はじめに・ご挨拶

はじめまして。

私たちは世界で最もグルメな都と知られる東京。

第2位のパリ・京都よりも2倍以上のミシュラン獲得もあり、

この東京の美味しい食事をご自宅で堪能するために、

デリバリーとデリシャスの頭文字の『デリ』

フランス語で食いしん坊の意味を持つ『グルマン』

この二つを合わせて、『デリグルマン』というサイトを作りました。

商品・お店が作られた背景

もともと色々な方々と美味しいもを食べに行くのが大好きで、そんなお店で出会った人たちと美味しいお店の共有などをし、様々なお店に通っていたのですが、昨年から続くコロナの影響でたくさんの美味しいお店が閉店等に追い込まれてしまい、とても悲しい思いをしました。

そんな美味しい店を少しでも多く残し、苦境の飲食店の支援を少しでもできればということで、

『デリグルマン』というサイトを作り、美味しいものを少しでも多くの人に味わっていただきたいと思っております。


私たちの商品・お店のこだわり

私たちのこだわりは、食べログの点数等での評価や忖度された評価ではなく、

食通の方に吟味いただき、採用になった東京でのお店に特化したサイトになります。

『デリグルマン』に頼めば間違いなく美味しいものが食べれる!

というサイトを実現いたします。


現協力店 一部紹介


小伝馬町 鉄板焼きステーキ ミキスケ

https://akr3606331271.owst.jp/


麺屋 睡蓮 お茶の水


リターンのご紹介

協力店舗様の一つ、日本橋小伝馬町 鉄板焼きミキスケ 様より

唯一無二のディナーメニュー 

・『肉の舟盛』を2種類と、

・『肉汁たっぷりハンバーグ』をリターンとしてご案内します。




・「ミキスケ」肉のパイオニア拘り5か条

一つ お肉はA4の上等牛~A5牛しか使いません

一つ 牝牛のみ使用!

一つ 一頭買いに拘ります

一つ お肉は全て生!冷凍保存は致しません(ハンバーグを除く)

一つ 余計な味付けなし。部位に合わせて塩かおろしポン酢で


・肉の舟盛りとは

赤身が売りの「ミキスケ」自慢の赤身から、その時の仕入れに応じて最高のものを

贅沢にご提供いたします。

「ミキスケ」の代表部位 厚切り牛タンを筆頭に一頭からとれる量が少なく

肉質が良い肩の赤身のミスジやサンカク、ザブトンなど旨味のある部位から

リブロース、サーロインなどの王道部位を、じっくりといただく至福のひと時を

ご堪能ください。

・厚切り牛タン

焼肉で牛タンというと薄切りをさっと焼いてネギで・・と想像される方が多いと思いますが

ミキスケは食べごたえ十分の厚切りでご提供し、熱々も鉄板に蓋をしてじっくりと蒸し焼きにします。

焼けば焼くほど旨味が溢れてくる・・・それが「ミキスケ」の牛タンなんです。

・ザブトン

きめ細かい脂が特徴的なザブトンですが「ミキスケ」のザブトンは脂のしつこさが一切なく

肉の赤身本来の旨みをじっくりと堪能できます。

A4上級肉からA5肉の「牝牛」しか絶対に使わないこだわりがなせる一品です。

・赤身色々

上から時計回りにタンモトミスジカタサンカクランプです。

もう一度言います。タンモトミスジカタサンカクランプです。

・・・全部分かった貴方はもう立派なミキスケマニアです。

資金の使い道・スケジュール

また今回いただいた資金を、サイトの構築費用や、出店いただくお店への招致活動の費用として使わせていただきます。

最後に

コロナで元気のなくなってしまっている飲食店。

世界一の食の都、東京。

皆さんが思っている以上に状況は深刻で、飲食業界は壊滅的になっています。

私の知っているお店、皆さんがごひいきにされている美味しいお店を1店でも多く救い出し、

この状況を1日も早く打破できればと考えております。

そして皆様にはご協力をいただきながらも美味しいものがご提供ができればと思っております。

ご賛同していただける方がお一人でも多くいただけますと幸いです。


いただきました資金においては、デリグルマンサイト構築の費用及び、

掲載店舗の勧誘やサイト拡大に伴う広告費用等に使わせていただきます。


是非よろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/22 15:42

    皆様サイトご覧いただきありがとうございます。1週間で追加で本HP掲載飲食店が複数店追加されております。また今回の投稿より、雑誌関係の取材の依頼等も受けております。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。ご支援いただいた方々この度はご支援いただきありがとうございます。今回の活動を成功にでき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください