はじめまして!兵庫県佐用町の「株式会社かのね」です。

私たちは、地元・兵庫県佐用町を盛り上げるため、地元の有志らを中心に設立されたまちづくり会社です。

佐用の観光地である利神山(標高373.3m)の山頂にある総石垣造りの城跡・利神城跡は、2017年10月13日、国史跡に指定されました。

そんな利神城跡をもっと多くの人に知ってほしい、その魅力をもっとたくさんの人に広めたいという思いで、今回我々はこのクラウドファンディングを立ち上げました。

ぜひ、ご一読いただければと思います。


利神城跡(りかんじょうせき)とは

利神城跡(りかんじょうせき)のある兵庫県佐用町平福は、播磨国姫路(兵庫県姫路市)から因幡国鳥取(鳥取県鳥取市)へと続く因幡街道の宿場町として栄えました。

この平福は、あの宮本武蔵が幼少時を過ごした町としても知られ、当時の名残を感じることができる街並みが魅力的な佐用町を代表する観光スポットです。

そんな平福地域にある利神城跡は、およそ700年近い歴史を持つ古城で、室町時代には別所氏、戦国時代には宇喜多氏らが山城を築城しました。

江戸時代初期にには池田氏が姫路城の支城として、三重の天守を構える城を建てました。

標高373mの山城は朝霧の名所でもあり、天守があった頃はその姿が霧の上に浮かんだ偉容から雲突城(くもつきじょう)とも呼ばれていたそうです。


石垣の崩落により危険が多くあるため、近年入山禁止となっていましたが、2021年4月より地域の方々や本城を愛する人たちが中心となり、利神城復活プロジェクト"利神城ガイドツアー"が開始され、登山許可のあるガイド同伴でのみ、入山可能となりました。(安全な場所限定などの条件付き)

佐用山城ガイド協会とのスケジュール調整が必要ですが、大変貴重な体験になること必至です!→(詳しくは山城ガイドHP参照)



かのねの取り組み

このクラウドファンディングプロジェクトを実施する株式会社かのねは、佐用町の地域活性を目指して活動するまちづくり会社合同会社鹿青年部」と、各地で古民家再生などを通じて地域活性事業を行う株式会社NOTEが協業し、2020年に発足しました。

名前の由来は、二つの社名(鹿・ノオト)を掛け合わせ、山から聞こえる鹿の鳴き声や足音を感じてほしいという想いから、鹿の音(かのね)と名付けました。

かのねは現在、平福で大正期築とみられる「旧木村邸」と「旧木村酒造の酒蔵」を改築し、古民家一棟貸しのホテル「NIPPONIA 平福宿場町」(佐用町平福697-1)と「酒蔵レストラン kumotsuki(くもつき)」(佐用町平福字下町475-1)を2021年7月オープンに向けて準備中です。

支援金の使い道

今回のクラウドファンディングで皆様から集めさせていただく支援金については、利神城関係の広報や平福のまちづくり活動に使わせていただきます。

例として、酒蔵を改装して作るレストラン「kumotsuki」内に、地域の人の起業をサポートするチャレンジショップを検討しております。

チャレンジショップは、この地域で起業をしたい方が、コストを抑えながら実験的にその事業のテストを行える仕組みで、店内のブースを利用して、コストを最小限に抑えながら仮の店舗を開くことができます。

また、同店で利神城跡や平福の川端風景を楽しむことができるウッドデッキを設置することで、一人でも多くの人にこの地域の風土を知ってもらう環境を整備したいと考えています。


リターンの紹介

今回のこのクラウドファンディングを通じて、支援をしてくださった方に向け、多くのリターンをご用意させていただきました。

利神城跡御朱印

佐用の伝統産業である「皆田和紙」を使用した御朱印です。※枚数に限りがあります。

平福まちあるきガイド参加券

公認ガイドによる、宿場町平福のまちあるき案内。町の歴史やみどころなど、その魅力をたっぷり知ることができます。

利神城跡登山のガイド招待券

崩落の危険があるために無許可では登ることのできない利神城跡に、公認ガイドがご案内します。雲を突くと言われた標高373mの山城から、平福の町並を一望することができます。※佐用山城ガイド協会との日程調整が必要になります。

酒蔵レストラン「kumotsuki」の割引券

7月オープン予定の酒蔵を改修してつくられたレストラン「kumotsuki」のお得な割引券です。

古民家ホテル「NIPPONIA 平福宿場町」の割引券

7月オープン予定の古民家一棟貸しホテル「NIPPONIA 平福宿場町」のお得な割引券です。

ぜひこの機会に、平福、利神城を訪れていただければ幸いです!

最後に

兵庫県西播磨地域に位置する佐用町は、山と川に囲まれた、のどかで穏やかな素敵な町です。

これを機会に、ぜひ利神城や平福、佐用の町を知っていただき、多くの人に訪れていただければと思っています。

皆様のご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

株式会社かのね一同

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください