はじめに・ご挨拶

Stella鉱物館の店主こと柴山と申します。幼い頃から石が好きでコレクションを始めました。原石から入りましたが、今はキラキラなジュエリーも身につけたいです。

世界の貧困をどうにかしたいと思いながら、自分も裕福なわけではなくて、自分には何もできないと思っていました。しかしSNSで石が好きな人たちとの交流や思い切って始めた寄付活動を経て、もしや石の力を借りたら実現可能なのでは⁉︎と思い立ち、今に至ります。


このプロジェクトで実現したいこと

今回のプロジェクトは、活動のベースとなる企業を作ることです。

まずはオリジナルジュエリー&小物ブランド「Stella&uni.」を販売する企業を立ち上げます。「uni.」はuniverse(宇宙)やunisexの「単一」を表す接頭語。星(Stella)と宇宙、性差ない隔てのない一つの世界を意味しています。

このブランドと企業を立ち上げることでやりたいことは大きく分けて以下2つ。

【プロジェクトearth】

 ①キラキラの石の世界を楽しむ(性別関係なく宝石を身に着けられるブランド作り)

 ②利益の一部で世界の貧困問題に着手(寄付に加え、雇用と人材育成)

原石を磨いて秘められていた輝きを生み出すように、世界中をキラキラな輝きで満たせたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

1、なぜ性別関係なく楽しめるブランドか

ジュエリー、宝石といえば女性。それはジェンダーレスを目指す現代においては古い考えです。しかし現状、ジュエリーは女性をターゲットにしたデザインが中心となっています。

私がStella鉱物館を運営するなかで、Twitterを通して男性でも宝石を身に着けて楽しみたいと思う方が多いことに気が付きました。それは実際にTwitter上での会話を通して実感したことで、「ジュエリーは女性向けのデザインばかり。男性用はあってもブラックオニキスやカラーレスな石ばかりで、男性でもカラーストーンをもっとたのしみたい」とのお声をいただきました。

試しにTwitterのアンケート機能で男性を対象に調査したところ「男も宝石アクセサリーを楽しみたい:53%」、「小物なら楽しみたい:21%」「アクセサリーも小物も楽しみたい:18%」「ルースで充分!:8%」という結果になり、92%もの宝石好きの男性が自分も宝石を身に着けたいと思っていたのです!

鉱物やルースの男性コレクターは実際非常に多く、その石好きの世界は男女分け隔てないです。その世界で男性だけが好きな石を身に着けられないのはとても悲しいです。

私は上記のアンケート結果や石好きの方々との交流から、男性層にジュエリーや宝石小物の購買欲のポテンシャルを大きく感じています。

男女分け隔てなく人を魅了する地球の贈り物である石。それを誰もが身に着けられる世の中にするのがStella鉱物店の店主である私の願いでもあるのです。

ゆくゆくは性別以外にも、年齢・職業など様々な壁を乗り越えて多くの方々が宝石を楽しめるジュエリー&小物づくりへと手を広げていくつもりです。


2、なぜ世界の貧困問題に立ち向かうのか

「人のためになることをやりたい」すごく抽象的ですが、今まで私を突き動かしてきた強い思いがあります。

子供の頃、大人に笑われたこの夢を胸に、私は今でも医学薬学の世界で仕事をしています。しかし自分の体質のせいで、思うように働けない日々が続きました。持病により普通の働き方が難しいのです。すぐに仕事ができなくなって、家族を不安にさせてしまう。私もまた貧困と隣り合わせの生活をしていました。

そんな時、副業として始めたのがStella鉱物館でした。大好きな石を仕入れて、webセレクトショップを開こう。万が一定職がなくなっても、副業があればきっと大丈夫!そんな第一歩は、まるで藁にもすがるような思いでした。

開店をきっかけにSNSで多くの石好きの方々と交流し、自分と同じ石好きがこんなにいるのかと驚きいたと同時に、その世界の優しさに気付かされました。石好きの世界は、皆純粋に石を楽しみ石を愛でていたのです。単純で純粋なその世界は、とてもキラキラと輝いていました。

好きなものを楽しむ。みんなと一緒に楽しむ。それがこの世界を平和にしている。世界中の人々が石を売り買いし、楽しみ、褒め合う。私は石好きの世界に魅了されました。

そしてこんなに純粋で大きな「石が好き」というパワーがあれば、世界も変えられるのではないかと思い立ったのです。石の力があれば、私でもきっと誰かを、多くの人を助けられるのではないかと思えたのです。


これまでの活動

2020年9月にStella鉱物館をBASEにオープン。twitterを活動の拠点とし、原石を中心とする鉱物のwebセレクトショップを運営。

英語を使いながらスペイン、パキスタン、インド、アメリカ、フランスなどの鉱物関連業者とやり取りし、仕入れをしつつ交流を深める。

店の運営費は可能な限りユニセフのクレジットカードを利用。また、その他の寄付活動も開始。

石の世界を通して得られた資金、人脈、知識、そして社会貢献をさらに拡大していくべく、起業を目指しています。


資金の使い道

まずは必要な備品の購入です。各地飛び回りつつ仕事がこなせるように、スペックの良いノートPCを購入します。

そして同時にアクセサリーのOEM会社選び。目星はつけているので、具体的なデザイン案を提示して製品化に向けて動きます。資金の大部分はここに費やすことになると思います。

経理や法務関係もスムーズに行うべく専門家に依頼したいので、その費用にも充てます。

イベントも開催して石好きな人たちが交流できる工夫もしていく予定です。


リターンについて

①Stella鉱物館のミニ鉱物写真集:店主やスタッフが撮りためた鉱物写真を製本し、送ります。 

②みんなで作る鉱物写真集:ご提出いただいた鉱物写真で、みんなで一つのフォトブックを作ります。

③店主を交えた石好きオンライン交流会招待状:石好きの方々に交流の場を提供します。

④石の福袋(小):店主が厳選した石の福袋です。必ずルース1点、原石1点が入るようにいたします。 

⑤石の福袋(中):店主が厳選した石の福袋です。必ずルース1点、原石1点が入るようにいたします。 

⑥石の福袋(大):店主が厳選した石の福袋です。必ずルース1点、原石1点が入るようにいたします。

⑦設立記念ジュエリー贈呈:起業を記念した限定デザイン(or限定モデル)をお送りします。詳細や製品開発の進捗は随時発表していくつもりです。男女ともに使える製品にします。


実施スケジュール

2021年2月に本クラウドファンディングプロジェクトをスタートし、4月中に終了。その時点で資金調達が達成できていれば、5月中に起業。製品を作成しつつ、リターンの方にも取り掛かります。進捗はSNSで随時報告の予定です。

資金調達が目標金額に達成していなくても、その金額に見合ったペースや規模で活動を進めていきたいと思います。


最後に

キラキラな宝石で世界にも輝きを。男女分け隔てなく石の世界を楽しみながら、世界もキラキラで満たしちゃいましょう!

石を売る人にも、買う人にも、掘る人にも、磨く人にも、加工する人にも。そして宝石に手の届かないはずの人たちに手に、その輝きが届くように。是非お力を貸してください!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください