はじめに・ご挨拶

はじめまして。舞台や映画、テレビ番組などを制作してます株式会社オフィスインベーダーのなるせゆうせいと申します。早稲田大学で学生演劇を始めてから20年。「弱虫ペダル」「ハイスクール!奇面組」「炎炎ノ消防隊」「ギャグマンガ日和」など人気原作の舞台化に携わる一方で、介護界に一石を投じるヒューマンドラマ、「ヘルプマン!」や、「食育」をテーマにした一人の少年と一頭の牛の命の物語【明日、君を食べるよ」や、フェアトレードのことをわかりやすく知ってもらうためのコメディ、【フェアトレードボーイ」など、社会派と呼ばれる作品を世に出し、少しでも考えるきっかけを作ったりしています。今回の映画は、世界的パンデミックの影響でエンタメ含む全ての業界に届けたい映画です。高校生たちがこの国の未来のこと、自分たちのことを考え、少しでも自分たちでできることを見つけ出していく青春社会派物語です。


▼ 写真は、8月の映画撮影風景 「君たちはまだ長いトンネルの中」

プロジェクトをやろうと思った理由

コロナ禍で、政府により不要不急の外出は禁止。それによりエンタメ業界は漏れなく大打撃を受けました。そして同時にこの業界の「もろさ」も感じました。政治家の方により、不要不急と言われたジャンル、エンタメ。それがなくても生きようと思えば、生きていけるからだそうです。時を同じくして、仕事を立て続けに失った分、時間ができました。多ジャンルの本を読み漁り、その時に、今回の原作となる原作(監修・京都大学・藤井聡先生)にも出会いました。エンタメの世界で生きてるとなんとなく、世間から離れた存在になりがちでしたが、世界とエンタメは、きっても切り離せない。むしろエンタメによって、この国のことを少しでも考えるきっかけづくりができれば、そんな思いで、映像化に動き出しました。

公式サイト(キャストの情報あり)→ http://www.kimiton.com

⇒ 公式ツイッター(フォローお願い致します)


このプロジェクトで実現したいこと

今若い人たちのほとんどが政治に無関心だと思います。僕もそうでした。さらに言えば、自分なりのイデオロギーを持ってた人も、友達と政治について話したり、語ったりする人はほとんどいないと思います。今回、この映画を作ることで、少しでも政治について考えるきっかけになればと思います。どんなイデオロギーを抱くか、それは個人の自由なんで止めることはできませんが、ただこの国が、どうして20年以上もデフレを脱却できてないのか、その疑問についても考えてもらえるきっかけになればなと。


●資金の使い道

少しでも皆さんに見てもらえる機会を増やしたいため、全国規模で劇場公開を予定しております。とはいえ、全国にお届けするには宣伝の費用もそれなりにかかります。

チラシやポスターなどの宣伝物のデザイン、印刷代、郵送代、予告編編集費、DCP作成費、情報掲載料、WEB広告費、CM代、など宣伝をかければかけるだけ認知してもらえやすいですが、その分費用もかかります。

なので、今回クラウドファンディングで集まった費用はおもに宣伝費に使わせて頂けたらと思います。

目標金額達成後も、ストレッチゴールとして、さらなる応援が集まるならば、地上波の枠を買いとって、地上派でもCMとかしたり、上演館数のさらなる拡張につとめます


実施スケジュール

《2021年》

12月~ クラウドファンディングスタート

《2022年》

4月頃 完成披露試写会
5月〜6月頃 初日舞台挨拶・一般上映開始
~10月頃 リターンのお届け(コース、お品物によって異なります)
※予定は変更になる場合がございます

リターンについて

(A) 1,000円コース

・お礼のメッセージ(テキスト)

(B) 3,000円コース

・お礼のメッセージ(テキスト)
・場面写真3枚セット(パターンA~E)
・エンドクレジット掲載(希望者のみ)

(C) 5,000円コース

・お礼のメッセージ(手書き画像データ)
・撮影時のオフショット3枚セット(パターンA~E)
・KVクリアファイル(電子サインつき)
・エンドクレジット掲載(希望者のみ)

(D) 10,000円コース

・お礼メッセージ(手書き画像データ)
・撮影時のオフショット&場面写真を各1セットずつ(パターンA~E)
  ※オフショット、場面写真で別パターンは選べません
・KVクリアファイル(電子サイン付き)
・クラファン限定のメイキング動画(約40分予定)
・本編映像データ(ギガファイル便)
・先行オンライン上映会の参加券
・エンドクレジット掲載(希望者のみ)

(E) 30,000円コース(限定20名様)

・お礼のメッセージ(手書き画像データ)
・撮影時のオフショットおよび場面写真のコンプリートセット
・完成したDVD
・KVクリアファイル(電子サインつき)
・非売品オリジナルTシャツ
・クラファン限定メイキング動画(約40分予定)
・先行オンライン上映会の参加券
・エンドクレジット掲載(希望者のみ)

(F) 50,000円コース(限定20名様)

・お礼のメッセージ(手書き画像データ)
・撮影時のオフショット及び場面写真のコンプリートセット
・完成したDVD
・KVクリアファイル(電子サインつき)
・非売品オリジナル台本(監督の直筆サイン入り)
・クラファン限定メイキング映像(約40分予定)
・2022年春頃予定(東京某所)の上映初日挨拶のご招待
・全国のどこかで、この作品を自主上映できる許可証(希望者のみ・主催者向け)
・エンドクレジット掲載(希望者のみ)


《お礼メッセージ、電子サインキャスト》
高橋アサミ(加藤小夏)
アベ晋太郎(北川尚弥)
中谷勇気(定本楓馬)
武藤あつし(蒼木陣)
荒畑通(高橋健介)
二階堂すすむ(萩野崇)

《場面写真およびオフショットのパターン》
A:高橋アサミ(加藤小夏)
B:アベ晋太郎(北川尚弥)
C:中谷勇気(定本楓馬)
D:武藤あつし(蒼木陣)
E :荒畑通(高橋健介)
※基本的にソロカット2枚+グループカット1枚の予定
※3,000円、5,000円、10,000円コースの場合、ご希望のパターンを備考欄にご記入ください。
(ご記入がなかった場合、後日メールにてお伺いさせていただきます)

※エンドクレジットへ記載をご希望の場合、備考欄にご希望のお名前をご入力ください
(特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事がございます。予めご了承ください。)
※新型コロナウイルス感染症に関連する昨今の情勢や政府の発表等によって、別の形でのリターン実施の場合もあります。また、50,000円コースの上映初日挨拶への交通費等は各自でご負担をお願い致します。

【最後に】

エンタメの力を知らない人にとっては、エンタメは不要不急のカテゴリーなのかもしれません。だけど映画に限らず、音楽や映画や舞台や漫画やゲームや小説やアニメなどが、人生を変えるきっかけになったり、生きがいだったり、生きるヒントだったりすることは必ずあると信じてます。今回、この作品は、コロナ禍の下だったからこそ生まれた作品です。この作品を見たことで、何かきっけけになればと思います。それを広める力を貸してください。



※本プロジェクトは特定の政党と協力関係にあるものではなく、
 また議員活動として主催、関与しているものではありません。
 

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください