"働くとは他を楽にさせる『他楽(はたらく)』ことだといいます。他を楽しませると自分に楽しい事が返ってくる。仕事の本質はそれです。" ハタラクは、こんなユーザー同士の気持ちのいい助け合いをサポートするソーシャルマッチングサイトです。

プロジェクト本文

-----目次--------------------
●企画者からのご挨拶
●助け合いマッチングサイト『ハタラク』とは?
●『ハタラク』の特徴
●『ハタラク』のいいところ
●ハタラクの原点になった2人の言葉
●1度目の失敗とそれから
●スペシャルサポーター&リターン紹介
●資金の使い道
●最後に
---------------------------------- 

 
 ●企画者からのご挨拶

はじめまして!ハタラク企画者の大滝昇平です。

普段はWEBディレクター・エンジニアとして依頼をいただき、受託開発のお仕事しています。

ハタラクは、そんな僕が初めて自分から作りたいと思ったサービスです。

そして一度挫折しながらも、たくさんの方の応援のおかげで、形にすることができました

【↓本サイトはこちらから↓】
https://hata-raku.work/

 

以下にハタラクの紹介と合わせて、ここまでの道のりを紹介させていただきますm(_ _)m

 

●助け合いマッチングサイト『ハタラク』とは?

ユーザー同士で助け合うソーシャルマッチングサイト

困ったときは、誰かに頼る。

困っている人を見かけたら、手を差し伸べる。

一昔前まで当たり前だった無償の「助け合い」。

ハタラクは、そんな「助け合い」をサポートするマッチングサイトです。

 

あなたの『コマリゴト』を投稿すれば、それを解決できるスキルを持ったユーザーが助けてくれます。

あなたに『デキルコト』を投稿すれば、あなたの力を借りたいユーザーからオファーが届きます。

"働くとは他を楽にさせる『他楽(はたらく)』ことだといいます。他を楽しませると自分に楽しい事が返ってくる。仕事の本質はそれです。" 

ハタラクは、こんなユーザー同士の気持ちのいい助け合いをサポートします。


●『ハタラク』の特徴



「困りごとを誰かに依頼しやってもらう」

「自分にできることを登録し、依頼を受け付ける」

この2点だけに注目すると、ハタラクはランサーズやクラウドワークスなどの「クラウドソーシングサイト」と似ています。

ハタラクがこれらのサイトと大きく違うのは「お金を介さない」という点です。



クラウドソーシングの場合は、何かを依頼したら作業者に報酬を払わなければいけません。

ハタラクでは、依頼者が作業者に報酬を払う「1対1」のギブ&テイクではなく

困っているユーザーを別のユーザーが助ける、ユーザー同士の助け合いを前提としているため

コマリゴトの依頼にお金は必要ありません。



代わりにコマリゴトを依頼した方には、「もしあなたのスキルで解決できそうなコマリゴトを見つけた時には、ぜひ力を貸してあげてください。」とお願いしています。

それはいつでもいいですし、相手は誰でもOKです。ハタラク内である必要もありません。



助けてもらった分、誰かを助ける”。そんな助け合いの循環に協力していただくことで、ハタラクは回っています。

 

●『ハタラク』のいいところ

ハタラクの特徴をご紹介したので、もう少し具体的なメリットもご紹介したいと思います!


①"コマリゴト"を無料で解決できる!



もう何かを依頼するためにお金を用意する必要はありません。

人生相談から、イラスト制作のようなお仕事の依頼まで

各分野のスキルを持ったユーザーがあなたにチカラを貸してくれます。


②特別な出逢いのきっかけになる...かも!


デキルコトを提供いただく方には、無料での提供をお願いしています。

その過程で、『誰かの役に立つ』嬉しさを思い出すかもしれません。

自分のスキルアップに繋がるかもしれません。

新たな仕事に繋がるかもしれません。

あなたが困った時、今度は誰かがあなたを助けてくれるかもしれません。

もちろん上に書いたようなことは1つも起こらないかもしれません。

ただ、『助け合い』だからこそ味わえる、特別な出逢いが待っているはずです。

 


③あなた自身をより多くの人へ発信できる!



まずはあなたのスキルや困りごとを、みんなに知ってもらわなければ始まりません。

ハタラクを使えば、『あなたの得意なこと』『困っていること』を面白いかたちで、より多くの人に向けて発信することができます。

あなたという存在を世の中に知ってもらうチャンスです。

 

④無料でサービスを利用できる!



ハタラクに利用料はかかりません。

ユーザー同士で「助け合う」このサービスに、利用料を設けて水を差したくなかったからです。

SNS認証でログインさえすれば、誰でもすぐに無料で使うことができます。

代わりに、ハタラクに共感してくださった有志の方々に「支援金」をいただき運営していきます。

「ビジョンに共感した」「いいユーザーに巡り会えた」「オモシロイ提案が見つかった」

そんなハタラクを応援したくなった時、少しだけご支援いただけましたら幸いです。


【↓ハタラクを見てみる↓】

https://hata-raku.work/

 

●ハタラクの原点になったお2人の言葉

 

ハタラクは、僕が感動したあるお2人の言葉をヒントに作りました。

"働くとは他を楽にさせる『他楽(はたらく)』ことだといいます。他を楽しませると自分に楽しい事が返ってくる。仕事の本質はそれです。"

"無料化できるところから無料化していって、『お金』なんて、そもそも存在しなかった時代や、地域で、おこなわれていた『恩で回す』ということをやってみます。"


上はタマゴボーロで有名な竹田製菓の創始者、竹田和平さんの言葉。

そして下は『えんとつ町のプペル』を無料公開された時の西野亮廣さんの言葉です。


「ハタラク」に最初のインスピレーションをくださったのが和平さん。

そこから、今のカタチになるきっかけをくださったのが西野さんでした。

 

 

お金を稼ぐことは悪いことではありません。

お金だって「自分に返ってくる楽しい事」の1つで、「恩」のカタチの1つです。

でも現代はお金が主流になりすぎて、順番を間違えたり、"お金以外の恩のカタチ"があることや"大きく回って返ってくる恩"があることを忘れてしまいがちです。

だから、それ専用の世界を作ってみました。

 

このサービスの中では、お金以外のカタチで『恩で回す』を体験し、『他楽』した先に楽しい事が返ってくる感覚を味わってもらえたらと思います。

 

●1度目の失敗とその後

 実はハタラクは、2016年の年末にクラウドファンディングに挑戦し、1度失敗しています。

ハタラクの開発費を集めるための挑戦でしたが、達成率30%でサクセスならず。

同時に公開した事前登録サイトでも、登録者数は100名ちょっとという残念な結果でした。

【その時作った事前予約サイト】
http://teaser.hata-raku.link/

 

失敗の一番の原因は、全て自分でやろうと抱え込んでしまったこと。

クラウドファンディングも広報も開発も、全部1人でこなさなきゃと必死でした。

苦しくて「誰かに頼れれば...」とも思いましたが、誰にどう頼っていいかも分かりませんでした。

 

あれから約1年。

気づけば、一緒にハタラクを作ってくれる共同開発者ができました。

困った時に思い切って頼れる友人もたくさんできました。

今回のクラウドファンディングでは、そんな頼もしい友人たちが、スペシャルサポーターとして協力してくれています。

これから、そんな自慢の友人たちと、彼らのすごいリターンをご紹介します\(^o^)/

 

●スペシャルサポーター&リターン紹介




 

これらスペシャルサポーターからの提供リターンに、ハタラクからのオリジナルリターンを加え、合計21種のリターンをご用意しました!

『ハタラク』そのものと合わせて、多彩なリターンも楽しんでいただけたら幸いです^^

 

●ご支援いただいた資金の使い道


50万円をゴールに設定し、いただいた支援金は以下の用途に利用させていただきます。

 

これまでハタラクは僕と共同開発者の自己資金で開発を進めてきました。

ですが、これからも安定的に改修・広報を続けていくには少々無理が生じてきました。

ハタラク単体で採算を取りながら運営できる状態になるには、もう少し時間が必要です。

その間の活動資金の一部として、上記の費用をご支援いただきたいです。

必ず、「あのとき支援してよかった!」と思っていただけるようなサービスに成長させていきます!


どうかご支援のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

●最後に

最後まで読んでくださりありがとうございました。

『ハタラク』いかがでしたか?

前回の反省を活かして、できるかぎり準備したつもりです!

1度目より1人でも多くの方に『面白そう!』と思っていただけたら幸いです。

 

そしてこの場をお借りして、もうお一方、お礼を。

1度目のクラファンに失敗し、開発がストップしていた時、協力を申し出てくれた共同開発者のクヌギさん。

【↓クヌギさんとの出会い&ハタラクの開発再開エピソードはこちら↓】

http://blog.hata-raku.link/2017/07/24/restart/


クヌギさんがいてくれなければ、ハタラクはきっと今も休止中のままでした。

たくさんのユーザーが使ってくれることも、大勢の友達が力を貸してくれることもありませんでした。

クヌギさんには感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

 

 

クヌギさん

尊敬するお2人の言葉

このプロジェクトに協力してくれたスペシャルサポーターのみんな

そして、ハタラクを使ってくださっているユーザーのみなさん

 

 

いろんな方の想いと協力に支えられてできたサービスが、『ハタラク』です。

 

これからもっと多くの方に使っていただけるよう、ブラッシュアップと広報活動を続けていきます。

 

その最初の一歩が、このクラウドファンディングです。

 

どうかご支援をよろしくお願いいたします!!

 

 

ありがとうございました。

 - ハタラク企画者 大滝 昇平 -

  • 活動報告

    【10日目】33万円達成!残り3分の1!!

    2017/10/12

    こんにちは!ハタラク企画者の大滝です。 まずは中間報告を! 10/1に公開したハタラクのプロジェクトですが、10日で 336,277円、目標額の2/3を達成 するこ…

  • 活動報告

    【1日目】最高のスタート!!

    2017/10/02

    こんにちは!ハタラク企画者の大滝です! ハタラクのプロジェクトページを見てくださってありがとうございますm(_ _)m 10/1の17時から開始したハタラクのク…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください