのご支援を頂いた方で、まだTDFへジェンベ送ってない!という方を除いて「まだ届いてないよ!」という方、佐々木までご一報く...

  • 2021/06/29 15:11

    ここ数日、梅雨らしくジメッとしてる東京クラファンも明日で終了です。引き続きよろしくお願いいたします。前は、そう彼此10年くらい前までは東京が嫌で嫌で仕方がありませんでした。ジェンベの旅で九州などを訪問するたびその地の人の暖かさや絶句するほど美味しい食べ物やお酒空気の美味しさ程よい距離感どれも東...

  • 2021/06/28 08:23

    六月も残すところあと2日つまるところ当クラファンプロジェクトもあと2日で終了となります。思えば資金調達依頼を思いついて即立ち上げたのが5月中旬全大宴1の時の経費が出張費20万円・機材費20万円の合計40万円かかりご支援の依頼に呼応してくださった方々のご好意で10万円頂戴できたので自己資金の持ち...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください