「インターンってキラキラしてるんだろうな」 本気でこう思っていた大学生がクラウドファンディングを通じてBBQコンロを広めようとしています。 火おこしが楽、収納のしやすさと持ち運びやすさ、炭の片付けがかんたん。 日頃のBBQの悩みをすべて解決するコンロ、是非使ってみてください。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。

田中智大と申します。

このプロジェクトに興味を持って頂き、ありがとうございます。

今回クラウドファンディングを使って、あるBBQコンロを広めたいと思っています。

このホタテを焼いているコンロです。

こういう話をすると、「いや、あなただれ?」「なんであなたがやるの?」

という声が聞こえるので、まずは自己紹介とこのプロジェクトをすることになったきっかけをお話出来ればと思います。

▼自己紹介

改めて、田中智大と申します。

ツタの絡まるチャペルのある大学に通う4年生です。

横浜生まれ、横浜育ち。

好きな食べ物は横浜家系ラーメン。

おすすめのデートコースは中華街で食べ歩きをしてから山下公園と赤レンガ倉庫を歩くコース。

まさに生粋のはまっ子です。

好きなプロ野球チームは横浜DeNAベイスターズではなく、東京読売巨人軍。あ、すいません。

現在、株式会社YBTでインターン生として事務作業をお手伝いさせて頂いています。

http://www.ybtomorrow.jp/office.html

このクラウドファンディングは、このインターンの一環として取り組んでいます。

▼インターンに抱いていた幻想と妄想とは?

インターン。インターン。インターン。

この言葉に、僕は幻想と妄想を抱いていました。

SNSをにぎわせる同い年のインターンのふりかえり、続きを表示を押さないと読めない文量の成長日記。

「何だこいつ、本当に同い年か??」と思ってしまうような大人びた文章と専門用語。

綺麗なオフィスを背景に光沢のある髪の毛の社会人と肩組んだりガッツポーズしている集合写真。

「ああ、インターンっていいな。キラキラしているな。インターンしたらかっこいいな。」

こんな幻想を抱いていました。(後で打ち砕かれますが。)

だから、大学3年生の10月に今の会社のインターンの話が来た時は飛びつきました。

「これでキラキラしたインターンが出来る」

本気でそう思っていました。

▼インターンを始めて感じた事、そしてクラウドファンディングへ、、、

始めた当初はうっきうきでした。

キラキラインターンが出来ると思っていたのですから。

大学の1限の通勤ラッシュは辛くても、インターンの通勤ラッシュは辛くないと思っていた節さえあります。

ー通勤ラッシュを乗り越えた先にはキラキラした仕事が待っているー

意味不明ですがこんなことを当時の自分は思っていました。

当然、そんな幻想は打ち砕かれます。

毎朝恒例、通勤電車での壮絶なる椅子取りゲーム。ビール腹には元高校球児も勝てません。

会社に到着し、「さあ、キラキラするぞ!」と思いきや、自分の仕事は事務作業。(元々事務作業をお手伝いするインターンです。)

そして待っているのは社会経験豊富な大人たち。一緒に行くお昼ご飯の時に自分の考えを論破される事も。

社会人に対して何一つ言い返せない自分が情けなく感じました。

当初抱いていたインターンへのキラキラしたイメージが、自分の駄目っぷりをより強く感じさせました。

そんな感じで、キラキラとはかけ離れて自分の駄目さと向き合っていたとき、上司にこんなことを言われます。

「学生がどんだけ頑張っても社会や仕事のことはわからない」

この言葉を聞いて、あることを思います。

「リアルな仕事っぽいことをして、社会勉強がしたい」と。

そこから上司に「仕事っぽいことしたいです」とお願いし続けてきました。

そんな時にこのクラウドファンディングの話を頂きました。

お願いし続けたことが叶って嬉しくなり、携わる事を即決したのですが、不安な気持ちも大きくありました。

「もし失敗したらどうしよう?本当に出来るのだろうか?」

そんな思いが頭の中を占めていました。

でも、今は最後までやり抜いてみようと思っています。

何も社会のことを知らない自分が、クラウドファンディングを通じて社会の事を勉強出来る

これほどのチャンスはないと強く感じたからです。

クラウドファンディングをやりぬいて社会の事を体感し、例え失敗に終わってもこの経験を次に活かす。

全てを自分の糧にして、明日につなげたい。こんな思いからこのプロジェクトを立ち上げました。

▼今回広めたいBBQコンロ「UESUGI-BBQ」について

今回皆さんに紹介するのは

北海道のオホーツク海沿いにある湧別町にある上杉製作所が開発、生産しているBBQコンロ「UESUGI-BBQ」です。

円筒が特徴のBBQコンロです。

このコンロには3つの特徴があります。

特徴①火起こしに労力を使わない

突然ですが、BBQをする時に一番困る事ってなんでしょうか?

食材の調達?お酒の量?予算の組み方?メンツが集まらない?

違います。火が起こらないことです。

火が起こらなければ食材も焼けません。食材が焼けなければお腹は空いたままです。空きっ腹にお酒もよくありません。

火起こしはいわばBBQの一番重要な肝なのです。

「火起こしは男の仕事」

そんなイメージを持たれている方も多い事でしょう。事実、火起こしは非常に手間のかかるものです。

まず着火剤や燃えやすいものに火をつけて、うちわであおいで風を送って火を大きくして、炭に着火させる。

大変です。

非常に大変なんです。男ってやつは。

きっと本音では「BBQはしたいけど、火起こしは嫌」

そう思っている男性の方も多いのではないでしょうか?

このUESUGI-BBQでは、火起こしが圧倒的に楽になります。

その秘密はこの円筒の部分です。

この円筒部分で高温の空気が上昇していく煙突効果が使われています。

では、ここから実際に火がおこる様子をお送りします。

1.まず、新聞紙を円筒に入れる

2.着火

3.新聞紙が燃えます

4.炭に火が着いてきました

ここから少し時間がたつと

焼けます。

このように簡単に火がおきます。

これで、BBQにおける男性の負担が圧倒的に減ります。

負担が減った分、きっとBBQの最後までお父さんは上機嫌でいるはずです。

特徴②分解可能。持ち運びが楽。

BBQコンロについてまわる悩みが持ち運びにくさ、収納の悪さではないでしょうか?

持ち運びにくいからこそ、BBQ場でコンロを借りてBBQをする。

でも、コンロをもっていけばレンタル代が浮きます。

その分、夜の花火を買う事が出来ます。

女子大生は花火に弱いです。断言します。

このUESUGI-BBQは組み立て式になっているため、バラバラに分解する事が出来ます。

パーツにしてしまえば収納の場所もとることがなく、便利です。

それに持ち運びが楽になります。

特徴③炭の片付けがかんたん。

楽しいBBQの時間。炭火で焼いた料理でお腹いっぱいになりました。でも、避けては通れないものがあります。

片付けです。

食材のゴミは生ごみ、飲み物で使ったカップはプラスチック。袋があれば分別が出来ます。

しかしここで、1つ大事な物を忘れています。

炭の後処理です。

もし誤って処理をしてしまうと最悪の場合、火事です。

かといって土の中に埋めるのはマナー違反。

一度火がついた炭を完全に消化するには時間がかかります。

じゃあどうやって処理するの?

ここで、着火に重要な役割をしていた円筒が役に立ちます。

この円筒部分に炭を入れ、保管しておく事が出来ます。

火起こしと炭の後処理が出来る。

まさにBBQの二刀流です。
注意:炭火は室内で使用すると一酸化中毒の原因となります。UESUGI-BBQは屋外専用となっております。
 ▼株式会社上杉製作所について

最後に、このUESUGI-BBQを開発している株式会社上杉製作所について紹介します。


▼株式会社上杉製作所について
会社概要

代表者:上杉 昌

設立:昭和5年

資本金:1000万

従業員数:12名

上杉製作所は昭和5年に湧別町に設立され、創業87年の老舗企業です。

創業以来、薪ストーブの受注生産を行ってきました。

戦後、昭和23年には木工場の廃材処理問題に着目し、鑄屑ストーブの開発で特許を取得。昭和の後半に入り、石油ストーブが普及すると、家庭で石油の備蓄が出来る経由用ホームタンクの製造販売を行いました。

生活の変化とともにストーブの需要が無くなった現在は

鉄板の加工や各種プレス加工の技術を活かし、

野外用バーベキューコンロの開発を行っています。

上杉 昌さん

「良いものをつくろう」

上杉社長が創業者の父親から会社を引き継いだときから

心がけていることです。

今回皆様にご紹介する『UESUGI-BBQ』はそんな思いを込めて

開発されました。

 

北国の生活に根差したアイデアを商品にしてきた上杉さん

 
▼リターンと支援金の使い道について

今回、このクラウドファンディングにご支援頂いた方には

リターンとしてBBQコンロ「UESUGI-BBQ」をお送りさせて頂きます。

しかし、BBQコンロだけではBBQは出来ません。

そこで、コンロに加えて湧別町の水産物をお送りします。

湧別町ではホタテの養殖がさかんに行われています。

北海道湧別町が発祥のBBQコンロで、北海道湧別町でとれた魚介類を焼く。

これであなたも、湧別の虜です。

皆様からの支援金は、BBQコンロと水産物の商品代と送料として使わせて頂きます。

▼リターン詳細

ご支援いただいた皆様にお送りするリターンについて詳しく説明します。

今回のファンディングは20000円と25000円の2つで行います。

 20000円支援していただいた方

→『UESUGI-BBQ』と湧別の水産物BBQセット×1(ホタテ2kgを予定しています)

(写真はイメージです)

25000円支援していただいた方

→『UESUGI-BBQ』と湧別の水産物BBQセット×2(ホタテ4kgを予定しています)

(写真はイメージです)

*BBQセットは2回に分けてお送りさせていただきます。

▼最後に

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます。

最後に、このプロジェクトの機会を与えてくださったインターン先の社員さんに感謝を申し上げます。

自分なりに最後までやり抜こうと覚悟を決めているので、どうぞご支援の程よろしくお願い致します。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください