ヒッチハイクで日本一周のその後・・・

2020年11月末に、高校を卒業した18歳の頃から4年半続けてきた「会社員人生」からリタイア。

正式に退職が決まった3日後には、ヒッチハイクで日本一周の旅に出た…


「海外へ行く前に、もっと日本の良さを知っておかなきゃ」

日本一周中はたくさんの人に出会い、支えられ応援してもらえた。

そしてそのままの流れで、日本一周の旅が終わった2日後には、成田空港から人生で初めての海外へ飛びたった。

行き先は日本から飛行機で24時間、7時間の時差がある遠いアフリカの地「エジプト」だ。


想い
人生初めての海外に、この「コロナ禍」で行くなんて。

それも法の整備も整っていないようなエジプト。

友達や前の職場の人間からは驚かれ、日本一周中に出会った人からは「SNSの更新を楽しみにしてる」と期待され、親からは涙を流すほど反対され

そんなたくさんの思いを背負って、1ヶ月間エジプトを放浪してみた。


なぜエジプトだったのか?

人生初めての海外にエジプトを選んだ理由は

①仲の良いオンライン英会話の先生がエジプト人で会いたくなったから

②コロナ禍で日本から行ける国が限られておりアフリカは行けそうだったから

③物価が安そうだから

この3つ。


3つの理由というより、後ろの2つはあとから考えたような理由で。。。

比率で言うと90%は「仲の良いオンライン英会話の先生がエジプト人で会いたくなったから」だ。

後の2つは、たった5%ずつくらいの比率だ。

↑オンライン英会話の先生と先生の弟


ぼくはよく「行動力がすごいね」と言われるが、行動することに大それた理由は必要ないと考えている。

「あの人に会いたいから会いに行く」

ただそれだけの理由で、飛行機で24時間かけて会いに行っても良いじゃないか。


エジプト放浪記

人生で初めてのエジプトを選んだことに一切の後悔もない。

道端で家族のホームレス、5歳の子供がお菓子を売り歩く路上、脚がなく膝で歩くおばあさん、路地裏にたまるゴミ山、人生で初めて受けた人種差別。

たくさんのネガティブな面も見てきたが、それらを遥かに超えるエジプトの良さを体感した。

街を歩けば “Hey KOKI!” と挨拶をしてくれるみんな、美しい砂漠の世界、ピラミッドの古代遺跡、透き通るほど綺麗な地中海、天国と呼ばれる街。

1ヶ月のエジプト放浪生活で経験したことは、間違いなく他では味わえないものばかり。

法の整備が整っていなく、90%の人がイスラム教で、まだまだ発展途中で、600万人が貧困層のエジプトだからこそ経験できたことだと思う。

実際、毎日欠かさずに更新していたSNSでは、毎日数名からのメッセージが届いていた。

ただネット上でSNSを眺めていても楽しめていたのなら、実際に体験していたぼくの経験は計り知れないものなのはお分かりいただけるだろう。

大勢が見ることができるネット上では言えないようなこと、人生で初めての経験に溢れたエジプト放浪記。

ぜひこの放浪記を聞いてリターンを受け取り、脳内旅行を楽しんでもらいたい。

1枚目:エジプトで2番目に大きな都市Alexandria, 2枚目:砂漠の街Siwa, 3枚目:天国と呼ばれる街Dahabにて


プロジェクトをやる理由

もちろんコロナ禍で海外へ行くことに、反対意見や嫌悪感を持つ人もいるだろう。

だがぼくは独身で、会社などの複数人のグループにも属していない。

日本から出国する際も33,000円の診察料を払いPCR検査を受けた。

コロナ禍でのヒッチハイクもエジプト放浪も、全ての責任を自分で負う覚悟をもって行動したことだ。


日本の現状!

現在の日本はたくさんのネガティブなニュースや空気感が漂い、日本から海外へ行くことが許されないような雰囲気だ。

周りの目が気になり、海外へ行きたくても行けない人も多い現状。

そんな人たちに少しでも海外の気分を味わってほしいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げた。



資金の使い道

日本一周をして、1ヶ月間エジプトを放浪してみて、今のぼくは日本で「宿泊施設」を作るために動いている。

業態はゲストハウスにするのか、ホステルにするのか、シェアハウスにするのか、物件を決めてからコンセプトを固めていく予定だ。

そのためには自己資金300万円を全額注ぎ込むとともに、数百~数千万円の借金をすることも考えている。

法人会社の設立費用、日本全国に物件を内覧しに行くための交通費、開業するまで無収入の準備期間中には、痛いほどお金がかかる。

幸いぼくは贅沢に興味がなく、物価の高い東京でも生活費は9万円ほどで暮らすことができる。

エジプトで培われたハングリー精神のおかげで、野宿すらいとわない覚悟だ。

このプロジェクトで集まった支援金は、そんな起業前の準備資金に使わせていただこうと思っている。


ストーリーの共有

リターンにはエジプトでの思い出の品の数々を用意させてもらった。

これらひとつ一つにエジプトならではの変わった思い出や、ストーリーが込められている。

購入時の動画も撮影したほどだ。

ただの「モノ」ではなく、ストーリーを含めた「コト」を支援のリターンとしてお返しさせていただきたい。


これからの動き

2021年3月~4月中に、宿泊施設開業のための物件を決める予定。

3ヶ月前に行った日本一周から現在に至るまで、家を持たないホームレス生活中なのでそろそろ物件を決めなければ生活費にすら困ってしまう。


今回のプロジェクトでは、ファーストステップとして支援金55,000円を募り、その後セカンドゴールとして135,000円を目指す予定。

-----使い道&スケジュール-----

2021年3月~4月

■宿泊費45,000円(1泊1,500円×30日)

■クラウドファンディング手数料10,000円前後(約20%)

-----セカンドゴール-----

2021年3月~4月

■交通費108,000円(東京を拠点として京都、大阪、沖縄への往復代金)

■クラウドファンディング手数料27,000円前後(約20%)


2ヶ月前に行ったヒッチハイクで日本一周企画の時は、Instagramのメッセージで会う予定を募り、実際に会いにいく毎日を送っていた。

ヒッチハイクで日本一周中は無料で会いに行き、さらにはぼくがご飯を奢ることもあったが、今回はお金を払っていただきご飯を奢られに会いに行く。

当たり前だが、ぼくの行動力と実行力がウソなわけがない。


リターン品の数に限りがあるので【ただただ支援】をしてくれる方によって命運が分かれる。

価格自由としているので、ぜひ1500円~のカンパ代わりとして募りたい。

物件を決めた後は内装やコンセプトを固めて、5月~6月には正式にオープンする予定!

今回のプロジェクトは、物件を決めるまでの2月~3月の期間で行い、支援のリターンは3月中にお渡しさせていただく。


大切なのはいかに一人ひとりと深く関われるかだ!
これら諸々、宿泊施設を開業するまでには合計で数千万円かかるだろう。ぼくにはそんなお金がない。

でも、借金してでもやり遂げたい夢。

しかし、大変なのはどこも同じ。

だからこそ
「助けてください」
というメッセージではなく
「過程やストーリーから共有して一緒につくる楽しみ」を。
たとえ、今すぐ行けなくても。

「これからの成長がさらに楽しみになるようなプロジェクトにしたい」
そんな想いからのスタート。


【最後に】

今までぼくは、ヒッチハイクで日本一周をしたり、初めての海外でアフリカのエジプトを1ヶ月放浪してみたり、一人でいろいろな挑戦をしてきました。

それは旅の途中で出会ったたくさんの人に支えられ、応援されたからこそできたことです。

これからは自分自身の挑戦と両立して、今までの経験を活かし、夢を追いかける人を応援したいと思います。

今回のプロジェクトもすでに、ぼくが運営しているコミュニティ【LIT】のメンバーに協力をしてもらい作っています。

今回のプロジェクトのリターンに含めませんが、下記のリンクよりご入会いただくことが可能です。

▶︎【LIT】〜夢なんて今すぐ叶える〜

この夢に少しでも共感してくれた方は、ぜひ応援してください!
そしてぼくと一緒に、夢に溢れる面白い環境を作っていきましょう!!

今回のプロジェクトは序章に過ぎません。
(もちろん本気ですが!)

メインのプロジェクトを立ち上げるためには、まずは今回のプロジェクトを成功させて物件を決める必要があります。

ぜひご支援お待ちしております。
そして、このページをみてくださったみなさん、ありがとうございます!



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください