はじめに

私達は「NPO法人 新潟市精神障害者自助グループ ココカラ」と言います。これは、精神疾患を持つ方で、もうすぐ退院する方・実家暮らしがつらい方・一時的に家族と離れたい方で、一人暮らしに自信が持てず、どこを拠点に生活するのか悩んでいる方を応援するプロジェクトです。

解決したい社会課題

新潟市では「精神障害者も含む地域包括支援(長期に不必要な入院をするのではなく、地域で暮らす為の支援)」について、他の県や政令指定都市より遅れをとっています。

グループホームがあまりにも少ない事、ピアサポーター(同じ経験を持つ精神障害者同士で助け合うシステム)の活動が認知されていない事など、理由は様々です。

私達「ココカラ」では、一人暮らしをしたいと思っているピア(仲間)を応援したいと思っています。

このトレーニング・アパートは、最短2泊3日・最長1カ月で一人暮らし体験をして頂きます。利用料は光熱費込みで1泊2,000円です。

世帯分離して(家族と離れて)、生活保護で一人暮らしをすることは、なかなか勇気のいる事です。しかし、生活保護は恥ずかしい事ではありません。精神疾患の為、充分に働くことが出来ない人にとっては当たり前の権利なのです。

このプロジェクトで実現したいこと

私達にはまだ必要な事があり、物があり、その為の資金を必要としています。まず、家具家電がないというのは問題外です。生活に必要最低限のものを用意する必要があります。また、家具家電を入れる前にシロアリ駆除が必要であることがわかりました。これらに必要な資金へのご協力をお願いします。

また、事務所移転に「?」と思った方もおられるかもしれませんが、このアパートのお隣の部屋に移転したいと考えています。そうする事で、トレーニング中のピアが心を落ち着けて生活する理由になるからです。また、週に1,2度トレーニング中のピアをココカラメンバーが訪問する事にします。生活上の困り事や問題の解決をお手伝いします。

資金の使い道

100万円

・プロジェクト実現の見積もり

 シロアリ駆除 10万円

 家具・家電購入 25万円

 生活雑貨 5万円

 チラシ印刷 20万円

 事務局の引っ越し 10万円

 クラウドファンディング手数料他、リターンの郵送費、広告費、雑費etc

実施スケジュール

3月8日(月)~4月31日(木)

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

*アパート物件は確保済みです。

*プロジェクト終了次第、事務所移転・家電家具の購入

*5月~6月 パンフレット作成・印刷

*7月 情報(一人暮らしトレーニングアパート)の周知徹底

*8月 見学会開催

*9月 オープン



リターン


実録マンガ「ココカラ」です。シリアスな話が多いので、ピアは猫にしています。全てが実話です

是非多くの人に読んで頂きたいです。


切り絵カードとレジンキーホルダーのサンプルです。全てココカラメンバーの手作りですので、一点ものですから、どんなデザインのものが届くのかはお楽しみになります。

最後に

精神障害者は近所の厄介者ではなく、良き隣人です

宜しくお願いします。

チーム/団体/自己紹介・活動実績など

NPO法人 新潟市精神障害者自助グループ ココカラ

理事長 内藤織恵 (マンガでは「おり子」として登場します。)

鬱病歴25年。現在でも通院と服薬が欠かせない毎日です。

https://spkr9w49.wixsite.com/kokokara

(Facebookにも、こちらのページからアクセス出来ます。)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください